Bitcoin(ビットコイン/BTC) 仮想通貨

【分裂騒動】ビットコインのXデー(8月1日)、迫ります!【3分裂?】

更新日:

ここ1年で
驚くべき急成長を遂げた仮想通貨、ビットコイン。

時価総額を急成長させる一方で、
分散型記帳システム=ブロックチェーンならではの問題も抱えます。

 

それは
ブロックチェーンの渋滞です。

 

 

 

今回は

ビットコイン所持者だけでなく、
仮想通貨全体にも影響を及ぼすともいわれる

8月1日のビットコイン分裂問題(UASF BIP148)について調べてみました。

 

 

 

ビットコイン価格が頭打ちに?

それまで破竹の勢いで高値更新を続けていたビットコインですが、
6月27日現在、
単価32万円で価格を頭打ちにしている状態です。

 

 

少しずつ上がってガクン。

 

 

また少しずつ上がってガクン。

 

 

「え、なんで?

 

 

これまでに見たことのない値動きに
不安を感じたユーザーも少なくないはず。

 

 

これは一説に、
8月1日、ビットコインが
大きなアップデートを控えていることに起因するようです。

しかし
なぜアップデードごときで
このような混乱が起こるのでしょう?

 

 

 

 

迫る、トランザクションのスケーラビリティ問題

ビットコインの取引を認証・承認・記録する
ブロックチェーン(分散型記帳システム)ですが、

ここ最近、急速に利用ユーザーが増えた結果、
このブロックチェーンの処理が
追いつかない事態になりつつあります。

 

 

例えば、

 

「ビットコイン送金したがコインが返ってきた」

 

「アドレスは間違いないのにいつまでもビットコインが着金しない」

 

など。
こういった取引上での遅延や
エラーといった未確認取引量が増えた結果、

ビットコインユーザーは
ビットコインのアップデートを決定することになったのです。

 

 

 

ソフトフォーク(やさしい分岐)とハードフォーク(強い分岐)

ブロックチェーンのアップデートには
大きく分けて2種類の方法があります。

 

 

 

ソフトフォーク

認証・承認・記録、
このようなブロックチェーンへ記帳するデータを
縮小、効率化する方法です。

 

 

ノートやインクを節約したり、
記述時間を短くしたり
意味を分かりやすくするために

漢字や数字を使ったり、
文法を伝わりやすく改良するのに似てますね。

 

 

私たちのPCやスマホも
このように自然とアップデートされています。

 

 

 

ハードフォーク

こちらはブロックチェーンの仕組みを
丸ごと変えてしまうアップデート方式です。

スマホを
新OSに対応したモデルに
機種変更するような感じでしょうか。

 

 

コンセプトだけはそのままに
すべてのものを最適なものにガラっと替えてしまうため、

この場合、
それまでのブロックチェーンのデータが使えなくなる、
という事態が発生してしまいます。

 

 

これに対しては、
従来のデータを引き継いだ
ブロックチェーンを残すのが一般的のようです。
(※イーサリアム・クラシックが有名ですね)

 

 

 

ゴネ得っ・・・!

さて、
送金遅延やエラーを修正するために
ビットコインのアップデートを行うわけですが、

ビットコインには中央機関が存在しないため
上記2種類のどちらのアップデートを採用するかで
ユーザー同士が揉めている状態にあります。

 

 

それまではソフトフォーク案でユーザー合意のはずだったのですが(私もソフトフォークで既に決定していたと思ってました)、
利権を貪ろうとする中国の大手マイナー(ブロックチェーン管理者)が、
ハードフォーク案を声高々に主張し始めます

 

マイニング機材とまとまった資本があるので、
めちゃくちゃ儲かるんですよね

※ちなみに6月15日に起きた通貨急落は、この中国人の騒動によるものとされているそうです

下は参考にさせていただいたブログです。

参考リンク:貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ

ピンチと捉えるか、チャンスと捉えるか

このままなら
ビットコインがハードフォークで3つに分かれる線が濃厚となっています。

しかしながら、
ビットコインの価格はやや下げながらも安定している状態です。

 

これは8/1問題を知覚してないユーザーによる買い支えが原因とされ、
何らかの要因でこれ広まれば、エラいことになるのは想像しやすいですね。

↓コチラにも書かれていますが、お手持ちのコインはそろそろアレしておいたほうが良さそうです。

ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!!

 

 

しかし

 

 

しかしながら、

 

 

一見迷惑な話のようにも思えますが、
この混乱というのは見方を変えればチャンスでもあります。

 

 

そういう意味で、今回の8/1問題、
注意深く観察する必要がありますね!

 

 

 

 

8/1の転び方によっては新規の絶好の開始タイミングとなります。
逆に、それまでの売り買いは、
少なくとも私はオススメしません。
(※食い物にされる可能性、です)

 

仮想通貨に興味を持ちながらも
まだ、アカウント口座を作成されてない方であれば、

早めに登録されて本人確認(早くても1週間ほどかかります)まで終わらせ
準備しておくと良いですよ!

 

ちなみにオススメの取引所は
画面操作がとてもカンタンなcoincheck(コインチェック)です。

 

coincheckは取扱い銘柄の種類が多く
それぞれ実績(時価総額)の高いコインばかりなので、

チャートを注意深く眺めたり
各コインの特徴をざっと掴んでみてください。

【みんなの評判】Liskの評判(LSK/リスク)【仮想通貨】

【やさしい解説】イーサリアムの購入方法・買い方を、初心者向けにわかりやすく解説します。

主婦の為の、やさしい口座開設の手順

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-Bitcoin(ビットコイン/BTC), 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.