Bitcoin(ビットコイン/BTC) coincheck(コインチェック) 仮想通貨

【売り方】coincheck(コインチェック)でのビットコインの売り方・売却方法

更新日:

コインチェックでの、ビットコインの売り方について、解説します。

売却?ホールド?

基本的には
右肩上がりといわれる仮想通貨

その中でもビットコインは圧倒的な時価総額を誇り
10万→20万→30万円とその単価を押し上げてきました。

 

 

が、
常に上昇の道を歩んできたわけではありません。

 

 

何度かの急落をご存知の方も多いように
ビットコインには思わず売りたくなるような局面がたびたび訪れます。

 

 

 

 

 

そんなとき
ホールドが大正義だとよく言われますが、
いつまた急落が訪れるやもしれないし

一旦価格が落ちてしまえば、
ストレスと同時にコインを抱えなければいけません

 

 

時にはコインを売却して
財産を保護する対策も必要です。

 

 

そうでなくとも、
最終的には日本円に換えなければいけないのです

 

 

今回は
そんな手仕舞いしたくなったときのマニュアル、
coincheckでビットコインを売る方法を考察してみます!

 

 

 

 

 

スプレッドを勘定に入れましょう

コインを売りたくなる局面というのは
往々にして相場が荒れている場面が多いのではないでしょうか。

 

 

 

そんなところにワナは潜んでいます!

 

 

 

購入者や
もしくは売却者

どちらか一方が少ないときのコイン売却時は、
売りと買いの差額=スプレッド(手数料)を高く払わなければならない点に注意してください。

例えば↑上はビットコインの販売価格です。

 

 

コチラ↑は同時刻のコインチェックウォレット画面における、
ビットコインの売却価格です。

およそ0.5%のスプレッドが徴収されています。

 

 

こちら↑は同時刻のスプレッド込み購入価格です。

荒れてない相場ですら
1BTCを買って売るだけで3000円が消えてしまいます

 

銘柄がビットコインということもあり、
これくらいのスプレッドで済みますが、

 

荒れ相場でアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を売却するときは
ときに消費税ぶんくらいの金額を徴収されてたりもするので、

 

売却のタイミングをいかに見計らうか、
なんとなく大事なことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

資産の保護に

一度ビットコインを売れば残された道は引退・・・というわけではありません。

ときに手仕舞いというのは
資産を価格の安定した日本円に逃がすという重要な選択だったりします。

上はビットコインのコインチェックチャートです。
こうやって見ると景気がいいですね・・・

といいつつ事故地点に番号なんか振ったり。

 

 

1)は正月の暴落ですね。
単価140000円だったビットコインが90000円まで急落しました。
同水準まで価格を戻すのに2ヶ月もの期間を要してます。

 

 

2)は通称スッキリ!!ショックです。
340000円だったビットコインが2日間で230000円付近まで暴落しました。

 

3)はビットコインの8/1フォークにおける
中国人大手マイナーの鶴の一声(ウワサですが)です。
スッキリ!!ショックほどの衝撃はなく、このときユーザーは落ち着いていましたが
これにより8/1におけるビットコインのハードフォークが濃厚となります。

 

 

これらは
早めに売却して底値で買えば利益の生まれるチャンスでしたが
分かるはずもありませんよね。

予兆があった時点でコインを半分だけ円に替え
底値で買うくらいならなんとなく出来そうな気がしてきます。

 

 

 

 

ビットコインの8/1問題

上記の急落なんて突然訪れるようなもので、
とても感知するのは難しいのですが、

 

今回、
分かっていることがひとつだけあります。

 

それは
ビットコインの8/1問題と呼ばれるものです。
上記3番の本丸といったところですね。

【分裂騒動】ビットコインのXデー(8月1日)、迫ります!【3分裂?】

ホールドを続けるのか
日本円に避難して安値で買いなおすか
上記の急落のような予兆をハッキリと見て取れる今がチャンスでしょう。

 

 

明らかに買い控えが起きている状態です。

 

 

世の中に絶対というものはありませんが、
例えばビットコイン8/1問題のようなものが控えているときは

コインを売却する、
という英断も
必要になってくるのかもしれません。

 

 

 

今回はcoincheckでのビットコイン売却を考察してみましたが
coincheckでは
日本円以外にも

ビットコインをイーサリアムに逃したり、
アルトコインに分散させる手法をとることもできます。

 

 

 

コインチェックのチャットで誰かが声を発しました。
「ビットコイン8/1夏の陣」だと。

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-Bitcoin(ビットコイン/BTC), coincheck(コインチェック), 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.