その他アルトコイン

【買い方】Litecoin(ライトコイン/LTC)の購入方法を解説します

マネオラがスタートしてはや一年。ビットコインの後追いとして当時は見向きもされていなかったライトコインでしたが、2018年2月現在ではアルトコインの人気が高まるなかで着実にアップデートを行い、ビットコインに優れる点も認められた、仮想通貨の中でも上位の銘柄として認知されるようになりました。今回はそんなビットコインには無い魅力を秘めたアルトコインであるライトコインの買い方を、いくつかご紹介しようと思います。

Litecoin(ライトコイン)についてざっくりとおさらい

概要

ライトコイン(Litecoin/LTC)は
ビットコインが金の価値を目指すなら
こちらは銀の価値を目指す、というコンセプトで開発されたアルトコインです。

 

ライトコインはビットコインに先駆けて
ライトニングネットワークという機能を実装しており

  • 小額決済が可能
  • 手数料が割安
  • 送金スピードが速い

といったビットコインには無い強みを持ちます。

 

 

また2018年の2月頭にはLitePayという決済機能が実装され
ビットコインに負けじと決済の強みを打ち出してきており
老舗の人気アルトコインの一角として、根強い人気を持っています。

 

ベース通貨にMONAを使用

2ちゃんねる発祥の仮想通貨として日本で人気のモナコイン(MONA)は
実はライトコインがベースだったりします。

いずれも緩やかなボラティリティ(変動率)を持つ特性として
仮想通貨ホルダーから支持されている通貨ですね。

長期ホールドだけでなくもちろん国内でライトコインの短期取引は可能なのですが
スプレッドが大きなのがたまに傷だったりします。

 

ライトコイン(Litecoin)の購入方法

国内でも人気のライトコインは、いくつかの国内取引所で購入することができますが、少し高くついてしまうのが欠点です。

一度購入してウォレットで中長期ホールドするのならまだ良いのですが
取引を繰り返してスプレッドで資産を削られないように短期運用を考えられている方はご注意ください。

短期運用であれば海外取引所での利用も視野に入れておいたほうが良いかもしれません。

国内取引所での購入

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコインを中心に
国内の仮想通貨取引を引っ張ってきた取引所がbitFlyerです。

2017年のGWごろまではビットコインの24時間取引高で国内一位、
以降もポジション(建て玉)も含めたビットコイン24時間取引高では首位を守っています。

(※ポジションを含めなければcoincheckが日本一)

 

元々はビットコイン一本の取引所でしたが
2017年の春頃からアルトコインの需要に応えるカタチで
現在ではイーサリアムをはじめ、いくつかのアルトコインも取り扱います。

 

 

少し残念なことに
ライトコインは取引所で買い付けることができず
ライトコインを入手するためにはアルトコイン販売所でbitFlyer社から購入を行うカタチになります。

このため少々割高に感じることもあるかもしれませんが、
2018年1月でコインチェックが利用できない状況では
もっとも手軽に、ライトコインを購入できる取引所といっても良さそうです。

 

ライトコインのご購入は
bitFlyerのアカウントを作成、本人確認書類を提出&日本円の入金を行った後に
左メニューのアルトコイン販売所メニューからライトコインタブを選択することで
数量を入力して購入できます。

 

 

bitFlyerの具体的なアカウント作成方法につきましては
↓コチラの記事を参考にされてみてください。

【完全版】bitFlyer(ビットフライヤー)とは。概要から売買、使い方や評判まで網羅してガイドします

 

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)
ビットコインやアルトコインのトレード=取引機能に重点が置かれた取引所です。

bitFlyerやZaifには存在しないリップル(XRP)とのJPYペアを持ち、
Zaifで人気のモナコイン(MONA/JPY,BTC)も取り扱うほか
ユーザーとのライトコイン取引が可能な点が強みでしょう。

 

ただし、現在ライトコインの通貨ペアはビットコイン(BTC)のみのため、
日本円での直接買い付けはできません。

JPYからBTCを買い付け
そのBTCでLTCを買い付けるという手順が必要であり
面倒くさいぶん、bitFlyerに比べて価格の安さで優位になります。

 

 

bitbank.ccのアカウント開設後に、
本人確認書類の提出&日本円の入金を済ませたのち
上部の通過ペアメニューから『BTC/JPY』を選択して、右側の買い付けメニューから注文を行います。

  • 指定した価格で購入したいのであれば指値注文
  • 手っ取り早く現在価格で購入したいのであれば成行注文

と使い分けましょう。

状況によっては少し高い価格から引っ張ってくることもありますが、
手軽な方法としては成行の予想欄に
入金したお手持ちの日本円から購入したい金額を入力するのが良さそうです。

予想入手数量が自動で計算されるので、
そのまま注文を行えばOK。

 

同じ要領で、
今度は入手したBTCでライトコイン(LTC)を購入します。

ライトコイン/ビットコインペアの市場は
上部の通貨ペアメニューからLTC/BTCを選択します。

先ほどと同じく
お好みの方法で注文を行ってください。

  • ライトコインの価格が下がってきそうだから下の価格で注文を出しておく
  • 今すぐ欲しいから成行で注文する

と状況によって使い分けてくださいね。

 

 

bitbank.ccのアカウント開設方法につきましては
↓コチラの記事を参考にされてみてください。

【解説】ビットバンクの登録・口座開設手順をやさしく解説します(bitbank/取引所)

 

coincheck(※現在販売所停止中)

ビットコインの24時間取引高で日本一だった取引所です。

国内のアルトコイン販売所といえばココ、とまで呼ばれたコインチェックでしたが、
2018年の1月に、コインチェック側の不備によって利用者のNEMが不正送金されるという
いわゆるコインチェック事件が発生しました。

これによってコインチェックでは
2018年2月現在も取引/販売機能が停止されており、

  • ビットコインのみ取引可能
  • 日本円の入金は可能、しかし日本円も含めたすべての出金が不可

という危険な状態が続いています。

出金再開のめどは立っておりませんので
再開&安定化まで、ご利用は控えたほうが良いでしょう。

 

海外取引所

Binance

2018年1月時点で
世界でもっとも仮想通貨の取引量(24時間取引高)が多いのが
中国、上海のBinance(バイナンス)取引所です。

世界一の流通量だけあって
国内の取引所や販売所とはハナシにならないくらいに手数料が安いのが特徴。

 

国内のLTCスプレッド(価格乖離)は
bitFlyerやDMM Bitcoinでもかなり大きいのですが

 

Binanceのスプレッドは非常に良好で
一定量を購入する場合なら圧倒的に安くなります。

 

ただしBinanceでは日本円の入金が行えないため
まずは国内の取引所からBinanceへライトコインと通貨ペアを持つ
ビットコイン(BTC)を送金する必要があります。

現在BTCの送金手数料がかなり高いため
国内取引所で購入する場合とBinanceで購入する場合のご自身の運用額を比べてみるのは必須です。

(※小額購入ほど、国内取引所のほうがオトクになります)

 

また、国内の取引所とは異なり
Binance取引所では取引所の開設&利用に際して
本人確認を行わなくても利用が可能だったりします。

国内でビットコインを購入するため、国内取引所での本人確認は避けられないのですが
Binance自体はメールアドレスとパスワードを設定するだけで利用可能です。

(※ただし本人確認を行わなければ1日あたり2BTC相当までの出金制限があります)

 

Binanceほアカウント作成方法やBTC入金方法につきましては
↓コチラの記事を参考にされてみてください。

【登録ガイド】Binance(バイナンス)のアカウント登録、口座開設方法を調べてきました。ハードフォーク分裂コインの救世主となるか

※2018年1月時点では混雑状況にあり、新規の登録が一時ストップしているみたいです・・・

 

購入したライトコインはウォレットでの保管をお忘れなく!

購入したライトコインをそのまま取引所の置いておくのは危険です。

ハッカーに直接ライトコインが盗まれる危険性もあるのですが、
コインチェック事件のように、別の通貨が盗まれるにしろ、その取引所が全通貨の出金を停止する可能性も大いに考えられますので、
運用を行わない、ホールドするぶんについてはパーソナルウォレットへ忘れず保管しておきましょう。

ライトコインの専用ウォレットは

  • WebウォレットならElectrum-LTC
  • モバイルウォレットならJaxx
  • ハードウェアウォレットならLedger Nano S

とご利用の環境に合わせてチョイスされてくださいね!

 

 

マネオラではLedger Nano Sを利用予定です。

↓コチラにレポートがありますのでハードウェアウォレットに興味がある方はどうぞ!

定番ハードウェアウォレット『Ledger Nano S』について調べてみた

 

まとめ

ビットコインが仮想通貨を引っ張ってきた通貨なら
ライトコインはアルトコインを引っ張ってきた通貨とも言えるのかもしれません。

 

 

価格の安さで選ぶならbitbank.ccあたりをオススメします。

 

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です