※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

その他アルトコイン

【取引所】FunFair(FUN)が買える、おすすめ取引所まとめ

更新日:

ブックメーカーのブロックチェーンプラットフォームではコインチェックでも取り扱われるAugur(REP)が有名ですが、こちらはオンラインカジノをブロックチェーンと融合させたシロモノです。今回はそんなFunFair(FUN)が購入できる取引所をご紹介してみようと思います。

FunFair(FUN)についてざっくりとおさらい

FunFairプラットフォームの概要

FunFair(通貨コード:FUN)は
イーサリアムをベースとしたオンラインカジノプラットフォームです。

ブロックチェーンやスマートコントラクトでゲームや決済を制御することで
余計なコストを押さえた公正かつ公平なオンラインカジノ環境が実現するとのこと。

 

ちなみに公営ギャンブルや宝くじ、パチンコパチスロを除いて
日本でのギャンブルは基本的に違法となるようですが、
エ○パイア777のように海外で運用されるオンラインカジノについてはどうやらグレーなようですね!

とはいえ、
例えばオンラインバカラを覗いてみると、

  • 基本的にプレイヤー対バンカーの勝負
  • 引き分け確率は約9.5%で引き分けBETのみ8倍返し(マイナス期待値)
  • 引き分けを除いたプレイヤーの勝率は49%で2倍返し(マイナス期待値)
  • 引き分けを除いたバンカーの勝率は51%で1.95倍返し(マイナス期待値)

といった、
いずれにしても期待値がマイナスのゲームばかり並びます。

中にはマーチンゲールでうまく事を運ぶ幸運な方もいらっしゃるようですが、

ライブビデオのディーラーをよく見ていると、
マニキュアの色が一瞬で変わったり(気のせい・・・?)

マイナス期待値の仕様とともに、
なんだか納得いかない勝負をさせられているような気持ちもどこか湧いてきそうなところです。

 

 

FunFairのように胴元を排除し、
参加者保護を目指したプラットフォームとして
ブックメーカー(未来予想市場)のブロックチェーンプラットフォームであるAugur(REP)が有名ですね。

基本的な方針として
両プラットフォームともに公正公平をかかげる点は変わりありません。

 

トークンFUNについて

イーサリアムをベースとしたFunFairのトークンFUNは
2017年の6月から市場に流通しています。

発行量は17,173,696,075FUNとなっていますが
現在市場に流通しているのは3,839,463,000FUNほどとのことです。

このFUNはゲームシステムでの乱数生成やAIの動作など
プラットフォームの機能によって支払われ
使用されたFUNはBurnされる仕組みとなっています。

 

2017年末から価格を高騰させ
年明けでもそれなりの取引が行われているようです。

2017年の秋ごろには一旦収束したかと思われた草コインブームですが、
一部のコインやトークンはまだまだ草コインらしい動きを見せてくれますね。

海外の草コイン取扱い取引所では
駆け込みの多さから現在新規ユーザー登録を一時的にストップしているところもあり、
草コインの根強い人気を実感するところであります。

 

FUNが購入できる取引所

FUNは比較的人気がある通貨のためか、
国内取引所でこそ取り扱いはありませんが
いくつかの有名な海外取引所で活発に取引が行われています。

Binance

2018年1月時点では世界最大級の仮想通貨取引高を誇る
中国の取引所Binance(バイナンス)でFUNを入手可能です。

日本語対応かつ本人確認書類を提出することなく利用できるため(※ただし1日あたりの出金制限アリ)、
気軽に扱える点がうれしいところ。

通貨ペアにBTC、ETHがあります。

 

Bittrex

アルトコインや草コイン取引で人気の
BittrexでもFUNを取り扱います。

現在、新規登録者は本人確認書類を提出する必要があるために少々利用しづらい面はありますが、
様々なICOトークン(草コインの卵)が公開を目指す大きな市場なので、
英語での手続きに自信のある方はアカウントを開設しておくのも悪くありません。

Bittrexの手数料の安さは魅力的ですが、
扱いやすさならBinanceに分がありますね。

 

まとめ

FUNを取り扱う取引所としては他にもBitfinexやHitBTC等もありましたが、
上記の2取引所だけでFUN総取引量の80%を占めるため、

まず取引高の多さを前提に
価格で選ぶか、扱いやすさで選ぶかという点で以上を選ばせていただきました。

 

お好みの通貨や
お手持ちのトークンと相談して選んでみてくださいね!

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-その他アルトコイン

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.