※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

VALU

【VALU銘柄探訪】ホリエモン・堀江貴文氏のVALU関連情報をまとめます

更新日:

個人で模擬株式VA)を発行することができるVALU。その中にはみなさんも名前を聞いたことがあるような有名な方の名前を確認することもできます。今回は堀江貴文さんについて見てみようと思います。

ホリエモンこと堀江貴文氏

そもそも堀江貴文氏とは?

堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 - )は、日本の実業家、著作家、投資家[1]、タレント。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。 日本ゴルフ改革会議委員[2]、インターステラテクノロジズ創業者兼従業員[3]、Jリーグアドバイザー、大阪府の特別顧問(国際博覧会(万博)担当)[4][5][6]。
元ライブドア代表取締役社長CEO、現在、SNS media & consulting株式会社 ファウンダー。

引用元:ウィキペディア

『いろんなものに手を出している』『良くも悪くもネット界隈で話題』『(西村)ひろゆき氏と仲良し』
という印象の強い堀江氏ですが、

 

そもそも彼がメディア出現するようになったきっかけは
近鉄バッファローズを買収しようとしたところからだと言われております(2004年)。

 

買収を拒否された後は東北に新しい球団を作ろうとしましたが、
現・楽天ゴールデンイーグルズのオーナー・楽天と競合して敗れたニュースは
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

当時からチャレンジングな氏ですが、その後は

天皇制を否定するかのようなチャレンジングすぎる発言が物議を醸しだしたり、

選挙に出馬して亀井静香氏に敗れたり、

自らが経営していたライブドアでの偽計取引によって起訴され有罪が確定(2006年)し、

刑務所で服役するなど、それなりの痛手を負った経験もあります。

 

インターネットの黎明期から、

東大を中退してウェブサイト製作・管理会社を立ち上げた精神は現在も引き継がれており、

仮想通貨やVALUに先見の明を見出したり

ロケット打ち上げを行うなど、

自己投資の鏡ともとれる氏の行動に賛同するファンも多く、

これからも話題の尽きない人物として注目を集めるひとりではないでしょうか。

 

堀江氏のVALUを見てみましょう(2017年7月)

(※画像は2017/7/31時点のものです)

 

5月末のVALUサービス開始直後、

先のような経歴を持つ堀江氏のVALU参入(もともと開発投資はしていたようですが)を知るや

文字通り注目株となり、

あっという間に時価総額ランキングで1位となりました。

 

(※現在VALUランキングは廃止されてますが、外部サイト等で確認が可能です)

 

https://maneora.jp/valu-ranking/

 

VALU参入者が急増した7月以降は首位の座を譲りましたが

それでも一定の購入者を集め続けて上位をキープしています。

 

 

投資家として実際に様々な活動をされている

いわゆる流動性のある方なので、

氏のイベントと関連してVAの価格もしきりに変動しているのが面白い点です。

 

↑画像右側を見てみると、

どういうわけか

7/29に20%ほどVA価格が下落しています。

 


7/30は北海道のベンチャー企業による民間宇宙ロケットの打ち上げが行われ、

目標の宇宙空間(上空100km)に届かず失敗した日だったのです。

 

このロケットはホリエモンロケット(MOMO)として知られています。

 

創業者であり最大出資者である氏に関与してか、

自ら売り出されたのは不明ですが

打ち上げ前日にVAが売られたことが確認できますね。

実はこのホリエモンロケット、

今回初の試みではなく過去(2013年)にも打ち上げを失敗しており、

それを予測してVAが売られたのではないかとも読み取れます。

 

堀江氏は『良いデータが採れた』とポジティブ。

大きな経験として得るものは大きかったのではないでしょうか?

まとめ

わかりやすく

そして革新的に、

自己投資を惜しまず

さまざまなことにチャレンジされる堀江氏。

 

そのVAを購入するのは、

まさに「次は何をしてくれるんだ」という

VALUの本来のコンセプトに適ったものだとしみじみ感じます。

 

堀江氏がとどまらない限り

この先、VAも元気に浮き沈みしてくれることでしょう。

 

【解説】VALUのアカウント開設・新規登録方法について見てみましょう

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-VALU

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.