※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

Bitcoin(ビットコイン/BTC) VALU

【仮想通貨】VALUはビットコインでしか取引できない?その関係性を調べてみました

更新日:

VALUは日本で立ち上げられたサービスですが、なぜか日本円での入金に対応していません。利用者にとっては不便に捉えられそうですが、なぜこのような体系がとられたのか、調べて自分なりに予想してみました。間違えてたら無学だと笑って許してください。

VALUシステムとビットコインとVALU代表について少しだけおさらい

VALUではなぜビットコインを利用するのか?

理由を妄想するには
それぞれの成り立ちを確認してみる必要がありそうです。

VALUとは?

VALUとは個人がトークン(VA)を発行し、それを他者に買ってもらうことで、
やりたいことを実現するための資金を調達することが可能なサービスです。

 

VAは他者との取引が可能であり
その価値を変動させるため

 

資金の提供側であるVA購入者も
VA発行者の評価の変化によって利益を得る(不利益もあり)ことが可能な
マイクロトレードサービスと呼ばれる新しい仕組みを取り入れています。

 

 

ビットコインとは?

日本銀行のような管理体の存在しないビットコインは、
ブロックチェーンと呼ばれるデジタル分散型記帳システムを確立することで
ビットコイン利用者の間で取引を監視し、
通貨としての価値を保障する暗号通貨の代表です。

 

送金手数料が安く、送金時間もわずかであり、
通貨の新しいカタチとして急速に普及を始めています。

 

ビットコインのようなシステムを採用した仮想通貨は他にもたくさんあるのですが、
その中でもビットコインは基軸通貨とされており、
ビットコインでそれらの仮想通貨や日本円の購入が可能です(※取引所によります)。

 

 

VALU代表の小川晃平氏について

VALUの開発者である小川氏は
モバイルゲーム開発であるグリー社の北米支社でサーバーエンジニアを務めた後、
フリーランスで事業の立ち上げをサポートします。

 

資金面で苦しむ事業者の姿を傍で見ていた小川氏は、
個人が気軽に資金を募集/提供することのできるプラットフォームの必要性を感じ
個人を仮想通貨に見立てたサービスVALUを開発することとなりました。

 

 

なぜビットコインなのでしょう?

日本円のデリケートさ

個人のVAを日本円で購入でき、
かつそれがトレード、売却できてしまうと
資金決済法に抵触するかもしれない、という問題が思い浮かびました。

 

ビットコインであれば(これもまた難しい問題なのでしょうが)、
ある程度の障壁が取られると予想し、
VALUの大本の通貨として採用されているのかもしれません。

 

この件に関して問題が無いか、
VALU側は金融庁に出向いて相談を繰り返しているそうです。

 

また送金手数料が安くて手続きも簡単なため
あるいはグローバル化を見越してビットコインを採用した、ということも考えられます。

ビットコインブロックチェーンを使用すると・・・

例えばCounterparty
ビットコインのブロックチェーンを利用し
オリジナルのトークンを生み出すサービスです。

 

VAでCounterpartyのようなビットコインブロックチェーンの仕組みが採用されていれば
ビットコインが必要になってきます。

 

ビットコイン本体とインタラクションが取りやすいという点にも
目を付けた可能性もありますね。

 

カスタムカウンターパーティトークンは幅広い目的に利用することが出来、それ自体がビットコインブロックチェーン上ながらも暗号通貨として機能します。普通のビットコインと異なり、カスタムトークンはあらゆる価値を表すために利用できます。
現在トークンは次のように利用されています:
成功するクラウドファンディングと投票を実施する、
分散化アプリケーション(「DApp」)の ソフトウェア機能へのアクセスをマネタイズする、
製品や個人ブランドを表す、
一種の「ブロックチェーンドメイン名」として振る舞う、
認証トークンとして、
ゲーム内のカード等、デジタルグッズを表す、
現実世界の商品やサービスのプロキシ(例えば紙やバイオ燃料と交換可能なトークン)として、
貴重な時間やリソースを提供したことへの報酬として機能する、
ブロックチェーンの機能を探求するための教育的サービスとして、
そして、純粋に楽しみのために。

引用:カウンターパーティー/カウンターパーティの機能

まとまってないまとめ

VALUでビットコインが採用されている理由に
いくつかの考えられる点がありましたが、

1、代表の小川氏がビットコイン大好きだから
2、法的にセーフだから
3、VAの取引にビットコインブロックチェーンを使っているから

このあたりが考えられますね!

 

ビットコイン自体の取引もなかなか退屈しないので、
VALUに疲れたらそちらで気分転換をしてみるのも良いかもしれません。

 

 

【解説】コインチェックからVALUへ、ビットコインを送金する方法@5ステップ

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-Bitcoin(ビットコイン/BTC), VALU

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.