※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

Ripple(リップル/XRP) 仮想通貨

【仮想通貨】Ripple(リップル/XRP)の価格がなかなか上がらない理由を考えてみました

投稿日:

8/1のビットコイン問題も乗り越え、電子の海を元気に泳ぎ回るコインたち。しかし中にはRipple(XRP)のようにあまり元気のない個体も存在しています。今回はリップルの価格がなかなか上がらない理由について考えてみました。ネタ半分でお付き合いいただければ幸いです。

全盛期の半値を維持し続けるRipple

5月の高騰シーズンでは
50円に近い日本円単価で売買されていたRipple(XRP)

 

しかしいつまでも高騰を続けることはなく、
その他の通貨とともに現在に至るまで
いくつかの全体的な急落を経てきたわけですが、

8/1のビットコイン問題を乗り越えた現状でさえ、
なぜかRippleだけは全盛期の半値あたりを1円単位でさまよっています。
(※ETCは見なかったことにしておきましょう)

 

この記事を書いている途中で
タイミング良くリップルの価格が上がり始めたので、
少し矛盾するかもしれませんが

 

今回は、
Rippleがなかなか値上がりしない理由について
妄想がてら書いてみようと思いました。

 

 

 

Rippleの独自性とは?

リップルがよく指摘される
他の通貨と変わった点に

  • 中央機関が存在する
  • 単価が安い
  • 日本でとりわけ人気

といったものが挙げられます。

 

Ripple(XRP)は厳密には仮想通貨でなく、
リップル自社開発の金融システム上において

二国間通貨をスムーズに取引するための
ブリッジ通貨として開発されました。

 

 

Rippleユーザーの独自性とは?

GoogleやSBI、エンジェル投資家たちの莫大な投資によって
そこそこの短期間で100倍(0.5円→50円)近く価格を上昇させたため、

0.5円ホルダーから50円ホルダー(わたくしは40円😂)まで
Rippleには様々なユーザーが混在しております。

 

また、
GoogleやSBIが参入したことによる話題性そのものや
ビットコインに比べると単価が安いという理由で
気分的に買いやすいと参加したホビーユーザーから、

それらを見越した
なんという冷静で的確な判断力を持つ
本格的な投資家まで、

 

リップルのユーザー(通称:リップラー)は
とりわけ独特なオーラを放っているのが特徴的ですね!

 

こちらはみんな大好きコインチェックのチャットです。

平日の昼間でも無慈悲に開催される祭り(というか混沌)は
コインチェックに潜むリップラーの醍醐味のひとつですね!

 

もちろん他の通貨でもこのようなお祭りはたびたび起こるのですが、
リップルだけはなぜか盛り上がり方が跳び抜けています。

 

リップルを手にして
リップルならではの
なぞの一体感を味わってみるのも楽しいですよ!

 

 

 

なぜRipple(XRP)の価格が上がらないのでしょう?

Rippleはご存知のように、
中央発行体(リップル社)が存在しております。

 

Ripple(XRP)の目的は先の通り
ビットコインのようなFiat(現金)に置き換わることではなく、

リップル自社開発の国際金融システムに
ブリッジ通貨として組み込まれ機能することです。

 

価値が乱高下するような暗号通貨では
二国間通貨の橋渡しを行う際にいろいろと不便なようで、

このためRipple(XRP)はボラティリティ(価格変動)が発生しないように
リップル社によって調整・運用されることが前提となっており、

この点がRippleの価格が上がらないひとつの理由だとする声があります。

 

とはいえ、リップル社はひとまず
1XRP=1アメリカドル
をひとつの目標としており、

現段階で価格が調整されているとは考えにくいのですが、
天井があると無いの差が
もしかするとユーザーの心理的な買い控えや売り抜けの原因になっているのでは、とも考えられます。

 

また、
それに合わさり

単純に単価が安く
流通量が多いため、

GoogleやSBIのようなリップルを取り巻く好材料に期待して
ガッチリRipple(XRP)を握って冬眠したユーザーが多いのではないかと思われます。

 

 

 

まとめ

リップル社によってボラが抑えられる調整をされれば
投資目的における魅力が半減してしまうということで
いろいろと賛否両論飛び交うRipple(XRP)ですが、

 

現在(2017/08/23)のように
まだまだ高騰してくれる元気(お昼過ぎで32円)はあるようで安心しました。

 

 

少なくとも100円台に到達するまでは
価格の上下に一喜一憂しながら

ユーザーと盛り上がれそうですね!

 

【仮想通貨】コインチェックの始め方、解説してみます

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-Ripple(リップル/XRP), 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.