NEM(ネム/XEM)

【ネムのチャート(NEM/XEM)】最新相場&価格推移

最新チャート・価格に加え、NEM(XEM)トレードの参考情報・みんなの声をまとめています。

↓↓

TradingViewによる市場の相場

 

ネム(NEM)に対する、市場&みんなの声

NEMのチャート・価格推移に関するツイート・評判を集めてみました。

NEMはついこの前のカタパルトの発表で高騰しましたね。

一時的に40%も高騰していましたが、
期待上げに過ぎなかったのか今は元の価格付近で落ち着いています。

 

そんなNEMですが周りの人はどのように思っているのでしょうか。

 

10月中旬頃にNEMがbitflyerに上場するのではないかという
噂が流れてきて急騰したことがありました。

 

結局公式は上場は確定していないと発表したので
価格は下がって落ち着きましたが、
噂だけで急騰するぐらいなので、
やはりどこか新しいところに
上場して欲しいと思っている人は数多く居そうです。

 

 

NEMは上がる時は一気に上がってくれるのですが、
最近はその上がり幅も小さくなってきたようです。

確かに、8月頃は30円超えもちょくちょく見ましたが最近観ませんね。

 

今後価格が落ちきる前に高騰でも起きない限り
10円台で落ち着いてしまうほどに価値を落とすかもしれません。

実際、11月に入ってから11月6日に高騰が起きるまで
20円以下をキープしていたので好材料がまた出なければ危ないかもしれません。

 

私はNEMをあまり持たない(持つとしても超短期)ので
昔のことは詳しくはないですが
結構やらかしまくってるみたいですね。

 

確かによく考えてみれば期待上げで一瞬pumpしたとしても
すぐに元の価格に落ち着いていて
底値が上がったようには見えないので
そういった背景が影響してそうですね。

 

ただそれでもNEMは期待上げだけで数十%高騰するぐらいなので
価値は下がりつつも期待している人が一定数いるのではないかと推測できます。

 

実は一時的に時価総額ランキングを落としていた時期がありました。
今は8位に戻ってきていますが
時価総額は下げ続けているのが現状です。

 

11月6日の高騰でも時価総額自体は全然回復しておらず
1枚あたりの価値が一時期20%以上上がっていましたが
時価総額自体は5%ほどしか回復しておらず
反発が全然弱い状態でもあります。

 

NEMにはハーベストという機能があり
うまくいけばNEMが手に入って小遣い稼ぎができますが
全くNEMが手に入らないこともよくあります。
しかもハーベスト中はNEMを拘束する必要があるので取引にも使えません。

 

ハーベスト参入ユーザーも増えてきて
もらえる報酬も少なくなってきているらしく
ハーベストに期待したが思っていたものと違っていたという
失望売りが結構出てきていそうです。

 

もしハーベストが本当に素晴らしいものであれば
時価総額も上げ続けているに違いないでしょう。

 

 

ネム(NEM)を両替できるサービス

NEMはchangellyというサービスを使えば
簡単にほかの通貨に両替することができます。

とてもシンプルで、取引所には存在しない通貨ペア(XEM/XRPなど)でも
両替することができてとても便利なものとなっています。

 

changellyについてはこちらの記事でも解説しているので
興味がある方は一度読んでみてください。

 

ネム(NEM)の取引所、チャートイメージまとめ

日本の取引所

coincheck(コインチェック)

有名な国内仮想通貨取引所として知られるcoincheck(コインチェック)。
こちらではNEMを販売所にて売買することができます。

coincheckはなぜかBTC/JPY以外の通貨ペアは指値取引ができず
手数料がかなり割高になっています。

 

売買できる通貨ペアは以下の二種類です。

  • BTC/NEM
  • JPY/NEM

 

手数料(スプレッド含)が3~8%程度(流動性により変動)もかかり
ほかの取引所と比較しても異常な手数料なので
簡単にNEMの売買ができはしますがあまりおすすめはできません。

 

Zaif(ザイフ)

COMSAの一件でさらに知名度を上げたZaif取引所。
国内取引所でNEMを扱うなら
今のところこちらの取引所を使うといいでしょう。

 

ZaifでのNEMの取引は手数料が0.1%固定です。

coincheckに慣れていると異常なまでに安い手数料に見えがちですが
coincheck以外の取引所ではこれがいたって普通の手数料になります。

高くて0.25%程度でしょう。

 

coincheckと違って指値取引することも可能なので
指値でおいて放置することも可能です。

Zaifで対応している通貨ペアは以下の二つです。

  • BTC/NEM
  • JPY/NEM

 

ここまで読んだらお分かりかと思いますが
NEMの取引でcoincheckを使うメリットは全くないので
国内であればZaifを使うようにしましょう。

海外の取引所

Bittrex

海外でNEMを取り扱っている取引所の一つとしてBittrexがあります。
Bittrexは海外では有名な仮想通貨取引所の一つで
日本人も多くの人が利用しています。

 

非常に取り扱っている通貨が多く
NEMに関しては国内取引所では存在しない通貨ペア(ETH/NEM)が存在します。

 

ただ、手数料が0.25%であり
Zaifと比べると少し高いのでどちらを使うかは
自身で判断するようにしましょう。

 

Poloniex

PoloniexでもNEMの取引をすることができます。

PoloniexもBittrexと同じく取引手数料が0.25%ですが
海外取引所でNEMを購入するのであればPoloniexよりもBittrexがいいでしょう。

PoloniexではNEMの出金で15NEMもとられてしまいます。
1NEM20円だとすると300円取られる計算ですね。

 

Bittrexだと出金手数料が4NEMなのでこの時点でPoloniexを使う理由はありませんね。

 

さらに上を行くのがZaif。
出金手数料が2NEMであり
取引手数料のことを考慮してもZaifが最強と言えます。

 

余談ですが、coincheckでのNEMの売買は取引手数料は異常ですが
出金手数料は0.5NEMとなっており、こちらはいい意味で異常とも言えますね。

 

 

取引所以外のチャートツール・サービス

CoinGecko

 

NEMはCoinGeckoに登録されていて
価格推移をリアルタイムで表示することが可能です。

様々な取引所の現在の価格を見ることができ非常に便利ですし、
部分的に日本語化もされているのである程度は読みやすいと思われます。

 

NEMの流動性やコミュニティの活発度もパーセンテージで表示してくれるので
どれくらいNEMに関心が持たれているかも見ることができます。

 

 

CoinMarketCap

 

CoinMarketCapもCoinGecko同様に
様々な取引所の価格情報をとってきて表示しています。

24時間あたりのNEM取引量も見ることができるほか
時価総額も細かくグラフで見ることができるので個人的にはこっちのほうが好きです。

 

ただ日本語化はされていないので
英語に抵抗ある方はCoinGeckoの方が使いやすいかもしれません。

 

ネム(NEM)のチャートをブログへ貼る方法

CoinGeckoやCoinMarketCapは、
NEMの価格情報を簡単にブログに埋め込めるようになっています。

 

CoinMarketCapなら、NEMのページの[Tool]からコピー。

 

CoinGeckoならNEMのページの[Tool]にある緑のボタンを押したら出てくる埋め込みタグをコピーします。

 

CoinGeckoは通貨ペアを自由に設定できるので、ブログパーツとしてはCoinGeckoの方が優秀かもしれません。

 

一度ブログに埋め込んでしまえば
価格は自動更新されて表示されるので
いつでも正しい情報を流すことができるようになっています。

コピーペーストするだけなのでHTMLがわからないという人でも楽チンですね!

 

 

NEM(XEM)を取引するなら
手数料が小さめのZaifがオススメ。

– 無料メルマガ –
『新.お金のコラム』
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です