NEM(ネム/XEM)

【参加レポート】NEMミートアップ福岡に行ってきたよ。5つの気づきを添えて

NEMミートアップ福岡(2017年11月18日)に参加してきましたので、レポートいたします。

コミュニティがあたたかかった!
的な空気感はツイッター上で十分流れてるかと思いますので、

仮想通貨全般を広く薄く扱うメディアとして
フラットな視点でお届けいたします。

二日酔いと
うろ覚えの記憶を辿って書いてますので、
とくに技術周りは誤認があるかもですが、やさしくつっこんでください。

全体的な雰囲気


イケハヤさんも遠隔参加。

参加者層は聞いた話し+雰囲気ですが、

  • 仮想通貨歴1年未満の方が多い
  • 男女比、8:2くらい
  • 30代くらいが多いけど、20代も40代も
  • 技術者よりも、普通の人(個人投資家?)が多いイメージ
  • ラフな格好の人が多かった(スーツの人がスキャム扱いw後述
  • 起業家からフリーター、製造業勤務や公認会計士まで、クリプト人種のるつぼ

こんな方からのこんな動画も流れました。

物販ではNEM Tシャツを購入。NEM WALLETアプリでサクッとXEM決済。

お土産NEMグッズもたくさんありました。↑NEMどら焼き

参加してわかった、NEMミートアップ5つの気づき!

気づき1.NEMの技術に対する理解が深まった

投資で儲かりつつ、
金融の変革を楽しむ!

古参や技術系の方を除く普通の方の多くが
仮想通貨に対してそういったスタンスでしょう。(私も

 

ですので、
技術周りの勉強はどうしても後回しになりがちですが、

イベント第三部:技術編で登壇された、
@CoffeeTimesTWさんのお話で、
足りない知識を補って頂き、ぐっとNEMが身近になりました。

 

気づき1だけ、
本業WEB屋視点で気づきを書いてますが、
要するに、

日本にたくさんいるWEBクリエイターのスキルが
そのままブロックチェーンアプリに応用できるっぽいよ!すごい!

ということです。

技術な話しに興味がない方は、2までとんでください。

 

具体的には  (うろ覚え&認識違いがあるかもですが…

NEMの2層構造って、WEBに近いな…

NEMは、

  1. アプリケーション層と、
  2. ブロックチェーン層?

みたいな2層構造になってて、
Javascriptでアプリケーション層だけちょちょいとやれば、
ブロックチェーン使ったアプリが作れるというイメージとか。

 

これは、
WEBにおける

  1. フロントエンド(html/css/javascript – jQuery …)
  2. バックエンド(php他プログラム/mysql等のデータベース)

の関係性にたぶん近いんだろうと思いました。
ここでNEMが一気にイメージしやすいものに。

 

ブロックチェーン気にせず
ブロックチェーンの恩恵を受けれるなんて。

javascriptでNEMアプリつくれるの!?

WEB系の人には超お馴染みの、
javascriptで
NEMアプリ作れるというお話が。

 

えっ、、

仮想通貨でJavascriptって言うと、
『Lisk(リスク/LSK)』のイメージしかなかったので、
ちょっとググったら、ありました。

jQuery使ってAPIうんぬんとか、
wordpressいじれるレベルなら
誰でもブロックチェーンアプリつくれるじゃないか…

NEMはレゴに似ている

『NEMはレゴに似てる』ってお話がありました。

すでにできてる小さなプログラムのパーツを組み合わせ
自分のアプリをつくる的な。

 

ん、
それって、

WordPressに
プラグインやテーマ入れるのといっしょだ。。(このサイトは同構造

 

これ、
WEBクリエイター(フロントエンド)は
そのままNEMエンジニアなれるのかも!?

人的リソース確保や管理も楽そうや。

 

世界で最も多く使わてるブログシステムのWordpressと
似たような思想・設計なので、普及しやすい環境は整えてるっぽい。

なるほどNEMは
実需が期待できるプラットフォームや。(今更感。もっと勉強せなや…

気づき2.NEMコミュニティへの理解が深まった

福岡市は自治体のIT・スタートアップ支援が盛んで
WEB系のイベントが多いですが

意味のあるコミュニティと
意味のない(薄い)コミュニティがあると
たびたび感じます。(個人の感想です)

 

、、、で

NEMミートアップはどうかというと、

参加者やNEM自体にとって
かなり意味がありそう・貴重だと感じました。

  • 日本初の『NEM公式』ミートアップであることが、NEMの歴史というか、日本の仮想通貨の歴史に刻まれ、(追記:ちなみに日本初のNEMミートアップは東京?)
  • NEM財団としても大きなマーケットのある日本での認知UP&実績UP
  • そもそもこの場に集まってる人たちは金融の大変革(かもしれない)の最先端にいる(普段、理解されず変態扱いされてる?)人たち

これらはNEM普及にプラスに働くだけでなく、

そこで生まれるコミュニケーション・つながりは
今後様々なところで様々な価値を生みそうです。

気づき3.博多めんたいクリプターが多いことを知った

県外からの方もかなり多かったようですが
福岡&九州クリプターが多いことを実感。
南区とか西区とかご近所さんばかりで笑えました。

 

めんたいクリプター御用達のお店などもあるそうなので、
近々行ってみますが、
12月に渋谷でオープンするNEM BARのようなスポットが
今後もいろいろできそうな臭いを感じます。(博多にゆかりがある仮想通貨関係者を、勝手にめんたいクリプターと呼んでいます

気づき4.イベント前後の値動きが他と違う

Liskはベルリンのミートアップが、
11/22にあるようで、
それに向けての期待で価格がUP→事実売りで価格DOWNという
価格変動が予想がされてたり、

最近ではイーサリアムクラッシックの香港イベントでも
似たような価格変動があったと思います。

NEMは凪からの、イベント翌日じわじわ右肩上がりに。

投機筋の目が向いてないから?
たまたま?

今後の展開が気になります。

気づき5.NEM財団や代表のロンさんが積極的

『NEM財団公式』『NEM Meetup JAPAN公式』という冠を承認したのもそうですが、
ロン・ウォン氏のこの日のためのビデオメッセージなど、
丁寧で積極的な姿勢が印象的でした。

普及のためには
当たり前といえば当たり前かもしれませんが、
やれていないプロジェクトはきっと多いはず

ミートアップに参加するか迷った方々へ

ツイッターを見てると、
『近いのに迷った結果、参加しなかった方』を散見。
とくにボッチ参加で不安なのかもですが、
たぶん、会話のキッカケだけだと思ったりします。

 

例えば懇親会で懇親できない不安があるかもですが、

 

  • NEMの値動きをスマホで見ながら『今日もNEMは上がりませんねぇ、へへっ』なんて話かければ、会話にキッカケになるでしょう。XEM価格は参加者の100%が気になってるので。そこからおしゃべりが広がれば、アルコールも手伝ってたぶん空気に馴染める!
  • Q&Aコーナーで喋ってた人のネタを聞きに行く&広げるとか。
  • イベント前からツイッターで関係者に絡むとかでも良さそうですね。
  • 物販が落ち着いてる時に、販売者さんとお話するのも楽しい。

私は↑全部やりましたw 単純な興味からの行動ですが。

 

『うさん臭いんじゃね?スキャムイベントじゃね?』って理由で
参加を見送った方もいるかもですが、

『公式』イベントである点と、
運営がスキャム防止のメッセージを発信していましたので、
こういった情報を追いかけていれば判断できそう。

実際このイベントでは、
スーツで来た方がスキャムwと笑い話にされるくらい、(冗談で・身内で)
『スキャム→寒い・イタイ』空気があり、今後の開催も安心できそうです。

もし本当にスキャムが湧いたら袋たたき→炎上必至な空気です。

 

どんな格好でいこうか迷ったら、
ネルシャツとジーパンでOK!w 技術な方も多いので、
本当にみなさんラフで気軽な格好でした。

リップルミートアップもこんな感じだったんですねぇ。

 

間違ってもこういうネタに走ってはいけません

(気づかれずに?気づいてたけどスルーされてスベった感

まとめ

ということで以上、

NEMミートアップ福岡に行ってきたよ。5つの気づきを添えて

をお届けしました。

 

NEM史に名を刻まれた、
@cryptoZZ さんはじめ主催チームの皆様。

素晴らしいイベントをありがとうございました&お疲れ様でした&またお願いします!

 

そしてまだNEMはじめていない方は、

 

 

レッツ NEMber(NEM + メンバーの造語)、

レッツハーベスト!

アポスティーユ!!

 

まずは気軽に少額ホルダーから、下記記事をご活用ください。

あわせて読みたい
【買い方】安くNEM(XEM/ネム)を購入する方法・買い方を解説!国内最安はZaif(ザイフ)か!?仮想通過、NEM(XEM/ネム)の買い方・購入方法・安く買える取引所を解説します。 高騰前に抑えておきたいところ。 NEM(XE...

 

ハーベスト解説記事も書いてます

あわせて読みたい
【徹底解説】NEM(ネム/XEM)のハーベストのやり方・初め方。ハーベスティングで不労所得報酬をゲットしようハーベストという独特な承認報酬を提供するNEM。 この度、NEMブームにあやかって10,000XEMホルダーになれましたので、 ...
お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です