COMSA(コムサ/CMS) NEM(ネム/XEM) 仮想通貨

【売り方】coincheckでのNEM(ネム/XEM)の売り方を考えてみようと思います

更新日:

COMSAの盛り上がりによって久々に急騰をみせてくれたNEMさん。できればCOMSAのICO開催までは握っておきたいところですが、やむを得ず売却する状況に出くわすかもしれません。今回はコインチェックにおける、NEMの売り方について解説します。

売るか、ホールドか・・・

8/1のビットコイン分裂もひとまず穏便に終わり、
その影響か、ビットコイン価格は40万円まで急騰しました。

 

全体的に価格を盛り返してくれたのですが、
その中でも5月並みの水準に価格を戻してくれたひとつの通貨に
NEMがあります。

 

 

 

急騰の原因
国内で初めて開催されるICO、COMSAの影響があると言われ

COMSAの盛り上がりによっては
まだまだNEMの価格が上がりそうな気配ですね。

 

 

とはいえ、
気になるコインがあったり
やむを得ない事情であったり、

NEMを手放さなければならない状況に出くわすこともあるかもしれません。

 

 

とくに価格を大きく上げたコインであれば、
NEMそのものに限らず、ビットコインに巻き込まれるカタチで
予期せず暴落する危険性もはらんでいます。

 

 

そんなとき
よくホールドが大正義だとよく言われますが、
さらなる急落が訪れるやもしれないし

一旦価格が落ちてしまえば、
回復までコインを握り続けるのは結構ツラかったりするものです

 

 

時にはコインを売却して
円に逃げる対策も必要かな、と思ったりします。

 

 

そうでなくとも、
仮想通貨を墓場まで持っていくわけにはいきません。

最終的には日本円に換えなければならないのです

 

 

今回は
そんな手仕舞い(撤退)したくなったときに、
coincheckでビットコインを売る方法を考察してみます!

 

ZaifでNEMをお持ちの方でも
同じように活用できるのではないでしょうか。

 

 

 

スプレッドを意識しましょう

コインを売りたくなる局面というのは、

・コイン値上がりをして儲けが出ているうちに売り(利確)たい

・予想以上に価格が落ちているから被害を増やさないため見切り売り(損切り)したい

といった、
往々にして相場が荒れている状況が多いのではないでしょうか。

 

 

 

購入者や
もしくは売却者

どちらか一方が少ないときのコイン売却時は、
売りと買いの差額=スプレッドを高く払わなければならない点に注意してください。

例えば↑はコインチェックにおける
ビットコインの販売表示価格です。

「この値段でかえるんだなー!」
と、思ってはいけませぬ!

 

 

コチラ↑は同時刻のコインチェックのウォレット画面における、
ビットコインの売却価格です。

およそ0.5%のスプレッドが徴収されています。

 

 

こちら↑は同時刻のスプレッド込みの支払い価格です。

荒れてない相場ですら
1BTCを買って売るだけで3000円が消えてしまいます

 

銘柄がビットコインということもあり、
これくらいのスプレッドで済みますが

 

 

↓のLitecoinのようなアルトコインでは

とくに売り買いが激しいわけでもなかったのですが、
それでもビットコインの4倍(2%)のスプレッドがあります。

これよりさらに
スプレッドが広くなったりすることも多々あります。

一説には、
取引回数を抑えることがcoincheckで勝つ秘訣、
とも言われております。

スプレッドのダメージとはそれほど大きなものです。

 

 

最悪、荒れ相場でアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を売却するときは
ときに売買合わせて(そのコインを最初購入したときのスプレッドも合わせて考えておくべきです)
5%近くの金額を徴収
されてたりもするので、

 

購入・売却のタイミングをいかに見計らうか
なんとなく大事なことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

資産の保護に

一度コインを売れば残された道は引退・・・
もうコインと関わってはいけない、ということはありません。

(コインではありませんが、VALUは復帰不可能ですね)

 

ときに手仕舞いというのは
資産を
価値のきわめて安定した日本円に逃がすという
重要な選択
だったりします。

上はビットコインのコインチェックチャートです。
こうやって見ると景気がいいですね・・・

といいつつ事故地点に番号なんか振ったり。

 

 

1)は正月の暴落ですね。
単価140000円だったビットコインが90000円まで急落しました。
同水準まで価格を戻すのに2ヶ月もの期間を要してます。

戻す前提というのも仮想通貨ならではの見方ですね・・・)

 

 

2)は通称スッキリ!!ショックです。
340000円だったビットコインが2日間で230000円付近まで暴落しました。

(わたしは)お金を払って阿鼻叫喚のカオスが楽しみました。

 

 

3)はビットコインの8/1フォークにおける
中国人大手マイナーの鶴の一声です。

スッキリ!!ショックほどの衝撃はなく、このときユーザーは落ち着いていましたが
これにより8/1におけるビットコインのハードフォークが濃厚となり

結果、ビットコインキャッシュ(BCH)という
よく分からない通貨が生まれました。

 

 

これらは
早めに売却して底値で買えば利益の生まれるチャンスでしたが

よほどアンテナを張っている人でもない限り
まず気付くことはありませんよね。

 

 

予兆があった時点でコインを半分だけ円に替え、
底値で買うくらいならなんとなく出来そうな気がしてきます。

 

 

 

 

ビットコインの8/1問題

上記の急落なんて突然訪れるようなもので、
とても感知するのは難しいのですが、

 

中にはあらかじめコイン価格が変動するであろうと予測できる、
自然に耳に入ってくるようなトピックもあったりします。

 

 

例えば
ビットコインの8/1問題と呼ばれたものです。

 

 

NEMはこのとき、最低11円くらいまで価格を落としました。

 

 

世の中に絶対というものはありませんが、
例えばビットコイン8/1問題のようなものが控えているときは

コインを売却する、
という決断も
必要になってくるのかもしれません。

 

また、ビットコインの問題は完全に解決したわけではなく、
単純に先延ばしされた、と判断付ける識者も多く存在します。

 

2017年11月がビットコイン問題の本丸とも呼ばれており、
今回の8/1での動きも
ひとつの経験として活きそうですね。

 

COMSAのICO開催に際して

COMSAのICOで購入できるトークン(CMS)は
ビットコイン、NEM、イーサリアムで購入できるであろうと予測します。

 

COMSAに通貨を支払っただけでは
これら通貨の価格の変化はあまり考えにくいのですが

ICOの事前登録者数は予想以上に増加しており、
ICO開催の直前や直後は
予想しない値動きになる可能性が高くなりそうです。

 

ICOの駆け込み購入に合わせ
NEMが高騰したときに売却したり、

NEMはCOMSAに連動するものと思われる(そもそもシステムでリンクされている)ので
CMSの仕様を早めに熟知して
機敏に動けるようにしておきたいですね!

 

まとめ

・極端に買われている

・極端に売られている

こんな状況でNEMを売却する際はスプレッドにご注意ください。

 

 

今回はcoincheckでのビットコイン売却を考察してみましたが
coincheckでは
日本円以外にも

 

NEMをビットコインやイーサリアムに逃したり、
他のアルトコインに分散させる手法をとることもできます。

ただし、
くれぐれもスプレッドにはご注意を!

 

海外の草コインで遊ぶのも一興でしょう。

 

 

 

COMSAのICO参加に興味がおありでしたら、
こちらから事前登録申請ができますのでどうぞ!

 

 

 

【登録方法】COMSA(コムサ/CMS)のICOの買い方、参加、アカウント登録手順を調べてみた。日本発の仮想通貨は儲かるの?稼げるの?

COMSAでのアフィリエイトのはじめ方・やり方を解説します

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-COMSA(コムサ/CMS), NEM(ネム/XEM), 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.