ICO

LAToken’s、実体経済に大規模な暗号化の拡大

更新日:

【PR記事】この記事は、海外ICOであるLAT(Latoken)のPR記事です。

ブロックチェーンはすでに財政やeガバナンスの安全、公証人などの多くの業界にイノベーションをもたらした。しかし、実体経済と暗号化経済の間に依然として生じている克服すべき大きなギャップがある以上、さらなる混乱が予想される。LAToken(以下LAT)は、最初の資産をトークン化するプロトコルであり、目的は、価値が実際の資産の価格にリンクされたユーザーが資産トークンの作成と取引を可能にするブロックチェーンプラットフォームを作成することでギャップの埋め合わせを目的としている。 LAToken の10月10日に終わるトークンセールについてもっと詳しく調べるにはここをリンクしてください。

LATプロトコルは資本へのアクセスを変え、そして暗号化通過が実体経済で幅広く使われるよう可能にし、仲介業者や「大きすぎて潰せない」機関のコストを取り除く間、資本市場をさらに透明化、効率化、持続化する。

数兆ドル規模の市場

マッキンゼーの元職員3人が共著したLAT Crypto Researchによると2025年までに暗号市場の総資産総額は5兆ドルに達すると予測しています。この報告書では、この増加は主に資産トークンによってもたらされ、合計の80%が市場占有率である。 その価値は実際の資産に結びついているため、他の暗号化された通貨よりも揮発性が低く、監督当局が価値のある担保を得ているため、規制当局に有利に働く可能性が高くなる。

LATokenの創設者Valentin Preobrazhenskiy氏は、2025年までに1.2兆ドル相当の資産をトークン化および貿易することを目標にしている。「取引可能な資産の範囲が広いブロックチェーンでナスダックを作り、決済時間や取引コストを劇的に削減する」 LATプラットフォームでの売上高は2025年までに14兆ドルを超える可能性がある。

投資家、そしてベストセラー「How We Made 18,000% in the Stock Market」の著者でもあるChris Kacher氏は、LATの将来性を強く信じている。「仮想通貨の世界は今後数年間に何十億、何兆ドルもの価値がある。 私はLATがこの大規模な発展の直接的な受益者になると信じている。 この提示された数字は、あまりにも大規模なために一見信じられないが、実際に暗号空間のウイルス性で分散された性質を考えると完璧な数字だ。」

LATokenはどのように機能するか?

LATokenは、トークンと原資産との間のリンクを確立し、LATプラットフォームと暗号交換でP2P取引に準拠したカスタマイズされた資産トークンを迅速に作成できるオープンソースLiquid Asset Protocolを開発している。 このプロトコルは、あらゆる資産クラスに合わせて調整され、第三者が新しい資産トークン化アプリケーションを作成できるようにしている。

このプロトコルは、株式と商品から不動産、さらには芸術作品まで600兆ドル相当の資産を以下の5つの簡単なステップでトークン化することを可能にする。

  1. 資産所有者はLATokenに資産に関する基本情報を提供し、買戻し日とともに売却したい株式を設定する。
  2. LAToken代理人は、資産の独立した評価を実施する。
  3. 資産所有者は、資産トークンを発行してクライアントに転送するLAT認定のカストディアンに所有権を移譲する契約を締結する。
  4. アセット・トークンが発行されると、それはLATプラットフォームにリストされ、入札者は膨大な数の暗号化された通貨で支払うことができる。
  5. 所定の決済日に、以前に発行されたトークンは、原資産の現在の市場価格で暗号保持者から買い戻される。

プラットフォームはすでに稼動している。これにより、アップル、テスラ、グーグルおよびその他のブルーチップのトークン化された株式、ならびに金銭、石油、不動産ETFの取引が可能になる。

ゲームチェンジャー

LATプラットフォームにより、暗号化の保有者は、低い取引コストと最大限の透明性とセキュリティで、すべての主要な資産クラス(株式、債務、コモディティ、不動産、芸術作品)の資産を暗号化ポートフォリオに多様化することができる。 LATokenはまた、クリプト・ホールダーが大規模な投資家(不動産や芸術作品など)にしかアクセスできない非流動資産の価値に晒され、ROIを高め、ポートフォリオを多様化できるユニークな機会を提供する。 フィアットトレーダーは、取引コストの削減と24/7のアベイラビリティのためにNASDAQを好むことができる。 不動産や芸術作品などの非流動資産の所有者は、それらをトークン化し、流動性プレミアムを10〜40%と見積もって分数で売ることができます。

LATOKEN whitepaper

「LATプラットフォームはBlockchainの実装に大きな価値をもたらし、実体経済において暗号のキャッシュがどのように取引されるかに革命をもたらしました」とMySpaceの前CEOであるMike Jonesは言う。 大企業に影響を及ぼす問題に対する解決策を提供すれば成功する。 流動性のない資産の流動性を見つけることは、1兆ドルの市場である。 LATokenはこのグローバルな問題に対する解決策を見つけた。これはゲームチェンジャーです」とCorinthian PartnersのCEOで創業者のMitchell Manoff氏は付け加えました。

LATトークンセール

この時点で、トークンセールの第1ラウンドで5650万ドルを拠出した12000人以上のコミュニティメンバーに約550万のLATが売却され、次のラウンドで1850万ドルの寄付が行われる予定である。 現時点では、LATokenは資産トークン化プラットフォームの中で資本調達の面で1位であり、現在LATをリストする4つの主要な暗号取引所との交渉を確定している。
LATは、資産トークン化、KYC、トランザクションなどのLATプラットフォームサービスの支払いに使用される。

さらに読み進める方は sale.latoken.com にアクセスするか t.me/latoken テレグラムチャットに登録してください。

 

【PR記事】この記事は、海外ICOであるLAT(Latoken)のPR記事です。
(PR・広告について)

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-ICO

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.