ICO

訂正有り)ICOSで既存ICOに投資できるように。気になる3つの銘柄とは!?9月22日から(ICOBox)

投稿日:

ICOBoxの公式PRの方が、
このブログを読んでくださり、
新しい情報をくださいました。

公開の許可も得てますので、
その内容と考察をお伝えしたいと思います。

 

ポイントはふたつ!

  • 9/22からICOSを使って、別のICOへ投資できる(っぽい)
  • そのICOは3種類!具体的な銘柄は後述

ICOBoxからの情報は英語+翻訳版で、
英語のつたない私が、紐解いたレベルなので、
話し半分・参考程度にどうぞ!

※2017/09/25追記:同姓同名のICOという間違いがありましたので、訂正追記しました

ICOBoxをざっくりおさらい

株で資金調達するIPOの、
仮想通貨版であるICO。

  • 儲けて億り人になられた先輩
  • 大損した人
  • 詐欺

など、
新しい概念がゆえの
混乱と盛り上がりを見せています。

法律も追いついていなくて、
中国がICO全面禁止し、
仮想通貨の暴落につながった話しは有名です。

このネタは連日、
日本経済新聞でも取り上げられていて
仮想通貨がいよいよ一般層にまでリーチしだしたなぁと感じます。

そこで、

ICOを整備してお墨付きを与える、ICOBox

独自のプラットフォーム(ルールやシステム)を設け、
ICOで資金調達する側も、投資する側も
より安全で快適な環境にしようとしてるのがICOBox。

ICOS保有者の投票によって、
まともなICOを選定して、
そこに、ICOS使って投資しよう!

しかも、
ICOSトークンでの投資は、
BTCなど一般的な投資よりも、最大75%割引なんだとか。

800以上のICOをサポートする計画で、
ICOBox自身の資金調達(ICO)で
150億円以上を集めたこのビッグプロジェクト。

それが、
ICOBoxでした。

 

前置きが長くなりましたが、

ここから本題です。

9月22日から、保有のICOSを使って、既存の外部ICOへ投資できる

この度、
ICOBoxの公式PR担当者からもらった原文は、
こちらのPDFです。

要約すると、

・IpTSという仕組みを追加するよ(Interproject Token Swap)
・これにより、ICOBoxプラットフォーム以外の、既存の外部ICOに対して、保有ICOS使って参加できるよ

という意味と理解しました。
間違っていたらどなたかツッコんでください。

 

もともとICOBoxのコンセプトは、
ICOSホルダーの投票によって
有望ICOを選出する…でしたが、

外部ICOと連携し、
投資の幅が広がるというイメージでしょうか。

気になる銘柄は

  • ParagonCoin(大麻業界をブロックチェーンでうんぬん)
  • TokenStars(人材発掘系)
  • PlusCoinメタップス韓国法人の新設取引所のICO)同じ名前の別ICOでした。訂正します。

Plusコインがまさかの、同じ名前の別ICOでした。

 

間違ってるPluscoin(以下、同じ名前の、ICOBoxとは関係ない方の、Pluscoin)

※以下は、過去の間違ってる記事ですが、間違いを認識頂くべく残しておきます。

ーーー

どれも情報が少ないですが、
PlusCoinに関しては、
有名ブロガーのイケハヤさんが触れていました。

さすが情報が早い。

メタップスの韓国拠点「Metaps Plus」が「CoinRoom」という取引所を作るそうで。2018年3月を予定。

んで、合わせて「PlusCoin」というトークンを発行します。トークンセールは9月26日。

引用:まだ労働で消耗してるの?

上場企業のメタップスの韓国拠点が
2018年にはじめる取引所『Coinroom』

しかも、
記事によると

日本からはICO参加できないという情報が。

残念!日本人は買えません。

引用:同上

こういった制限のある案件に対して、
ICOS経由でトークンセールに参加できるのは、

投資の幅や他の投資家との差になり
立ち回りやすくなりそう。

 

、、本当に買えるのかな。。

9月22日が楽しみです。

 

まとめ

ということで以上

ICOSで既存ICOに投資できるように。気になる3つの銘柄とは!?9月22日から

をお届けしました。

 

ICOBox公式からのネタなので
元ネタの信頼性は高いですが、
私が読み解いた内容が違うかも知れません。

英語が堪能な方はぜひ、
原文を読んでみてください。

 

私は約40 ICOS保有しているので、
これからの展開が楽しみです。

9/15にトークンセールが終わるなりすぐに、
次の具体的なステップに進んでいるICOは
少ないイメージなので、
今後のICOSの動きにも注目したいと思います!

、、、

一番気になるのは
ICOSの取引所への上場情報なので、
近々、PRの人に聞いてみよう。

 

※2017年9月15日に、ICOBoxのトークンセールは終了しましたので、新規参入はできません。ICOSホルダー向けの記事です。

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-ICO

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.