仮想通貨

【ICOS】リセットパスワードの恐怖!ICOBoxにログインできない方へ

ICOBoxのトークンセールが終了し、早速トークンICOSで参加できるICOが開催され始めました。様子見でICOBoxの公式にログインしようとすると・・・!今回はICOBoxにログインできないぞ!という方に向けた打開策をご紹介しようと思います。

ICOS公式にログインできない・・・?

ICOSオーナーサイトへGO!

https://tokensale.icobox.io

↑コチラはICOBoxトークン(ICOS)セール専用のページ、
いわゆるICOBoxICOのダッシュボードです。

コチラはまだログインできますね。

 

とはいえ、
ICOSトークンセールはすでに終了している(slackも閉じています)ため、
このページはもう必要ありません。

 

 

ICOSを所有されているユーザーは次のステップとして、
ICOS公式ページでICOBox運営からの
お知らせを待つことになります(すでにICOBoxシリーズICOが行われています)。

 

ICOBox公式は導入する企業側(ICOを開催する側)のサイトなので、
私たちICOSトークンの所持者は
ICOS公式プラットフォームのほうに向かいます!

 

 

従来のサイトはあくまでトークンセール専用の限定ページだということで、
ICOBox公式よりメールが届きました。

 

セール参加者様にも↓このようなメールが届いているハズです。

本文の一部に、
これまで使っていたトークンセール用のパスワードは危ないから、
パスワードをリセットしてください、と書かれていますね。

必須事項であることが記載され、
リセット用のリンクが張られています。

 

 

メールの下にあるリンクを踏んで
ICOSの公式ページ(ICOSプラットフォーム)に行ってみましょう!

黒バックがすごい重圧感です。

リセットパスワード・・・ふむふむ、

「トークンセール時のアカウントでログインしてから
パスワードリセットの設定画面に飛ぶんだな!」

と私はひらめきました。(たぶん、多くの人がそうでしょう)

 

従来のログインメールドレスとパスワードを入力して
Reset passwordを押すと・・・

 

『This password reset token is invalid(無効).』との文字が!

 

 

(なんと・・・!)

 

 

メールリンクにはステータスが付いているので、
実は既にログインした状態であり、

ここで新しいパスワードを入力するのかな?
と思って入力するも、

『These credentials do not match our records.』
(これらの資格情報は当社の記録と一致しません。パスワード間違えとるぞ)

 

と返ってきます。

このあたりで額に一筋の冷や汗が流れてきます。

 

 

(あかん・・・)

 

打開編

結論から言うと、

パスワードを忘れたことにします。

 

 

メールアドレスを入力した状態でパスワードを間違えると
restore(修復)の項目が出るので、
そちらのリンクを踏んでパスワードを再発行します。

トークンセールで利用したメールアドレスを入力して、送信!

なにげにFacebookとも連携が取れるようになってますね。

 

 

入力メールアドレスに
パスワードのリセットリンクが飛ばされたそうなので確認します。

 

 

たのむで工藤・・・

このようなメールが届きますので、
Reset Passwordのリンクを踏み、新しいパスワードを設定すると・・・

 

 

無事にログインできました!

購入したICOSも無事です。

 

 

あのメールのステータス付きリンクは何だったのでしょうか?
なかなか焦らせてくれますね・・・

 

ICOSプラットフォームを少し見学

ウォレット

この段階までこられた方であれば、
きっといくつかのICOSをお持ちのはずです。

二段階認証を設定されていない方はしっかりと設定されてくださいね!

Two-factor authenticationを押すとQRコードが生成されます。
6行?の復元コードもキチンとスクリーンショットやメモで控えてくださいね!

 

 

こちらのページは
ICOS所有者がICOBoxICOシリーズのトークンを購入する
ダッシュボードも兼ねています。

なお、ICOBoxから届いたメールにも記載されていますが、
9/26よりマイイーサウォレット(ERC20系対応ウォレット)にも
ICOSを送金できるようになります。

 

 

開催中ICOのトークン購入は?

右上のメールアドレスに
マウスオーバーしてみてください。

 

 

ためしにウォレットを見てみましょう!

ここから開催中のトークンを
ICOSで購入できます。

 

 

ちなみにParagon(通貨コード:PRG)一般ICOの現在価格は165円(1.45ドル)ほどで、
ICOSの最終価格(5,200円)から計算すると、
ICOS購入によるPRG単価は約33円です。

75%どころか80%近く割引されている計算ですね。

 

まとめ

ICOBoxのセールが終了して10日ほど経ちました。

 

中にはICOSを大量に購入されている方もいらしてまして、
このパスワードリセットドッキリには
多くの方が肝を冷やしたのではないでしょうか?

 

パスワードをリセットされてログインすれば気分は一転、
Bankeraに匹敵、いやそれ以上の
強力なトークンボーナスを目にすることができます。

 

まだまだ手放しには喜べない状況ではありますが、
ひとまず、ICOSを購入した方はおめでとうございます!

と言える状況になりつつありますね!

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です