※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

ICO

【買い方】ロイヤルコイン(LYL/LoyalCoin)の買い方、購入手順を解説します

更新日:

NEMとパートナーシップを結んだということで日本のNEMやICOファンから注目を集めるようになったロイヤルコイン。今回はLoyalCoinのトークン、LYLの購入方法について調べてきました。

LoyalCoin(ロイヤルコイン)とは?ざっくりとおさらい

LoyalCoinについて

 

LoyalCoin(ロイヤルコイン)(通貨コード:LYL)はフィリピンで発足した
キャッシュバックポイントシステム(=ロイヤリティプログラム)のプラットフォームです。

日本ではTポイントや楽天ポイント、
あるいはマイレージといった多くのキャッシュバックブランドが存在しますが、
それらの管理を複雑に感じている方も多いかもしれません。

 

LoyalCoinはそれら従来の乱立するポイントシステムをブロックチェーンで一括管理することで
サービス利用者や提供者にとって利便性を向上させたシステムの実現を目指すとのこと。

ショップごとにキャッシュバックサービスのアカウントを管理することがなくなるので
ウォレットアカウントや会員カードを探して回る手間も省けそうですね!

 

また入手したLYLは他の通貨と交換したり
独自のサービスを受けられるように調整しているとのことです。

ポイントキャッシュバック系のプラットフォームはいくつか(例えばPLCなど)目にしたことがあるのですが、
それらに比べLoyalCoinは同じく東南アジア、シンガポールを拠点にするNEMとパートナーシップを結んだことで
認知に拍車が掛かることになりました。

開発元であるAppsolutelyがもともとデジタルロイヤリティープログラムにおいて実績もあり
将来的に現在顧客関係にあるファミリーマートやデニーズで利用できる可能性にも触れられています。

 

詳しくはLoyalCoinの日本語ホワイトペーパーが用意されておりますので
ビジョンやマーケットに興味をお持ちの方は目を通されてみるのもよいかもしれません。

 

NEMとパートナーシップを結んだLoyalCoin

同じ東南アジア圏発のブロックチェーンプラットフォームという間柄も合ってか
NEMとパートナーシップを結んだLoyalCoin。

 

アドバイザーにはNEMの東南アジア責任者Stephen Chia氏や
ネム財団の評議会メンバーNelson Valero氏が名を連ねています。

(ロンさんの名前が無いですね・・・)

 

パートナーシップを結んだこともあってか
Bankeraがそうであったように
LoyalCoinのICOではNEM(XEM)でのトークン交換も受け付けています(現在はNEMのみ?)。

 

LoyalCoinの購入方法

執筆現在(2018年1月16日)ロイヤルコインのトークンセールが開催されており、
LoyalCoin公式サイトから購入が可能です。

期間は2018年の2月9日まで、
ハードキャップは4,750,000,000 LYLです。

下にちらっと
ミニマムアマウントという単語が見えるのですが・・・

  • 300XEM(約42,000円)から
  • 0.01BTC(約15,000円)から
  • 0.2ETH(約28,000円)から

と、ICOでの最低購入価格が
それぞれの通貨ごとに設定されている(しかも結構ハードル高い)のでご注意ください。

またPreICOではイーサウォレットでも受け取れたようですが、
NEMのMosaicに完全移行したらしく
一般ICOでの参加にはNEMアドレス(NanoWallet)が必須となります。

 

LoyalCoinトップページ
上部メニューのREGISTERから
ロイヤルコインのトークンセールアカウント作成を開始します。

 

 

 

NanoWalletをお持ちでない方は
こちらの作成も必要になります。

ウォレットファイルや秘密鍵は忘れずにバックアップを取りましょう!

 

ダッシュボードを開くと
それぞれの受け付けアドレスが表示されます。

BTC以外の通貨については、
絶対に取引所から送金を行ってはいけません

MyEthrWalletやNanoWalletから
上にある最低購入価格以上の通貨の送金を行いましょう。

  • 300XEM(約42,000円)から
  • 0.01BTC(約15,000円)から
  • 0.2ETH(約28,000円)から

送金から48時間以内に
REGISTERで設定したNanoWalletアドレスへLYLの送金が行われます。

 

まとめ

OmiseGOやNEMなど
東南アジアも何気にホットなブロックチェーン市場。

ロイヤルコインはNEMとのパートナーシップによって
NEMファンを中心とした日本人ICOユーザーからもなかなか熱い視線が送られています。

割と高めな最低購入価格とNanoWallet準備の手間はネックですが、
NEMがそばにいる安心感という点では
なかなか魅力的なICOではないでしょうか?

 

 

LoyalCoinのトークンセール参加は
こちらからどうぞ!

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-ICO

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.