Bitcoin(ビットコイン/BTC)

【法人での資産運用】GMO Z.comコインでの、法人口座を開設できるのか、調べてみた

GMOコイン(旧GMO Z.comコイン)で法人口座開設、
アカウント登録ができるのかを調査しました。

 

私は法人で仮想通貨を運用しているので、
開設にあたりしっかりと調査しましたので、
レポートいたします。

法人での仮想通貨運用のメリットを、ざっとおさらい

損失を出した時の損金算入、
利益が出たときは、法人側の赤字との相殺など、
個人よりもかなりメリットが出せる
法人での運用。

個人に比べて
かなりメリットがあります。

 

今年は仮想元年と言われ、
仮想通貨全体が大きく値上りしました。

この流れで
かなり儲けた方も多いようですが、
個人運用だと、
仮想通貨の運用益は雑収入となり所得税の対象。

『儲けたビットコインを、円に買えたら、
税金が発生する…』

ジレンマに襲われているようです。

日本円に買えると
半分税金でもっていかれる方もいるようなので、
ビットコインが半値に暴落するようなもの。
難しい判断ですね。

 

これが、
法人だと本業の赤字と相殺できるので、
多少いろいろと融通が効きます。

法人口座を開設できる、日本の取引所

仮想通貨取引所の多くは、
『法人口座の開設・売買』が可能です。

私が実際に法人口座を開設して、
資産を運用している取引所は下記のとおりです。

 

口座開設時には、

  1. 登記簿謄本など法人の書類
  2. 代表個人の本人確認書類

を提出して口座開設できました。

 

そして、

本題のGMOは、と言いますと…

GMOコインは、法人口座・法人アカウントはつくれるのか

結論から言うと、

法人口座は
開設できない。

です。

 

これは、
GMOコインの公式サイトでも
明記されています。

法人は口座開設できますか?

現在、法人様の口座開設は受け付けておりません。

引用:GMO Z.comコイン サポート

私のように、
法人の資産を運用したいニーズも多いでしょうに、
GMOほどの大手が対応しないことは
不思議です。

 

法人の方がまとまったお金が集まりそうなので、
GMO運営としてもメリットが多そうですが。

 

ただ、
GMOコインは、
2017年5月31日に開設したばかりなので、
落ち着いたタイミングで展開するのかもしれません。

グループサービスのGMOクリック証券は、
法人での口座開設が可能ですからね。。

 

 

、、、とはいえ、

 

どうなるかわからないので、
待ってられないですよね。

 

ではどうすればよいか。

法人登録でないと、いけないのか

代表の個人として登録し、
立て替え払いとして処理すれば良さそうですが
いかがでしょう。

アカウントが個人でも恐らく
経理処理の方法によって
合法的に問題なく処理できるように思います。

 

私は実際、
『POLONIEX(ポロニエックス)』という
海外の取引所にも口座を開設しています。
日本語対応していなくて、よくわからなかったので、
個人で登録してトレード中。

 

また、
国内だと『Mr,Ripple』なんかも、
法人の口座開設の案内がありません。
(現在、個人で口座開設中)

経理や節税面での影響

前述のように、
個人アカウントであっても
経理処理で法人の損金にできるかと思います。

もしかすると、
これは税理士によって見解が変わるかもしれませんので、
気になる方は、
顧問税理士さんに相談してみるのがオススメ。

 

どうしても、

『きちんと、法人登録で仮想通貨を運用したい!』

という方は、
GMOコインではなく、
下記の3取引所をオススメします。
いずれも国内老舗の有名所です。

 

まとめ

法人口座の件以外にも、
まだまだサービス開始
GMOコイン

今後の
サービスの充実に期待したいところです。

 

 

GMOコイン公式サイトはこちら

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です