Bitcoin(ビットコイン/BTC)

【手数料まとめ】GMOコイン(旧Z.comコイン)の、手数料を解説つきでまとめます。

大企業の取引所参戦ということで
新参から老練まで

様々な仮想通貨ファンから注目を浴びている
GMOコイン(旧GMO Z.comコイン)取引所。

ある意味
新興勢力とも呼べる
大型取引所の

様々な手数料を、

 

わかる限り分解して、
ぱぱっと確認できるように
整理しました。

 

 

公式サイトに掲載されていない、

 

『隠れ手数料』

 

についてもお伝えします。

 

また、
情報ソースは、
GMOコインの公式サイト
手数料ページより引用しての
解説となります。

 

それでは、

 

ひとつずつ
見ていきましょう。

 

GMOコインが公開している手数料

アカウント作成手数料

無料

 

口座開設の初期費用・
イニシャルコストですね。

証券口座やFXなどと同じく、
基本的にはずっと無料でしょう。

 

アカウント維持手数料

無料

 

口座を保有しているだけでかかる、
ランニングコスト。
家賃みたいなものでしょうか。
これも他の金融商品と同じく
今後も無料維持でしょう。

 

入出金手数料もろもろ

現時点(2017年6月1日時点)では
ビットコインのみの取り扱いですが

将来的に

取引する仮想通貨の種類により
さまざま異なるのではないかと思われます。

 

 

日本円入金手数料

即時入金=無料
振込入金=無料(振込み手数料はお客様負担)

 

当然といえば当然なのですが
お手持ちの銀行口座から
アカウントへ入金する際に掛かる手数料は
ユーザー側の負担となります。

 

ビットコイン入金手数料

無料(マイナーへの支払い手数料はお客様負担)

 

ビットコインを
他社の口座や
ウォレットから受け取る手数料。

ビットコインのお約束だと思ってください。

金額は取引価格によって変動し
一定の金額(0.01BTC)以上等、
いくつかの条件を満たすと手数料が無料になったりするのが特徴。

通常の少額の取引では、
約0.0001BTC(1BTC=300000円換算で300円)が必要となります。

 

日本円出金手数料

無料

 

ビットコイン出金手数料

コチラも無料です。

 

上記ビットコイン入金手数料にもあるとおり
お手持ちの他口座やウォレットでコインを受け取る際には
入金手数料が掛かりますのでご注意ください。

 

 

 

ちなみに、
無料&無料とは言っていますが、
『隠れ手数料』も存在します。

後述します。

ビットコイン取引手数料

無料

 

いわゆる
手数料として明示される金額としては無料です。

 

 

FXなど一部特殊・上級者向け手数料は
のぞいていますので知りたい方は、公式サイトへ。

 

見えない手数料、スプレッド

基本的にいろいろと無料だったり
安さをウリにしている取引所が多いので、
取引が初めての方の中には
「運営はこんなお金でどうやって取引所を切り盛りするんだろう?」
と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

取引所は
ユーザーがコインを売り買いする際に発生する
スプレッドで利益を得ているのです。

 

このスプレッドは
基本的に取引所のブラックボックスなので
なんとも言えませんが

取引所や
取引の状況によって
スプレッドが狭かったり(手数料=安い)

逆に

かなり大きかったりする(手数料=高い)
変動的な手数料です。

 

「手持ちのビットコインを全額売って、この伸びているイーサリアムを買おう!」

こんなときは
スプレッド分から負けスタート(資産マイナス10%もザラ)なので

コイン売買の際は
このスプレッドにも注意するようにしましょう。

まとめ

大手ネットワークインフラ企業、
GMOの取引所参入について

今のところは
仮想通貨の初心者や
小額取引のライトユーザーにやさしい設計のような印象があります。

 

イーサリアムといった
アルトコインの取り扱い開始も控えており
スプレッドはまだ未知数ですが、

新規ユーザーが
気軽に遊べるような
これからの発展に期待したいですね!

 

GMOコインの口座開設はこちら(無料)

 

 

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です