仮想通貨

トークン?仮想通貨とトークンの違いを解説します。

マスコミの報道が増えて露出が上がった為か
仮想通貨、主にビットコインは去年と比べ
その認知度がかなり高まってきましたね。

一方でここ最近、
ニュース番組等を見ていると
トークンという言葉をちらほら聞くことが多くなってきました。

 

 

仮想通貨とトークン、
その違いは初心者にとって分かり難いものではないかと思います。

実際にどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

今回はふたつのブロックチェーン通貨、
仮想通貨とトークンの違いを調べて解説してみたいと思います。

(技術的な知識は浅いため、調べてまとめてみました!)

 

大きく分かれる、二つの仮想通貨

仮想通貨とは?

仮想通貨(カレンシー)と呼ばれるものは、
厳密には、ブロックチェーンとP2Pという
2つの技術を実装している通貨を指すようです。

 

ブロックチェーン(分散型台帳)

ブロックチェーンには初めてのマイニング、
つまり最初に取引が行われたときから、
今現在までの取引が記録されています。

 

さらに、
インターネット上でトランザクション(送金処理)が公開されているため、
誰でも取引履歴を閲覧をすることが可能であり、

通貨の持つ取引情報は、そのクローンをブロックチェーン上にたくさん置くことで、
ハッキングや抜き取りといった不正、
外部からの攻撃にも非常に強いという特性をもっています。

 

つまりブロックチェーンを一言で言い表すと
「みんながネット上で閲覧できる防御力の高い台帳」です。

 

P2Pネットワーク

P2P(Peer to Peer)というのは、
サーバーを介さずにデバイス同士で直接繋がる通信方式であり、
従来の『クライアントサーバーシステム』(デバイスでサーバーへ直接繋ぐシステム)とは異なります。

 

その結果、
仮想通貨にはアクセス集中によるサーバーダウンや
処理スピードの減速が起こりにくい、という特徴を持っているのです。

 

トークンとは?

トークンというのは、
広義の意味で記念品、引換券、代用貨幣などを表す、英単語です。

これらの意味の中で、
仮想通貨と関係があるものが代用貨幣となります。

 

 

多くの場合でトークンとは、
主に企業が、ある事業を新しく立ち上げるにあたり、
資金供給のために発行されるものです。

これをICO(initial Coin Offering)といいます。

企業が発行したトークンを、
出資者がトークンとビットコインなどの仮想通貨と交換、
その後企業側は、トークンと交換した仮想通貨を売却することで資金を得る事ができます。

 

 

このトークンを発行する際、
企業側は株式のように自由に発行制御を行うことができます。

株式と違うポイントとして、
証券会社を通さずに自社で発行、管理できるため、
コストの軽減につながるといったいくつものメリットがあります。

 

仮想通貨とトークンの違い

では、
仮想通貨とトークンはどう違うのでしょうか?

 

仮想通貨というのは、
ビットコインやイーサリアムに限らず、
独自のプラットフォームというものを形成しており、

 

この自立して発行、循環できる通貨こそ、
『仮想通貨』を名乗ることができます。

 

 

一方、トークンというのは、
ビットコインやイーサリアムなどのプラットフォームを借りて作った通貨のことです。

なので、独自のブロックチェーンも
P2Pネットワークも持ちません。

 

いうならば、トークンというのは、
『仮想通貨というプラットフォームを間借りしてできた貨幣』と考えてもよいでしょう。

 

代表的な仮想通貨5選

coin cupというサイトで現在、
時価総額上位トップ5の仮想通貨を簡単に紹介してみます。

  • ビットコイン:ブロックチェーンとP2P技術を備える、現在時価総額1位で最も有名な仮想通貨です。
  • イーサリアム:ビットコインに次ぐ知名度と時価総額が高く、スマートコントラクトという『取引条件』と『契約内容』をブロックチェーン内に書き込むことができる仮想通貨です。
  • ビットコインキャッシュ:2017年夏、ビットコインと分裂してできたコインです。
  • リップル:Ripple INC が作った仮想通貨でGoogleが出資した会社で有名です。
  • ライトコイン:ビットコインの次に作られた仮想通貨で、ビットコインの欠点である決済を強化するために作られたコインです。

↑これらの銘柄はコインチェックにて購入ができます。

日本で購入できるトークン5選

次は日本で購入できるトークンを5つ紹介していきます。

  • ZAIF(ザイフトークン)株式会社Zaifを運営しているZAIFが発行しているトークンです。COMSAとの関係性から一時、1週間で25倍も価格上昇し大相場をつくりました。
  • XCP(カウンタートークン)XCPを消費することで、独自でトークンを作成することのできるトークンです。
  • PEPECASH(ぺぺキャッシュ)ウォレットを持つことで、自身で管理することができる、トレーディングカードのようなトークンです。
  • SJCX(ストレージコインエックス)カウンターパーティーからイーサリアムへ移行するという期待感から価格が上昇しました。
  • NCXC(ネクスコイン)株式会社フィスコの子会社である株式会社ネクスグループが発行するコインです。

なお、上記の5銘柄につきましてはZaifで購入が可能です。

 

PEPECASHについての記事も合わせてどうぞ!

あわせて読みたい
【買い方】PEPECASH(ぺぺキャッシュ)の買い方・購入方法&手順を解説します。2017/10/17追記:気持ち良いほど瞬間的に値上がりしましたね!夏前くらいに見られたトークン高騰と沈静化を思い出させてくれます。 ...

 

まとめ

日本においてトークンの存在は
まだまだ知られていないというのが実情です。

 

しかし、日本ではCOMSAという
ICOを開催するためのICOも期待されており、

これをきっかけに日本でも、
トークンの認知が広まるのではないかなと思っています。

 

オンライン麻雀の点棒が
トークンに変わる日も近いかもしれませんね!

 

 

トークンを取り扱うZaif取引所はコチラからどうぞ!

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です