※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

Bitcoin(ビットコイン/BTC) coincheck(コインチェック)

【satoshi】かつてコインチェックのチャットに定期的に出没していたサトシとは?一体何者なのか調べてみました

更新日:

よい子も寝静まった午前0時ごろ。コインチェックのチャットが『サトシ』『satoshi』の名で埋め尽くされていた時期がありました。そんなユーザーが愛してやまないサトシとは一体何者なのか?2017年8月以降にコインチェックを登録された方に、サトシさんについてご説明してみたいと思います。

仮想通貨の創造主=サトシ

仮想通貨界隈におけるサトシ、Satoshiとは
おおよそナカモトサトシ中本哲史)という名の人物を指します。

 

 

諸説ありますが
中本氏はビットコインの技術論文を発表した人物とされており、
ビットコインの生みの親(開発者)というよりも

約40億年前、原始の海で突然生命が誕生したかのごとく、
仮想通貨という概念を作り上げた
仮想通貨の創造主のような存在として認知されているのです。

 

 

カタカナ表記の氏名や推測での文章が多いのは、
彼の詳細が不明なためであり、

容姿も公表されていなければ、
日本人なのかも懐疑的に扱われている
まさに謎の人物なのです。

 

 

サトシ氏はビットコインを100万枚ほど所持しているとされており、
その金額は1BTC40万円換算で約4000億円とも言われています。

 

 

 

 

ビットコインの単位としてその名を刻むSatoshi

そんな仮想通貨の創造主サトシ氏にビットコイン開発者は敬意を表し、
ビットコインにおける最小単位(0.00000001BTC)は
1Satohiとして規定されることになりました(1Satoshiは1BTC40万円換算で0.004円になります)。

 

ちなみにビットコインの最小単位は1Satoshiですが
546Satoshi以下の数量ではトランザクションが発生せず、
現在ビットコインを送金できる最小金額は約2.2円(1BTC=40万円換算)からということになります。

コインチェックで毎夜開催されていた狂乱のハイパーサトシタイム

現在日本一の取引所となったコインチェックでは
2017年7月31日まで間、
チャットボーナスキャンペーン
が開催されていました。

 

 

 

これは午前0時(1時という説もアリ)を境に
コインチェックに設置されたチャットに書き込みを行うと、

最終的には1書き込みあたりに対して1,000Satoshi、
一日最大30書き込み(30,000Satoshi)まで
無料でビットコインをもらえるキャンペーンが毎晩繰り広げられていたのです

(※キャンペーン初期の頃は先着333名の書き込みで30,000Satoshiもらえる仕様でした)

 

 

タダでビットコインが貰えるということで、
カウントがリセットされる午前0時には
ログインボーナスを求めるネトゲユーザーのようにどこからともなく人が押し寄せ、

約30分から1時間もの間、
チャット欄が『サトシ』や『test』『a』『ふじこ』といった単語で埋め尽くされていたのです。

(※スクリーンショットが無いのが非常に残念です)

 

 

すでに計算された方もいらっしゃるかもしれませんが
30回の最大書き込みで貰える30,000Satoshiは、
当時のビットコインレートで約30円

 

 

ジュースも買えねーじゃねーかw」と突っ込まれていましたが、

単純に30円が欲しい人のほか、
ビッグウェーブに乗るしかないとノリで便乗する人、
純粋にゴッドオブサトシを礼拝する姿、
どさくさ紛れに運営に対してチキンレースを挑む勇者など、

午前0時(念のため1時に再度連打する頭脳派ユーザーも)のコインチェックには
いろいろな思惑が渦巻いていたのです。

 

 

ちなみにこの間のいわゆる会話というものはほぼ不可能であり
チャットボーナスに興味の無い人にとっては避難を余儀なくされる定時でもあったのです。

チャットでボーナスをくれるコインチェックの思惑とは?

運営はなぜ
チャットを行うだけでビットコインが貰えるようなキャンペーンを開催したのでしょうか?

 

 

一見すると
タダでお金をバラまいている行為のようにも思えますよね。

 

 

あくまでも予測ではありますが、
運営はチャットによってコインの購入や売却を判断しているユーザーが一定数は存在すると予測し
売り買いを促すべく(手数料で儲けとなるため)始めた
お客さんがお客さんを呼んでくれるための戦略だと考えられます。

まとめ

謎のベールに包まれたサトシ氏は
仮想通貨という新しい楽しみをユーザーに与えてくれました。

 

 

そんな思いに共鳴するかのごとく
コインチェックでは今でも0~1時頃になると『サトシ』という単語がたまに現れたりします。

8月に入ってチャットボーナスキャンペーンは終了してしまいましたが、
以後に始められサトシという書き込みに疑問に持たれた方は、
そういうことなのかーと捉えていただければ良いかと思います!

 

 

そんなサトシ氏を今いちど崇めたいので、
またチャットボーナスキャンペーンやってくれないかなーと思う今日この頃です。

 

【仮想通貨】コインチェックの始め方、解説してみます

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-Bitcoin(ビットコイン/BTC), coincheck(コインチェック)

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.