その他アルトコイン

【高騰まとめ】ビットゼニー(BitZeny/ZNY)高騰の理由まとめ

投稿日:

ビットゼニーという通貨を
聞いたことはあるでしょうか?

近頃(2017年12月)話題にのぼる
ことも多くなった仮想通貨です。

「第二のモナコイン」とも呼ばれる
ビットゼニーですが、先日価格が高騰しました。

今回は、
その高騰の要因について
解説したいと思います。

ビットゼニーについてざっくりおさらい

国産通貨であるビットゼニーの、
概要と特徴を説明します。

同じく国産通貨である
モナーコインと比較される
ことが多いです。

まずは、
基本データを見てみましょう。

公開日 2014年11月7日
通貨の名前 Bitzeny(ビットゼニー)
ティッカー ZNY
総供給量 2億5000万枚
プレマイン 0
ブロックタイム 90秒
マイニング方式 PoW
マイニング報酬 62.5枚
アルゴリズム Yescrypt
半減期 500,000ブロックごと

ブロックタイムはモナーコインと同じです。

発行枚数はモナーコインより多く、
プレマインもありません。

ビットゼニーは、Yescryptという
珍しいアルゴリズムを採用しています。

ビットゼニーの特徴は、

  • 誰でも簡単にマイニングに参加できる
  • コミュニティーが活発である
  • 関連サービスの数が多い

ことです。

特に、マイニング参加の
ハードルが低い
ことが
ビットゼニーの最大の特徴と
いえるでしょう。

ビットゼニーのマイニングは、
個人PCのCPUで採掘できます。

最近では、
ビットゼニーの人気が増えてきたので、
採掘難易度が上がっている模様です。

ビットゼニー価格高騰まとめ

ここでは、
ビットゼニーの価格高騰を
振り返って見てみましょう。

2017年12月4日から12月6日にかけて
ビットゼニーの価格が高騰しました(6.27円 → 47.86円)

急騰後に一度、
反落していますが、
持ち直しています。

それ以降は、
価格の上がり下がりを繰り返しながら、
一定の価格水準を維持しています。

ここでは、ビットゼニーの
価格が高騰した理由を説明します。

イケダハヤト氏がビットゼニーを紹介した

月間300万PVを集めている
イケダハヤト氏の人気ブログ
「まだ仮想通貨持ってないの?」で
ビットゼニーが紹介されました。

同氏のTwitterは、
117,605人のフォロワーがおり、
影響力も非常に大きいです。

このように、
有名人がポジショントークをすると、
マイナーコインの価格が大きく変動する
可能性があるので、仮想通貨界隈で
発言力の強い人のコメントは
注意して見ておく必要があるでしょう。

急騰したモナコイン保有者からユーザーが流れた

国産通貨である
ビットゼニーとモナーコインは
同じ土俵で語られることが多いです。

12月4日以降、
ビットゼニーと時を同じくして、
モナーコイン価格も急騰していました。

そのため、
モナーコインで利確をした人が、
ビットゼニーに集まりイナゴ買いを
始めた可能性が高いです。

また、
モナーコインの価格が高くなり、
資金力を持たないユーザーが、
より安価なビットゼニーの
購入に踏み切ったこともあるでしょう。

アルトコイン投資している日本人から注目された

ビットコインの価格がかなり高騰していて、
新規参入者が手を出すには
少し心理的障壁がある模様です。

そのため、
ビットコインよりも安く購入できる
アルトコインに注目する人も多いでしょう。

ただ、
国内で取引をすることができる
アルトコインは海外に比べると非常に少ないので、
海外取引所を開設する人も増えています。

そんな中、
国産通貨であるビットゼニーは
日本語の情報も多く、
投資し易い銘柄であるため、
注目を集めた可能性が高いです。

ビットゼニーの今後の上げ材料

ビットゼニーの最大の強みは、
熱心なコミュニティーがあることでしょう。

ぜひ一度、ビットゼニーのフォーラムをご覧ください。
非常に活発です。

BitZenyフォーラム

ビットゼニーを
どうしたらもっと良くできるのか、
有志が集まり、日々議論を進めています。

ネムやモナーコインも、
国内の活発なコミュティーが背後から、
通貨の価値を支えています。

そのような通貨は長期的に見て、
通貨が成長していく傾向があります。

もし、
あなたがビットゼニーホルダーに
なるのであれば、一度コミュニティーに
参加してみることもいいかもしれません。

ビットゼニーの購入方法・取引所

ビットゼニーは、
国内の取引所で、
購入することは出来ません。

そのため、
海外の取引所を
利用することになります。

 

※以下、ツイッターでご意見を頂き調製しました。ありがとうございます!

 

 

 

ビットゼニーを
取扱っている海外取引所は、

  • Crypto Bridge
  • C-CEX(危険な取引所として警戒されているます。詳しくはこちら

です。

詳しくは以下の記事で説明しています。

【買い方】BitZeny(ビットゼニー/ZNY)の買い方について調べてみた

まとめ

以上、

【高騰まとめ】ビットゼニー(BitZeny/ZNY)高騰の理由まとめ

を、お届けしました。

今後の投資判断材料として、
使っていただければと思います。

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(国内3大取引所、アプリ利用者数No1)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-その他アルトコイン

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.