その他アルトコイン

【高騰まとめ】ジーキャッシュ(ZEC/Zcash)高騰の理由まとめ

更新日:

ジーキャッシュ(Zcash)という通貨を
ご存知でしょうか?

「第2のビットコイン」といわれる
ジーキャッシュの特徴と相場を
わかりやすくお届けします。

ジーキャッシュについてざっくりおさらい

ジーキャッシュ(Zcash)は、
2016年10月28日に取引が開始された仮想通貨です。

ジーキャッシュの最大の特徴は
「匿名性が高いこと」です。

モネロ(Monero)やダッシュ(Dash)も
匿名性が高い通貨といわれていますが、
ジーキャッシュが最も匿名性が高いです。

ジーキャッシュの匿名性を支えているのは、
「ゼロ知識証明(zero-knowledge-proof)」と呼ばれる技術です。

ゼロ知識証明とは、
自分が知る秘密の知識の内容を
他の人に知られることなく、
その知識は確かに存在するということを
証明する方法です。

ビットコインの短所として、
アドレスや取引内容、履歴が
世界中に公開されていて、
誰でも閲覧できることがあります。

ジーキャッシュは、
・発行上限は2100万枚
・半減期が4年に一度
・承認方法はPoW
と、ビットコインと
共通点が多い通貨です。

しかし、ゼロ知識証明によって、
取引情報を秘匿にすることができます。

そのため、
ビットコインの弱点を補完する
「第二のビットコイン」と
呼ばれることもあります。

ジーキャッシュ価格高騰まとめ

【高騰①】2017年5月中旬〜6月20日 (1万円 → 4万5千円)

2017年5月22日、
JPモルガンが企業向けセキュリティ「Quorum」に
ジーキャッシュのゼロ知識証明を導入するために、
パートナーシップを結ぶことが発表されました。

米国最大手の銀行が
ジーキャッシュの暗号技術を採用するということで、
世間の注目がジーキャッシュに集まり、
価格が1万円前後からおよそ4万5千円まで高騰しました。

Quorumはイーサリアムベースのブロックチーェンで、
企業向けセキュリティを提供します。

ジーキャッシュと提携することで、
セキュリティを強化する狙いがあります。

このように、
企業と提携するニュースは
仮想通貨では値上がりの大きな要因となる
ことが多いためアンテナを貼っておくと良いでしょう。

【高騰②】2017年8月下旬 (2万5千円 → 3万4千円)

2017年8月25日、
ジーキャッシュ開発者が
ビットコインとジーキャッシュの
クロスチェーン・アトミックスワップ(Cross-Chain Atomic Swaps)の
デモンストレーションをライブ中継しました。

クロスチェーン・アトミックスワップとは、
第三者(取引所等)の仲介を必要とせず、
異なる通貨間の取引をユーザー間のみで
完結させる仕組みのことです。

これによって、
取引のスピードが早くなるだけではなく、
不正取引のリスクを減らすことができます。

クロスチェーン・アトミックスワップは、
非常に注目度の高いトピックですので、
この技術に可能性を感じた投資家が
ジーキャッシュの価格を押し上げた可能性は高いです。

【高騰③】2017年9月下旬 (1万9千円 → 3万4千円)

2017年9月27日、
韓国最大の取引所Bithumb(ビッサム)に
ジーキャッシュが上場することがわかりました。

ビッサムの取引量は韓国で最も多く、
この上場は大きなニュースになりました。

2017年8月28日にモネロ(Monero)が
ビッサムに上場した際にも
価格が約3倍となる高騰をみせましたので、
ビッサム上場が大きな上げ材料になったことは
間違いありません。

大手取引所への上場ニュースは
必ずと言っていいほど、
相場を押し上げますので、
注目したいところです。

【高騰④】2017年11月上旬〜11月下旬 (2万4千円 → 4万円)

この時期にジーキャッシュが高騰した理由は2点考えられます。

1点目は2017年11月9日に、
Grayscale Investmentsがジーキャッシュ投資信託を
ローンチしたことです。

Grayscale Investmentsは、
仮想通貨投資の専門機関であり、
ビットコイン投資信託と
イーサリアムクラシック投資信託も
取り扱っています。

2点目は2017年11月12日に、
中国(香港)の取引所であるOKEx(オーケーイーエックス)に
ジーキャッシュが上場することが発表されたことです。

OKExは中国三大取引所の一つですので、
恐らくこちらが本命の上げ要因でしょう。

ジーキャッシュのここに注目

ジーキャッシュの匿名技術は、
JPモルガンと提携するほど優れた技術ですので、
今後も大きな優位性になることは間違いないです。

また、
ジーキャッシュの開発チームは、
なかなかアクティブで、
日々アップデートが行われているので、
仕様の改良が期待できます。

ジーキャッシュの懸念点は、
他の匿名性を売りにした通貨と同様に、
ダークマーケットで使われるなど、
犯罪に利用される恐れがあることです。

そのため、
政府機関による規制が
突然発表される可能性もありますので、
リスクは理解しておく必要があるでしょう。

ジーキャッシュの購入方法・取引所

ジーキャッシュは、
コインチェックで簡単に
購入することができます。

コインチェックは、
出川哲朗出演のTVCMが放映されるなど、
知名度が高く、安心の取引所ですので、
ぜひこの機会に登録しましょう。

[コインチェックに登録]

コインチェックについては、
以下の記事で徹底開設してあります!

【完全版】コインチェックとは。概要から売買、使い方や評判まで網羅してガイドします

まとめ

以上、

【高騰まとめ】ジーキャッシュ(ZEC/Zcash)高騰の理由まとめ

を、お届けしました。

匿名通貨の大御所ジーキャッシュの
今後の動きに注目しましょう。

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(国内3大取引所、アプリ利用者数No1)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-その他アルトコイン

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.