その他の取引所

【取扱通貨】ビットトレードで取引きできるアルトコイン・取扱い銘柄を解説します

この記事では、
ビットトレードで取引できる
仮想通貨の銘柄について、
解説しています。

これを読めば、
それぞれの通貨の特性を踏まえた上で、
賢い取引を行うことができるでしょう。

ビットトレード(BitTrade)の取扱い通貨銘柄一覧

 

ここでは、
ビットトレードで取引できる
仮想通貨の銘柄について、
概要を説明していきます。

なお、
ビットトレードで取引可能な通貨は
すべて、「入出金」することができます。

ビットコイン

ビットコインは、
世界初の仮想通貨であり、
時価総額は第一位です。

ビットコインを支えている技術を、
ブロックチェーンといいます。

ブロックチェーンとは、
ざっくり言えば、
分散台帳を実現する技術」です。

つまり、
ビットコインの
取引データのコピーが、
世界中に存在しています。

 

ビットコインは、
どのように使われているのでしょうか?

大きく分けて、
その用途は、3つあります。

まず、「送金」です。

ビットコインを使えば、
銀行を通さずに、
お金のやり取りを
個人間で行うことができます。

そのため、
手数料は格安です。

 

次に、
「決済」にもビットコインは
使われています。

ビットコイン決済を
採用している店舗で、
代金の支払いを
行うことができます。

便利な仕組みですが、
使える店舗数の増加が
今後の課題です。

 

そして最後は、
「投資」対象としての
ビットコインです。

ビットコインの価格は、
上げ下げを繰り返しながらも、
順調に値上がりしており、
2017年11月現在、
80万円を超えています。

このビットコインの
価格変動を利用して、
利益を出すために、
多くの投資家が
ビットコインを
売買しています。

そのため、
ビットコインは現時点では、
その実用性よりも、
「投資」対象としての価値が
注目されています

イーサリアム

イーサリアムは、
時価総額第二位の
仮想通貨です。

イーサリアムのブロックチェーンは、
柔軟性があり、その柔軟性を利用した
使われ方をしています。

例えば、
スマートコントラクト」は
顕著な例です。

これは、
イーサリアムのブロックチェーンに
取引データだけではなく
契約の情報を付随することで、
第三者機関の保証を通さずに、
当事者間で契約を
執行することができる仕組みです。

改ざんなどの不正が起きにくい
ブロックチェーンの特徴を
うまく利用した例となっています。

リップル

ビットコインは、
ブロックチェーン参加者による
ネットワークによって
運営されているため、
中央体が存在しないことが特徴です。

それに対しリップルは、
中央体となる組織が存在します

それが、
”Ripple Labs.,Inc”(リップル社)です。

同社は、
発行されているリップルの
約63%を所有しています。

リップルは、
ゲートウェイという
Rippleネットワークの銀行を
経由することで、
高速かつ安価に
送金を行うことができます。

その速度は、
ビットコインを遥かに上回ります。

この技術は、
大手銀行などにも採用されており、
今後の成長が期待されています。

ライトコイン

ライトコインは、
チャーリー・リーという人物によって
開発されました。

彼は、
「ビットコインが金ならライトコインは銀を目指す」
と発言しています。

つまり、
ライトコインを
通貨として日常利用することを
目的にしています。

ライトコインは、
ビットコインよりも
取引速度が早く(約1/4)、
実用性という面では、
ビットコインよりも優れている
可能性があります。

モナーコイン

モナーコインは、
日本発の仮想通貨です。

クリエイターに投げ銭をするように、
ニコニコ動画などのサービスで
投げMONA」を行い、
チップを送金するといった
使われ方もされています。

2017年10月中旬には、
一時期750円を超える価格(前月比約13倍)
をつけたことからも、
今後の成長が
期待されている通貨です。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、
ビットコインが分裂したことによって
生まれた通貨です。

その背景には、
「スケーラビリティ問題(取引量の増加による取引の遅延)」の対応策が
関係者間で対立したという事情があります。

特徴は、
ビットコインと比べて
大きな違いがあるわけではありませんが、
取引ブロックの拡大やセキュリティ強化などが
行われています。

ビットトレード(BitTrade)で使える、法定通貨

ビットトレード
使うことができる法定通貨は、
日本円のみです。

ドルやユーロで
取引をすることはできません。

まとめ

以上、

【取扱通貨】ビットトレードで取引きできるアルトコイン・取扱い銘柄を解説します

を、お届けしました。

 

 

国内の取引所では
リップルやMONAを取り扱う貴重な取引所のひとつですので
コインチェックやZaif、ビットバンクの避難所としても機能しそうですね!

 

 

ビットトレードへの登録は、

ビットコイン・仮想通貨取引所|BitTradeでどうぞ。

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です