その他の取引所

【取扱通貨】みんなのビットコインの、アルトコイン・取扱い銘柄を解説します

この記事は、
「みんなのビットコインで取引きを始める前に、
各通貨ごとの特徴を知りたい!!」
という方を対象に、
取扱い銘柄の解説をします。

みんなのビットコインの取扱い通貨銘柄一覧

この章では、
みんなのビットコイン
取扱い通貨銘柄の概要について、
それぞれ説明します。

なお、
全ての取扱い通貨が
入出金可能となります。

ビットコイン

ビットコインは、2008年10月に、
Satoshi Nakamotoと名乗る人物が
インターネット上に投稿した論文によって、
提唱されました。

そして、
その論文を読んだ有志により
開発が進められ、
ビットコインが誕生しました。

ビットコインは、
送金や決済といった実用性もありますが、
注目を集めている理由は、
ボラティリティ(価格変動性)の
大きさに注目した
投資マネーの流入
です。

ビットコインは、
2017年11月現在、
1BTCあたり80万円以上の
価格をつけており、
急激に値上がりをしています。

この傾向が
どこまで続くかは
わかりませんが、
投資対象として
魅力的であることに
変わりはありません。

初心者の方は、
とりあえずビットコインを
購入することから
始めてもいいかもしれません。

イーサリアム

イーサリアムは、
ビットコインに次いで、
時価総額第二位の
仮想通貨です。

ビットコイン以外の通貨を
アルトコインと呼ぶのですが、
イーサリアムはアルトコインの筆頭です。

イーサリアムは
スマートコントラクト」という仕組みによって、
注目されています。

スマートコントラクトは、
イーサリアムを利用することで、
第三者機関の保証なしに
当事者間で契約を
自動執行できるようにする
仕組みです。

これにより、
ムダを省いた
まさにスマートな契約を
行うことができます。

イーサリアムの値動きは
比較的安定しているので、
堅実な投資をしたい方は、
イーサリアムを購入してみるのも
いいかもしれません。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、
2017年8月1日に、
ビットコインが分裂して
生まれた仮想通貨です。

ビットコインが分裂した背景には
「スケーラビリティ問題(取引量の増加による取り引き速度の遅延)」への対応を巡って、
関係者間で対立が生まれたことに端を発します。

機能的には、
ビットコインと大きな違いは
ありませんが、

ビットコインと比べると、
利害関係者の数が少ないため、
ビットコインのように
大きく値を上げるかどうかは疑問です。

みんなのビットコインで使える、法定通貨

みんなのビットコインは、
日本円のほかに、
次の法定通貨を
使うことができます。

  • 米ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • 豪ドル(AUD)
  • シンガポールドル(SGD)
  • 香港ドル
  • 人民元(CNY)
  • インドネシアルピア(IDR)
  • フィリピンペソ(PHP)
  • インドルピー(INR)

 

まとめ

以上、

【取扱通貨】みんなのビットコインの、アルトコイン・取扱い銘柄を解説します

を、お届けしました。

 

 

取り扱う仮想通貨は基本的なものばかりですが、
避難所にしたり、
トレード専用の取引所として利用するのもひとつの選択かもしれませんね!

 

 

みんなのビットコインへは、
世界を変えるコイン| みんなのビットコイン – 安心の国内取引所からどうぞ。

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です