その他アルトコイン

【高騰まとめ】ALIS(アリス)高騰の理由まとめ

更新日:

日本発のICOを成功させ
華々しいデビューを飾ったALIS。

サービスのローンチはまだまだ先ですが、
これまで幾度か価格を高騰させてきました。

今回はその背景について
言及したいと思います。

ALISについてざっくりおさらい

ALISは、
3名の日本人からスタートしたプロジェクトで、
ブロックチェーン技術を利用した
ソーシャルメディアです。

良質なコンテンツを投稿した人、
また、探し出した人に、
より多くのALISトークンが
配布される仕組みです。

これにより、
ユーザーは量産されるWEB広告に
うんざりすることなく、
良質な記事を見つけることが
できるようになります。

この仕組みは、
海外のSteemitを元に、
構想されました。

ALISのICOは、
「2017年9月1日11:00〜9月29日10:59」に行われ、
4375人の参加者から、
約4.3億円の資金を集めました。

なおICOとは、
独自発行するトークンを使って
資金を調達する方法です。

ALISのトークンセールが終了した
9月29日、都内にて「ALIS感謝祭」が催され、
その中でコインエクスチェンジ(CoinExchange)に
上場することが明らかになりました。

さらに、
10月11日には、
ニュージーランドの取引所
クリプトピア(CRYPTOPIA)にも
上場することが発表されました。

順調な滑り出しを見せているALISの
今後の予定は、2018年4月にβ版をローンチ、
そして2018年10月に
正式サービスがスタートします。

ALIS価格高騰まとめ

ALISのICOの価格は、

  • WEEK1:2900 ALIS = 1 ETH
  • WEEK2:2600 ALIS = 1 ETH
  • WEEK3:2300 ALIS = 1 ETH
  • WEEK4:2000 ALIS = 1 ETH

でした。

WEEK1:2900 ALIS = 1ETHでは、
1 ALISあたり約10円です。

ALISのCoinExchange上場直後の価格は、
0.00065ETH(当時のレートで約20円)
だったため、この時点ですでに2倍です。

そこから、
現在(2017年11月末)に至るまで、
2回の価格高騰があったことが、
チャートからわかります(BTC建て)。

これから、
2回の高騰が起こった背景を
明らかにしようと思います。

【高騰①】2017年10月19日(約57円)

2017年10月19日にALISは、
高値0.00009997BTC(当時のレートで約57円)を
つけました。

このALISの高騰には、
取引所「YObit(ヨービット)」への上場が、
10月18日に行われたことと関係があるでしょう。

YObit(ヨービット)は海外の
運営元不明の取引所です。

それなりに知名度のある取引所ですので、
名前を聞いたことがある人は多いかもしれません。

YObit(ヨービット)の特徴は、
草コインを大量に扱っていることです。

草コインとは、
現時点では、ほとんど価値のない
コインの総称です。

まれに、
大手取引所に上場するなどして、
価格を高騰するコインもみられます。

【高騰②】2017年11月16日(約99.5円)

2017年11月中旬に向けて
ALIS価格がじわじわと上昇している
様子がわかると思います。

なぜこのような値上がりが
起こったのでしょうか?

それは、
ALISのBurn(バーン)が2017年11/17日に
行われると発表されていたから
です。

Burn(バーン)とは、
市場にある通貨を削除することで、
通貨の価値を保つ作業です。

つまり、ALISチームは、
ICOで売れ残ったトークンを
メンバー保有せずに、
Burn(バーン)することで、
投資家の持つトークン価値を
高める戦略をとったのです。

これによって、
ALISトークンの価値が、
上昇すると見込んだ投機マネーが、
ALISに流れ込み、価格の高騰が
起こりました。

ALISの上げ材料

運営に透明性がある

ALISはTwitter(@ALIS_media)上で、
積極的に情報発信をしていて、
毎日の活動報告もしています。

さらに、
日々のタスクリストまで
公開しています。

進捗が不明確なプロジェクトも多い中で、
ALISの運営は透明性があり、信頼できます。

このような真摯な態度は、
長期的にファンを増やしていく
材料となるでしょう。

日本人が中心

ALISは日本発の本格的ICOとして、
大きな注目を集めました。

情報発信も日本語で行われることも多く、
日本人にとっては、やりやすいでしょう。

さらに、
モナーコインなどもそうですが、
国内産のプロジェクトは、
愛着が湧きやすく、応援したい気持ちになりますよね。

国内取引所への上場に期待

日本発のトークンとしてALISが、
日本の大手取引所に上場するチャンスはあります。

もし、
コインチェックやZaifなどで、
ALISトークンが扱われるようになれば、
価格も高騰する可能性が高いでしょう。

それほど、
ジャパンマネーの力は、
仮想通貨市場において、
大きな力を持っています。

日本の取引所で上場する前に、
ALISトークンを保有しておくと
良いかもしれません。

ALISの購入方法・取引所

ALISトークンは国内の取引所では、
扱われていないため、購入には、
海外の取引所を利用する必要があります。

ALISが上場している取引所は、

  • CoinExchange(コインエクスチェンジ)
  • Cryptopia(クリプトピア)
  • YoBit(ヨービット)
  • EtherDelta(イーサデルタ)

です。

この中で、
ALISトークンの取引量が
一番多いのはCryptopia(クリプトピア)です。

特に理由がなければ、
Cryptopia(クリプトピア)で、
取引することを推奨します。

Cryptopia公式

まとめ

以上、

【高騰まとめ】ALIS(アリス)高騰の理由まとめ

を、お届けしました。

調べれば調べるほど、
ALISプロジェクトの魅力が
わかってきました。

今のうちに購入しておこうかな。

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-その他アルトコイン

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.