Bitcoin(ビットコイン/BTC)

ビットコインは怪しい!騙されない為の、たった3つの真実。わかりやすくまとめてみた。

『ビットコインは、怪しい!危険!』

それは正常な
感覚だと思います。

しかし、
世の中の動きをみると、
その感情が『少しだけ』変化するかもしれません。

 

1分で、
その理由をいっしょに
見ていきましょう。

※ビットコインを中心とした、その他を含む『仮想通貨の怪しさ』についてまとめます。

大手・有名企業・上場企業が続々と参入を表明

ビックカメラで、買い物できる

大手家電量販店の、
ビックカメラのお店で、決済方法として使えます。
2017年4月7日から。

冷蔵庫やテレビ、
掃除機などの家電を、
ビットコインで買うことができます。

↑をタップで再生できます。

ビックカメラ “ビットコイン”決済導入
引用:日テレNEWS24

なぜビットコインで
家電を買えるようにしたかの理由は、

『訪日中国人』にとって便利だから。

 

ビットコインは、
電子マネー『SUICA(スイカ)』などと似たようなもの。

 

ですので、
中国のお金を、日本のお金に買えることなく、
買い物できるのは便利なワケです。

ピーチ(LCC:格安航空)で、飛行機に乗れる

2017年5月22日のニュース。

日本でも有名な、
ピーチ・アビエーションの航空券を、
ビットコインで購入できます。

LCCピーチ、ビットコイン導入へ 訪日客の利用拡大

引用:朝日新聞デジタル

こちらも、
中国やアジアの訪日観光客増加に向け、
利便性を向上したとのことでした。

トヨタ自動車が、連合に参加

日本を代表する
世界のトヨタです。

これは、
『次のビットコイン』と呼ばれる『イーサリアム』活用に共同で取り組む、
世界の企業連合に、
参加したいうお話で、2017年5月22日のお話です。

トヨタも新たに参加-ブロックチェーン技術「イーサリアム」企業連合

引用:ブルームバーグ

トヨタの他にも、
パソコンのチップで有名なインテル、
Windowsやエクセル・ワードで有名なマイクロソフトなど、
世界の有名企業が参加しています。

引用:エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)

ビットコインやイーサリアムなど、
仮想通貨の裏側を支える主な技術、
『ブロックチェーン』は、

『Ai(人工知能)』とならび、
今、最も注目される技術のひとつです。

 

トヨタほどの企業が、
怪しいだけのビットコイン・仮想通貨に手を出すでしょうか。

Googleが出資

検索サービスや、
GoogleMAP、
スマートフォン(Android)でお馴染みの、

世界の
Google

 

 

Googleが出資したリップルの仮想通貨「XRP」、アット東京が日本初のValidator運営事業者に

引用:ビジネスプラスIT

この大企業も、
ビットコインに近い仮想通貨、

『リップル』に、
出資しています。

(厳密には、リップルの通貨(XRP)などを管理する運営会社)

 

三菱東京UFJ銀行が、独自の仮想通貨

日本で最も大きな銀行のひとつ、
メガバンクである『三菱東京UFJ銀行』。

こちらでは、
ビットコインではない独自の仮想通貨『MUFGコイン』を試験開始。

独自の仮想通貨、三菱UFJ銀が実験へ まず行員から

引用:朝日新聞デジタル

世界ではじめて、
銀行として独自の仮想通貨開発に乗り出しています。

SBIや、GMO、マネックス証券など、金融系企業も続々と参加を準備中

SBIといえば、
SBI証券や、SBI銀行など、
幅広く金融サービスを展開する
SBIホールディングス(東証一部上場企業)、

仮想通貨、運用しやすく SBIなど10社超が参入

引用:日経新聞

これらの会社や、
他の有名金融会社も、
仮想通貨事業への参入を表明、準備を進めています。

使える場所は、20,000店舗へ

ビットコインで
食事をしたり、宿泊費を払ったりできるお店は、
2017/05/26の執筆時点でも6000店舗は超えていると
言われています。

個人経営の旅館なども、
気軽に決済方法として導入でき、
外国人相手に喜ばれるからですね。

 

そして、
2017年中には、
20,000箇所へ拡大の見通しとのこと。

ビットコイン対応店舗、国内2万カ所へ急拡大 17年中にも

引用:日本経済新聞

年末ごろには、
とくに都内や外国人観光スポットでは、
ビットコイン決済のできるお店や、
『ビットコイン使えます!』ののぼりが増えることでしょう。

テレビで、頻繁に放送されるようになった(CM&池上彰さん開設)

池上彰さんが、わかりやすい解説をはじめた

わかりやすい解説、
『いい質問ですね』でお馴染みの
池上彰(いけがみあきら)さんが、

テレビ朝日の番組で、
『仮想通貨とは』について
やさしく解説されました。

↑タップして再生してご覧ください。

 

日本を代表する解説者・キャスターである
池上彰さんが解説されているのは、
安心材料ですね。

地上波で、CMが流れはじめた

ビットコインを購入できる場所として、
日本で最も信用ある会社といわれている、
bitFlyer(ビットフライヤー)。

この会社が、
日本ではじめて、
仮想通貨企業として
民放・地上波のテレビCMを放映しました。

↑タップして再生できます。

 

日本一の取引量をほこる会社で、
株主は下記のとおり、
社会的に有名な会社ぞろい。

こちらの記事でも
詳しく解説しています。

あわせて読みたい
日本初!bitFlyer(ビットフライヤー)のCMが、地上波で放映。これからの仮想通貨市場を考察仮想通貨元年に ピッタリのコマーシャル CM効果での ビットコインの盛り上がりに期待する 週末投資家、うわ吉です。 ...

法律が整備されてきている

お金や通貨の管轄省庁である、
金融庁が案内を出しています。

 

『銀行法施行令等の一部を改正する政令等』が
2017年4月1日から施工されました。

「銀行法施行令等の一部を改正する政令等(案)」等に対するパブリックコメントの結果等について

引用:金融庁

ここだけ見ても難しいので
わかりやすく一言でいうと、

法律によって、
仮想通貨の事業者登録などにルールをもうけた

 

これはつまり、
実質的に、日本国=法律が、

ルールの中でなら、
仮想通貨を決済方法やサービスに利用してもOK。
通貨として認めますよ。

という認識で良いと私は考えます。

 

金融庁が状況を確認したうえで、
ルール整備に乗り出し、
ひとつずつ環境が整っていることは、
ひとつ、安心材料ではないでしょうか。

まとめ

以上、
おおきく3つの点で、

ビットコインは怪しい!騙されない為の、たった3つの真実。

を整理しました。

 

絶対に安心できる!

ということはもちろん言えませんが、

  • 正体不明
  • 理解できない
  • だから、あやしい!

という認識は
少しは変わったのではないでしょうか。

理解のお役にたてると幸いです。

 

理解が進んだ、
わかりやすかった、
少しはできた方は、

 

ぜひこの記事のシェアを
下記からお願いします。

 

また、
これからビットコインを始める方は、
記事でも紹介した『日本一の流通量・CM放映』で安心の、
bitFlyer(ビットフライヤー)がオススメ。
下記バナーから公式サイトへ移動し、5分ほどで口座解説できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

bitFlyerの評判が気になる方は、
下記記事もおすすめです。

あわせて読みたい
【みんなの評判/口コミ】bitFlyer(ビットフライヤー)は、TVCMやってて日本一の取引量だけど、安心なのか?気になるなら やっぱり大手が 安心だ 長いものに巻かれるタイプの 週末投資家、うわ吉です。 今回は、 ビ...
お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です