仮想通貨

【暴落で稼ぐ!】仮想通貨の『空売り・ショート』を解説します

ここのところ下げ相場が続き、現物の保持だけではつらい状況な仮想通貨界隈。今回はそんな下げ相場を利用して儲けるための運用法、仮想通貨のショート、空売り注文についての解説や利用できる取引所をご紹介してみようと思います。

空売り・ショートについてざっくりとおさらい

下げ相場ほど稼げる取引方法

画像引用:Zaif

外国為替FXなどでもおなじみの空売り・ショートとは、
例えばビットコインFXについては証拠金を担保に借り入れたビットコインを一旦売却し

ビットコイン価格が安くなったときに借り入れたぶんのビットコインを購入して返却(=決済)することで、
その差額を含み益として受け取ることができる仕組みです。

 

空売り対象となる仮想通貨はおもにビットコインですが、
DMM Bitcoin(ビットコイン)では

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • NEM(XEM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

 

Zaifの信用取引では

  • モナコイン(MONA※レバレッジ一倍の信用売りのみ)

といった、ビットコイン以外の通貨でも
取引所によっては空売りを行うことができるため

 

  • ビットコインの価格が読みづらい状況
  • 空売り対象のアルトコインが高騰して今にも反発しそう

といった、空売りの局面を増やすことも可能です。

 

下げ相場ほど利益が発生する空売りの仕組みは
現物の保持だけでは難しい、2017年末以降の市場でかなり有効な取引方法とされており

おもにビットコインの専用板を利用する『ビットコインFX』を筆頭に
各取引所でユーザーによる空売り需要が伸びてきている状況です。

 

多くのビットコインFXではレバレッジが可能

運用額を倍ドン

ビットコインFXは現物を証拠金として拠出し通貨を借り入れる仕組み上、
手持ち現物の数倍量を借り入れて取引を行うレバレッジ機能が標準で用意されています。

 

レバレッジとロスカットの関係

レバレッジ取引がうまくいけば倍数ぶんの含み益が発生する反面、
同じく倍数ぶんの含み損が発生する危険性が潜んでいたり、

拠出した証拠金の維持率変動も比例するため、
高いレバレッジ倍率では長ヒゲ一本で強制ロスカット水準まで一瞬に引きずりこまれたり(俗に『焼く、焼却』と呼ばれます)、
中にはサーバーラグなどで強制ロスカットさえ執行されず、莫大な含み損を抱える危険性が潜んでいることを忘れてはいけません。

 

「最悪、拠出した証拠金がロスカット%までもって行かれるだけ済むじゃん」と思いきや
証拠金を食らい尽くし、さらには保有資産をマイナスにしてくることさえ当たり前だったりします。

 

レバレッジはあまり高くしすぎないように、とは方々で解説されていますが、
その理由は単純に高レバレッジだと大きな金額が動くから危ない、というだけではなく、

低レバレッジであれば瞬間的なヒゲでも証拠金維持率の変動が緩やかなため
強制決済に耐えてくれる、という上記でご説明した状況へ保険的に対応できるという
優れた特性から低レバレッジがオススメされている反面でもあるのです。

 

今後の国内取引所では最大レバレッジが5倍までに制限されるウワサもありますが
国内取引所のビットコインFXはいずれもサーバーラグがひどく、5倍でも危険なレベルです。

瞬間的な注文に耐えるためにも、
2.5倍より大きなレバレッジは選択しないほうが無難でしょう。

 

ZaifのAirFXと信用取引の違い

空売りの仕組みは国内取引所でも各社からサービス提供されておりますが、
ZaifではAirFXのほかに信用取引(信用売り)という項目が存在し
こちらはFX専用ではなく現物の板を利用する取引方法です。

逆をいうとFXは現物と異なる、FX専用の板を用いて取引が行われ

  • 現物板との乖離を是正するポジションであればマイナス手数料
  • 現物板との乖離を助長するポジションであればプラス手数料

といった、
ポジション手数料という独自の手数料を設けることで
現物板とFX板の乖離が小さくなるように市場が動いていきます。

 

仮想通貨の空売りができる取引所

BitMEX(ビットメックス)

BitMEXは香港の仮想通貨FX取引所です。

最大の特徴としては、ビットコインのかわりにXBTという内部通貨を用いて取引ラグを是正する、
言ってしまえばノミ取引の仕組みを応用することで
証拠金以上の含み損が発生しないシステムを実現している点でしょう。

 

これは平気でマイナス資産を突きつけてくるbitFlyerやZaifでは考えられないシステムであり
日本語表記にもある程度対応&KYC(本人確認書類の提出)も必要なく利用できるため、
現在、多くの日本人ビットコインFXプレイヤーがBitMEXへ移行しているのをツイッターなどからも確認できます。

 

難点といえばビットコインの海外送金に伴うリスク、くらいでしょうか。

ZaifやbitFlyerに比べてサーバーも快適であり、
キチンとビットコインFXを行うのであればまず選択すべき筆頭の取引所とも言えます。

 

bitFlyer

LightningFX

おそらく利用者がもっとも多いとされる
国内のビットコインFX取引所として代表的なbitFlyerのLightningFXです。

とはいえ、お世辞にもサーバーが安定しているとは言えないようですね。

最大レバレッジ倍率は15倍ですが、
3倍以上のレバレッジを行うにはアカウントメニューにて銀行口座の承認申請を行う必要があります。

 

取引量が多く板も厚いため
ある程度の上ヒゲにも耐えられる低レバレッジで、
ビットコインFXの入門&練習用として使ってみるのも良いかもしれません。

※国内取引所での高倍率レバレッジは証拠金以上の含み損を抱えるリスクが高すぎるので、くれぐれもご注意ください

 

Zaif

AirFX

Zaif取引所のビットコインFX専用板がAirFXと呼ばれるものです。

最大レバレッジは25倍と膨大ですが
昔からZaifはサーバーが弱い取引所として有名なため、
ご利用の際はあまり多額の証拠金で大きなレバレッジは掛けない方が良いでしょう。

 

信用取引

こちらは現物のBTC取引板を用いて
証拠金取引を行う信用取引です。

ビットコイン信用取引の最大レバレッジは7.77倍と
AirFXよりも低く制限されています。

こちらではビットコインの現物板のほかに
モナコインの現物板でも空売りを行うことができます(ただし一倍レバレッジのみ)。

 

↑はZaifでたびたび出てくる画像ですが
これは信用取引利用者が多いために
Zaif側の貸付残高が不足している場合に表示されるものです。

信用取引はAirFXに比べてZaif側の貸付残高が大きく制限されており、
サーバーラグも相まって肝心なところで注文や変更を受け付けてくれないのが難点でしょう。

めげずに連打すれば注文が通るようになります。

 

信用売りを行う注意点としては
目の前で含み益が消えたり、含み損が膨らまないように
最初の注文段階で『リミット買い』や『ストップ』価格をしっかりと設定しておきましょう。

 

DMM Bitcoin(ビットコイン)

DMM bitcoinトップ画像

ビットコイン以外の仮想通貨、
いわゆるアルトコインの値動きで空売りを行える取引所がDMM Bitcoin(ビットコイン)です。

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • NEM(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

これらのいずれかが高騰した際や
マイナス材料が現れた際はショートのチャンスです。

 

立ち回りの選択肢が増えるの取引所として活用したいところですが
買い価格と売り価格の乖離が激しい、いわゆるスプレッドが大きなため、
気軽にポジションを取れないところが難点だったりします。

 

 

はじめは小額から、が鉄則!

ショートポジションがうまくいくと
次第に高額の証拠金&高レバレッジで勝負を挑みたくなるようになりますが
いつかはサーバーラグや買い板の薄さから召喚された、恐怖の上ヒゲに焼かれる日が訪れます。

レバレッジを行うのであればまず小額運用でその特性を理解し、
期間の高値や底値とにらめっこをしながら
下げ相場でも安定した建て玉を設定できるように経験を積み重ねていきたいところですね!

 

国内取引所でショートを行うのであれば小額&低レバレッジが鉄則!

追証が発生しないBitMEXでも証拠金が減るスピードは相変わらずレバレッジ倍率に比例するため
慎重な立ち回りを心がけるようにしたいですね!

 

 

真の意味で追証無し&快適取引のビットコインFXなら
BitMEXのご利用をオススメします!

 

– 無料メルマガ –
『新.お金のコラム』
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です