公開運用@仮想通貨トレード100倍チャレンジ(10万円→1000万円)

【100倍チャレンジ[第13話]】「再」資産の桁が変わりました

こんにちわ!
BTCがめちゃくちゃ暴れていて現物アルトトレーダーからしたらたまったもんんじゃないですね!

今回も報告していきますよ~

資産の桁が”また”変わりました

前回BTC建てで桁が変わったという話をしましたよね?

円建てでも桁が変わりました

参考:Bitflyer Lightning

 

やっとです!やっと、10万円超えました!
嬉しくていきなり資産報告しちゃいました(笑)

この企画では、10万円相当のBTC建てで始めたつもりが
トレード資金を準備した直後にBTCが暴落。

まさかの10万円を切ったところからトレードを開始するという悪い流れでここまでやってきましたが、なんとか10万円を超えれました!

あわせて読みたい
【100倍チャレンジ[第1話]】始める前から〇〇で悲惨なことに...こんにちわ! 実はとある企画が始まりました! その名も... 仮想通貨公開運用100倍チャレンジ! です! 1...

何度も何度も暴落に会った結果、
3月には5万円を切ったこともありましたが、
なんとか復帰できてよかったです。

ドル建てでも一瞬桁が変わっていた

実はドル建てでも桁が変わっていましたが、これは残念。
1000ドルギリギリを行ったり来たりしていたので流石にまだ維持できませんでした。

でもドル建ては本当に初めてだったので素直に超嬉しかったです。
次の目標は4桁ドル維持ですね!

BTCがの暴れっぷりが酷い

BTCがが爆上げするとアルトが軒並み(BTC建てで)暴落、
BTCが暴落するとアルトが引きづられて暴落。

ここしばらくBTCの上下が半端なかったので往復ビンタにあった人多いと思います。

私も少し遭いましたよ(笑)
そのおかげでBTC建てで10%減らしちゃいましたから。
そこからめちゃくちゃ巻き返しましたけどね

 

それではいつものようにトレード報告していきますよ。

トレード報告

今回はかなりトレードしています。
というのも、一度BTCが9700ドルタッチしたあとの暴落時に少しチャレンジしてみようと思ってデイトレードしていました。

結果から言うと負けました(笑)

ENJを購入

ENJ(Enjin coin)は5月にファンダがあったので少しだけ購入…
したのですが、なんとなく嫌な予感がしたのでプラス4%で早めの撤退。

この嫌な予感というのはその翌日に起きたBTCがの暴落です。
ENJは今の価格(2018年5月1日時点)のほうが安いので正解だったかもしれませんね。
BTCの動き一つでファンダが潰される事がよくあるのが難しいところです。

ENJと同じ理由でAEを購入

AE(aeternity)も5月にカンファレンスのファンダが熱いと思ったので購入。
ですがこれもENJと同じ理由で微益撤退。

AEもこの直後に起きるBTCが暴落で一気に10%以上下げたのですが…

まさかの超爆上げ!
利益を逃して悲しい反面、嬉しく思います。

AEは外部から情報手に入れれなくて全て自己裁量で仕込みましたが、
仕込むネタは間違っていなかったということですからね。
少し自信がつきます。

この異常な上がり方は仕手が介入したにしか見えない上がり方でしたが、
一体どこの人がやったのでしょうか…
「AEすげー!」というのは見かけたのですが
上げた根本的な理由は結局わかりませんでした。

仕込み直していたら数日で2倍と考えると
やっぱりアルトコインは夢がありますよ。

寝る前にBTCを売却

BTCを売却に対する嫌な予感があったのでBTCの一部をUSDTに変えたあとにぐっすりねました。
爆睡している日本人を狙い撃ちしているかのように夜中に大きな値動きをすることが多いのですが、予想が外れて上に大きく価格が動いてしまいました。

大きな値動きがあったのでアルトコインはBTCを建てで価格が下がっていたため、頑張って0.1BTCにした資金が0.093BTCをにまで減っていました。

寝起きトレードダメ絶対!天井でBTCをを購入

上記の値動きは、昼頃に起きて初めて知りました。
そして、値動きや情報収集して頭の整理をする前にBTC購入。

コレが大失敗でした。

予想では寝ている間に暴落するだろうと思っていたのですが、逆に高騰してしまったので予想は外れてまた上げに行くんだな~と寝起きの判断をしていました。

するとビックリ!
BTCををを買い直した数時間後にBTCををが暴落。
いや~、コレにはやられましたね。

後々報告するトレードで失敗したこともあって結果的に10%減の0.09BTCまで減らしてしまうことに。

QLCをを購入するも惨敗

上がり続けたBTCの価格が一度大きく落ちた際にQLCを購入。

ですが、BTCが段々畑のようにドスンドスンと落ちていったので
2081satでナンピン。

その後少しだけ上がったので早めに利確。

そして暴落が上がったように見えたので
上がり始める前に2220sat付近で再度購入…

するも失敗。

止まらない暴落でQLCをを損切り。

結構お世話になったQLCは惨敗で終わる結果に。
悔しー(笑)

XRPで微益獲得

暴落後のリバウンド狙いでXRPを購入。

この時の相場はBTCの乱高下の影響もあり、
到底長く持ち続けることはできない相場だったため、プラス1%で利確。

そのまま8%ほど上げていきましたが、
10%未満であれば他の銘柄でも狙えるため気にしてません。

AIONを一度損切り

夜中のBTCに高騰で結構下がってしまったので
マイナス1%ちょっとで損切り。

少し多めに仕込んでいたこともあり、結構効きましたね~。

ただ、AIONは5月前半結構熱いと思っているので
少しだけ回転してから仕込み直しました。

理想はAEのような爆上げですが、
プラス10%狙えたらいいな~程度に考えています。

QLCでの惨敗を背負いながらADAを購入

QLCでは儚く散ってしまったので、闇の力が存在すると評判(?)のADAを購入。
こちらもプラス2%弱の微益で撤退しましたが、コレは残念。

見事においていかれちゃいました。
持ち続けていたらプラス30%を狙えただけに純粋に悔しい~。

もう少し持ち続けれる根拠や言い訳を作ることができたらと思うと、
まだまだ未熟ですね。

QTUMで大勝利!

上がったら売る狙いのスイング目的でQTUMを購入したのですが、
まさか3日で高騰。

予想外でしたが、気づいてすぐにこれはヤバイと思って即売り抜けましたよ。

おかげでプラス20%弱取れました!ヤッター!

QTUMはスイング目的なので、BTCに余裕ができ次第また購入します。

MANAでも大勝利

購入する際は必ず何かしら情報源を仕入れた or は入念に調べた or 両方、なのですが、この銘柄の購入理由を忘れちゃいました(笑)

入念に調べた履歴もなかったので
おそらくどこか信頼できる情報源を頼りに購入したと思いますが、
これがクリーンヒット。

翌日に高騰してかなりいいところで売り抜けられました。

このとき寝起きだったのですが、
チャートを見ると一時的なパンプそのものだったので上がりきるところを見て売り抜けました。
一時的なパンプ経験がなければ多分まだ握りしめて公開してたと思いますね。

VENがジワジワ高騰中

一度も売らずに握り続けているVENですが、底値を切り上げながら高騰中です。

VENは去年に9000satで仕込んで、
13000satで売り抜けたあと、
おいていかれたトラウマ(?)があるので
なかなか細かい回転ができないんですよねぇ。

ちょっとした悩みですが、
手数料をBNBに変更する前にVENをトレードしたことがあるのですが、
そのせいで取引できない端数ができてているんですよね…

VENの取引のときだけ手数料をVENに変更しておこうかな…

MTHを購入

MTHをに関する情報があったので仕込んでみました。
今は買値より下げちゃっていますが、上がることに期待したいですね。

WANを購入

WANをスイング目的で購入。
どこまで利益が出るかわかりませんが、そこまで握力は強くないです。
他にも仕込みたい銘柄はあるのですが、WANを手放してもいいやとなったら別の銘柄を仕込んでみます。

小ネタですが、ここで仕込んだWANはWanchainですが
トークンスワップで名前がWancoinに変わっています。

Binance上場時はこのことを知らなかったので、
WAN上場!え?Wancoinって何?違うの?
というように困惑していました。

同じような人結構いるハズ…

後半の巻き返しでトレード利益はプラス!

詳しい金額は最後に書きまとめますが、
ADAの微益に続いてQTUMやMANAの利益もあって
トレード結果はプラスで終わりました。

特にMANAで利益を出した時は、
BTCに暴落で他の資産価値が減っていたのでかなり嬉しかったですね。

いわゆるBTCの暴落時に現物アルトコインで勝てたということですから

EOSが強すぎる問題

前回12300sat台で仕込んで13000satで売り抜けたEOS。
AirDrop云々などのファンダ発表があり22000satまで上昇したんですよね。

これにはビックリ。
全資金で1つの銘柄を狙う形式で全勝していたと仮定すると
軽く0.3BTCは超えてたんじゃないでしょうか。

そこまで来るとただの運試しになりますが、
宝くじよりかは期待値高いですよね(笑)

巷で話題のALISについて

ALISの問題が表面化してきていますね。

ホワイトペーパーを見ていたらわかる問題なのですが、
ホワイトペーパーを読まない日本人が多いからか
ALISベータ版で急に荒れたり、誤FUD(悪い噂)が流れていましたね。

このままいくとALISは地に埋もれていくだけなので、
どうやってベータ版での失敗を次に活かすか考えるかが肝ですね。

一つ言えるのは
ALISのソーシャルメディアベータ版がローンチされたことにより

ALISへの投機価値が下がり、
投資価値が上昇したということでしょう。

多分ですが、これまでのALISと違う値動きをすると思います。

今は需要より供給が多くなる一方ですので
投機目的ではあまりおすすめできませんね。

ALISトークンの需要が高まれば話は別ですけどね。

ALISも大事ですが、それよりもALISトークンの需要です。

現在の運用状況

日本円換算 – 今回(1BTC982,600円時点):106,822
日本円換算 – 前回(1BTC965,560円時点):96,652円

Vechain:72 VEN
AION:48.74 AION
Monetha:1537 MTH
Wancoin:34.3 WAN

BTC前回比1.7%高騰
資産前回比10.5%増加

これは大勝利と言ってもいいでしょう。

この2週間上手くいきすぎて逆に怖いですね。
いつかでかい反撃食らいそうなので、喰らう前提の対策もしておきたいところです。

引用:【100倍チャレンジ[第12話]】資産の桁が変わりました

前回こなことを言った結果、見事にBTC暴落に一度はやられましたが、
見事に復活!

BTCにやられた時は、
日本円換算で一度9万円を割って8万7000円まで減らしたので、
その資金を基準に比較すると20%以上資金増やせましたね。

誰でも稼げるバブルというわけではないですが、波は間違いなくきてます。

コレがずっと続いてほしいと思いまながらも、
他人の資金の奪い合いでもある仮想通貨なので、
いずれは前回比マイナスが来るんだろうなぁと思ってますけども。

今100倍チャレンジを見返してみると、8日目がひどかったですね。
頑張って動いているものの記事執筆時で52000円…
今の半分以下ですね…

この記事だけじゃ考えられない負けっぷりを過去にはやらかしてるので
ぜひ見てくださいね!

あわせて読みたい
【100倍チャレンジ[第8話]】ビットコインの売り圧が強くて大変こんにちわ! G20を抜けたかと思いきやまだまだビットコインの売り圧が強く値下がる一方です。 それでは今回も進捗を見ていきましょ...
あわせて読みたい
【100倍チャレンジ[第1話]】始める前から〇〇で悲惨なことに...こんにちわ! 実はとある企画が始まりました! その名も... 仮想通貨公開運用100倍チャレンジ! です! 1...

 

以上、「【100倍チャレンジ[第13話]】「再」資産の桁が変わりました」でした!

 

 

– 無料メルマガ –
『新.お金のコラム』
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です