その他アルトコイン

【みんなの評判/口コミ】TRON (トロン/TRX)の評判について調べてみた

2018年1月は仮想通貨の価格が下落し、昨年末に参入してきた方からすると厳しい月になりました。

そんな中でもこの1月に一際注目を集め、海外の取引所に積極的に上場し、社長自らSNSでマーケティングを行っている仮想通貨があります。

それは中国の仮想通貨、TRON (トロン)です。

今回はそんなTRONの概要と評判を調査して簡潔にまとめていきたいと思います

TRONとは

TRON(トロン)はリップルやNEMなどのアルトコインと呼ばれる仮想通貨の1つです。

2017年に中国でICOを行った際は、30秒で完売したことが話題になりました。

現在の時価総額は10位〜20位を推移しています。

TRONは音楽・動画・ゲーム・SNSなどのコンテンツエンターテイメントのプラットフォームとしての利用を目的に開発されており、すでに有名企業から多数オファーが来ているとのことです。

たとえば、ユーザ数1,000万人を超える音楽やライブ配信サービスを提供する中国のPeiwoというサービスにTRONの技術が導入されることが決まっています。

 

現在、複数の取引所で上場していますが、おすすめは取引高世界1位のBinance(バイナンス)という取引所です。

Binanceは香港に拠点を置く取引所ですが英語だけでなく、日本語にも対応しています。

2018年1月上旬はTRONを含む複数の仮想通貨の高騰により、口座開設者が殺到し一時新規口座開設を停止していましたが、現在は口座開設可能です。

TRONの評判

ここからはTRONに関する前向きな評判と後向きな評判を紹介します。

前向きな評判

 

トロンの創業者である現CEOのJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は主にツイッターを利用し、マーケティング活動を行なっています。

アルトコインは情報が少ないため最新の情報を常にキャッチすることは難しいですが、TRONに関してはCEO自らが積極的に情報を発信し、投資家にTRONの良さを知ってもらおうとしています。

またツイートする内容も普通は外部には伝えない今後の方針や政策であったりするため、これまでJustin氏のツイートによってTRONの価格が大きく上昇してきました。

Justin氏のツイートによる価格の上昇を期待してTRONを買い込んでいる投資家も多いようです。

 

 

TRONは多数の取引所に進出しています。

仮想通貨において複数の取引所に上場することは非常に重要な意味があります。

 

2018年1月26日に日本第2位の取引所であるコインチェックから約580億円に相当するNEMという通貨が流失し、NEMの価格は一時大幅に下がりました。

こういった取引所の事件から通貨そのものに影響が出る可能性もあるため、複数の取引所(加えて取引高の大きいところ)に上場することは今後成長していく通貨として必要不可欠なことです。

元々先述したBinanceに上場していましたが、2018年1月26日にBitfinex(ビットフィネックス)にも上場しました。

BitfinexはBinanceと同じく香港を拠点にしている仮想通貨取引所です。

 

 

Justin氏のTwitter発言関係で、こちらのツイートは日本の金融規制当局に上場の申請書を提出したことが書かれています。

この申請書が日本政府によって受理されれば、日本の取引所でTRONが上場する可能性が高まります。

日本国内の取引所のラインナップにTRONの名が並ぶのもそう遠い話ではないのかもしれません。

 

 

https://twitter.com/Monkswagger1/status/954101038969180160

TRONの運営チームには中国の一大企業アリババのジャック・マー会長と親しい人物がいるとされ、アリババも仮想通貨に関して関心を示しています。

今後、両者の提携が発表されれば価格の上昇はほぼ間違いないかと思います。

 

 

後向きな評判

TRONは中国の仮想通貨ですが、中国政府は今後も仮想通貨を規制していく動きがあります。

現在、中国は本土の取引所での仮想通貨取引停止やICO禁止など、他の国より厳しい措置を講じ、これらのニュースが発表された時は仮想通貨の価格は暴落しました。

一部ではTRONは政府から公認されているという噂もありますが、今後も規制の動きには注意しておかなければなりません。

 

 

調べてみたところTRONについて詐欺コインではないかというツイートも多くありました。

 

理由としては

・CEOのJustin氏が頻繁にTwitterで買い煽りをしている。

・中国のICO詐欺に対する不信感。

・投資家に対して発行した、仮想通貨の内容説明をするホワイトペーパーが他の通貨の内容のパクリ

などがありました。

その他にも異常な過熱感があることも詐欺コインとして見られている理由の一つのようです。

 

まとめ

今回、TRONについての評判を調べてみましたが、ビットコインやイーサリアムのようにある程度方向性が決まっている通貨ではなく、今後の開発と企業提携次第で大きなニーズを生み出す可能性のある通貨であることを感じました。

しかし、一部では詐欺コインとの声もあるように視点を変えればリスクも存在する通貨です。

詐欺コインでなくとも仮想通貨の価格の変動は非常に大きいので投資する際は注意が必要ですが、今後の価格上昇の波に乗れればTRONで億り人となれるかもしれません。

 

興味のある方はBinanceにてチェックしてみてください。

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です