COMSA(コムサ/CMS)

【みんなの評判/口コミ】COMSAのICOについて評判&評価を調べてみました

10月の開催に向けて、サイトの公開やダッシュボード登録事前受付、リフェラル(アフィリエイト)キャンペーンといった本格的な準備に乗り出したCOMSA。その情報の広がり方は、かなりのものがあります。今回はそんなCOMSAのICOに関する評判を調べてきました。

※2017/12/11追記:

COMSAのトークンCMSがZaif取引所に公開されました!

上場後の取引所における買い方については
コチラに記載しておりますので参考にされてみてください。

COMSAについてのおさらい

COMSAの公式ページはコチラ

日本語の公式ツイッターもあります。

※2017/10/02追記

COMSAのトークンCMSで購入可能だった企業ICOのひとつCAMPFIRE(キャンプファイア)でしたが、
込み入った事情によってCOMSA-ICOへの参加を見送られたそうです

プレミアムウォーターにつきましても協議中とのことですので
これらのICOへの参加を検討されていた方はご注意ください

COMSAとは
企業がパブリック・ブロックチェーンの実装する際に
テックビューロの提供する各種暗号通貨機能を接続するための、
ブロックチェーン統合プラットフォームです。

 

企業はCOMSAを導入することで
COMSAの機能のひとつである独自通貨の発行・管理が行え、
開発資金を集めるために有用とされる
仮想通貨のICOを実現することができます。

 

また
COMSA自体でもトークン(通貨)CMSが流動しており
ICO参加ユーザーはCMSを利用することで、
COMSA参加企業のICOトークンをオトク(5%ボーナス)に手に入れることができます。

 

ICOとは?

ICOとはInitial Coin Offering(新規コインセール)の略です。

 

取引所公開予定のトークン(通貨)を
開発者がICOであらかじめ売り出すことで

企業はプラットフォーム開発資金を、

参加者は取引が行われる前の
いわば原価でトークンを手に入れるチャンスであるため、

海外ではお祭り騒ぎのように開催されています。

 

多くのICOではビットコインやイーサリアムによる購入を受け付けており、
日本からの参加者も結構賑わったりしていますね。

近所の知人に送ろうとも
地球の裏側の見知らぬ外国人に送ろうとも

送金手順や手数料について一切の違いが無いのが
この界隈ならではの強みです。

 

株の世界でもIPO(Initial Public Offering)という新規公開株のセールがあり
抽選でしか購入できない、こちらもお祭りのような様相を呈しています。

 

事前登録期間の評判(~2017/10/1)

国内のICOらしいICOは今回が初めてではないでしょうか?(あったらスミマセン)

また、単純にICOを行うだけでなく
ICOシステムを企業に提供するためのICOであるため、

COMSAが成功をおさめれば
金融の流れが将来的に変わってくるのでは? という声もありました。

可能性は未知数ですね~。

 

現段階ではミネラルウォーターとクラウドファンディング企業がCOMSAでのICOを予定しており
人によってはあまり関わりなさそうなイメージもあるかもしれませんが、
将来、自身の好きな分野がICOを開催すると思うとワクワクしてきますね。

※2017/10/02追記

COMSAのトークンCMSで購入可能だった企業ICOのひとつCAMPFIRE(キャンプファイヤ)でしたが、
込み入った事情によってCOMSA-ICOへの参加を見送られたそうです

これから協議を進め次第、順次参加企業を発表するとのことで、
どのような企業が参入するのか、注目していきたいですね。

 

この記事をページを書く2~3日前ほどに
15,000人との知らせを人づてに聞いたので
予想以上のペースで伸びているようです・・・

現時点(8/10)では一ヶ月以上残り日数があるわけですが
果たして何人まで伸びるのでしょうね。

これまで日本では考えられなかった試みなので
投資スキーな方のほか
色々な方に知ってもらいたいところです。

 

一般トークンセール開始後の評判(2017/10/2〜)

一般セール開始直前に
CAMPFIREとひと悶着起こしてしまったCOMSA。

開始直後から順調に売り上げを伸ばす一方で、
それらの騒動に対し、
参加予定の方から厳しい声が上がるのは仕方の無いことかもしれません。

 

前向きな評判

いろいろ騒動が絶えないですが、
大きな前評判によって非常に好調な滑り出しを見せるCOMSA-ICOです。

 

ここからしっかりとしたICO開催企業を発表したり、
購入したCMSのフォロー(上場の情報とか)ができれば
注目されている今こそ見直す視線もあるかもしれませんね!

 

Zaifトークン晴れの舞台ですね!

ここぞとばかりに投げ込まれているようで、
予想以上のZAIF投入数にビックリです。

 

皆様は手に入れたCMSの使い道は考えられていますか?
とはいえ、COMSAシリーズのCAMNPFIREが中止となった現時点では
なんとも言えない状況ですね・・・

 

CMSの上場やCOMSAシリーズICOの発表に関して、
テックビューロからのお知らせが待ち遠しいところです(早とちり)。

後ろ向きな評判

 

一般セール開始直前にZaifのサーバーが落ちたり、
CAMPFIREがCOMSAシリーズICOの開催予定を中止したりと
前評判が上場だったためにかなりグダグダになってしまいましたね。

 

とにかくZaifは
昔からサーバーの弱さに定評があります。

CMSが仮に上場したときも
もしかするとサーバーダウンするんじゃないかと思ったり・・・

COMSAの勇み足か、両者の意見に齟齬が生じたのか、
テックビューロとCAMPFIRE
お互いの意見が食い違った中でのCOMSA一般トークンセール開始です。

 

もうひとつの開催予定企業であったプレミアムウォーターの名前も無くなり、
購入したCMSはどうすればいいのか、心配なユーザーも多いハズです。

 

COMSAのシリーズICO参加企業については
いずれテックビューロからのお知らせあるとのことで、
続報を待ちたいところです。

渦中の件につきましては
こちらの方がまとめられたツイートが分かりやすいですね。

 

騒動は金融庁の取引所審査発表(9/28あたり?)で
CAMPFIREが運営(テックビューロOEM)する仮想通貨取引所FIREXが
取引所の停止を表明したくらいから起きはじめました。

 

まとめ

ツイートだけでもかなり多くの方がCOMSAに触れられており、
その量は日々増加しています。

ちょっと流れが速いので
かいつまんだだけではありますが、

ぜひブログやツイッターで確認してみてください。

 

 

10/3追記:COMSAの一般トークンセールが開始されました。
COMSAのトークンCMSを実際に購入したレポートをまとめましたので、
購入方法の参考にされてみてください。

あわせて読みたい
【買い方レポート】COMSAトークン購入方法を徹底解説!無事、7ステップでCMSゲットできましたCOMSAトークン(CMS)のICOトークンセールに参加し、購入できましたので、 詳しくその手順をレポートします。 投資予定の方...

 

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です