その他アルトコイン

【QASHのチャート(QASH)】最新相場&価格推移

最新チャート・価格に加え、QASH(QASH)トレードの参考情報・みんなの声をまとめています。仮想通貨は情報が大事と良く言われておりますが、実際コインを手にしたら無意識に調べてしまう方も多いんじゃないでしょうか。そんな方のために便利なサイトをいくつかご紹介してみようと思います。

↓↓

QASH(QASH)に対する、市場&みんなの声

QASHのチャート・価格推移に関するツイート・評判を集めてみました。

QASHは2017年のICO移行しばらく表立った動きは無かったのですが、
インターナル・ワールドブックのベータ版が実装されたことで
一気に活気を取り戻した印象ですね。

コインの人気の目安のひとつでもある時価総額でも100位以内と
もはや人気アルトコインと呼んでも問題無い貫禄ですね。

様々な法定通貨を取り扱うQUOINEX取引所と同じく、
QASHの発行プラットフォームであるLIQUIDが海外を視野に入れた仕様であるため
国内よりもHuobiのような海外での取引量が高いのも人気に繋がっているんじゃないでしょうか。

そんなQASH、周りの人はどのように思っているのでしょう。

 

国内のICOプロジェクトといえば
QASHのほかにもCOMSAやALISが有名ですが
プロダクトの大きな動きを初めに見せたのがQASHですね。

インターナル・ワールドブックとは

  • 取引者同士を高速でつなげるマッチングエンジン
  • 様々な通貨を瞬時に換算する為替換算(クロスカレンシー)エンジン
  • LIQUID内外のオーダーブックを素早く参照するスマート・オーダー・ルーティング

を三本柱に、
ひとつの画面から世界中の取引所やユーザーと公平で快適なマッチングを提供する
LIQUIDプラットフォームの要と言われております。

ベータ版がローンチされたことで、
今後LIQUIDの更なる開発とQASHの盛り上がりに大きな期待が寄せられています。

 

LIQUIDとともに注目されているのが
その内部流動通貨であるQASHの取扱いについてですね。

証券取引法の関係もあってか
現状の国内で大きなトークンボーナスはそこまで期待できるものではありませんが、
QASHならではの何らかのサービス展開もありうるところかと思われますね。

ICOでの資金調達から半年、
水面下でコツコツとLIQUIDの開発を続けられていたことが証明され
これからの展開に大きな期待が持てるようになりました。

 

QASH(QASH)を購入できる取引所

QASHはLIQUIDの開発元が運営を行う
国内の取引所QUOINEXで購入が可能です。

 

またQASHは海外取引所でも活発に取引されており、
香港の取引所Huobiに至ってはLIQUID開発元のQUOINEXよりも高い取引高を記録していたりします。

海外におけるQASHの人気がうかがえるところですね!

なおQASHの購入については↑画像を見てもお分かりのように
Huobiと価格差や取引量が変わらないため
日本からの購入であれば国内のQUOINEXで問題ないかと思われます。

 

QASH(QASH)の取引所、チャートイメージまとめ

日本の取引所

QUOINEX

私の環境が悪いのか、真っ暗です。

QASH/JPYは発行元の取引所かつ世界で3番目のマーケットであるため
QUOINEX上で取引がまったく無いことはありえないのですが、
今回はQUOINE以外のチャートについて見てみましょう・・・

 

海外の取引所

Huobi(フオビ)

こちらは海外のHuobiです。

QASHとの通貨ペアはBTCがメインとなりますが
日本からの利用ももちろん可能です。

BinanceやOKExと並ぶ巨大なマーケットだけに
サーバーも強く機能も充実しているようですね。

 

取引所以外のチャートツール・サービス

CoinGecko(コインゲッコー)

QASHはCoinGeckoに登録(正確にはTradingViewとの接続)されており、
CoinGekkoでの通貨情報の確認や、エクスプローラー、各種ツールを利用することができます。

開発SNSの動きやリポジトリ、コインの流動性なんかも一目瞭然。

サイトは部分的に日本語化されており、
後ほどご紹介するコインマーケットキャップと並んで日本人利用者の多い
仮想通貨の代表的なインフォメーションサイトのひとつです。

 

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)

こちらCoinMarketCap(コインマーケットキャップ)もCoinGeckoと並ぶ、
日本で人気の仮想通貨インフォメーションサイトです。

こちらも2018年の頭ごろに日本語対応が行われましたね。

チャートの確認のほかにもQASHの取引が行われている市場(マーケット)の確認や
QASHの公式サイトやイーサリアムトランザクションへのリンク、
埋め込みウィジェットコードの発行など、かなり便利な機能が揃っています。

どちらかをブックマークしておくと捗りますよ!

 

TradingView(トレーディングビュー)

TradingViewは株やFXで利用されている
本格的なトレードビューサイトです。

若干ごちゃごちゃしたサイトですが、
上記のリンクからマーケットへ飛ぶことができますよ!

 

QASH(QASH)のチャートをブログへ貼る方法

CoinGeckoやCoinMarketCapは、
QASHの価格情報を簡単にブログに埋め込めるようになっています。

仮想通貨のブログなんかを見てみると
だいたいどちらかのグラフが埋め込まれていますね!

CoinMarketCapなら、QASHのページの[Tool]からコピー。

 

CoinGeckoならQASHのページの[Tool]にある緑のボタンを押したら出てくる埋め込みタグをコピーします。

関連する記事にペタっと埋め込んでおくと
その通貨の現在の価格なんかが一目瞭然なので便利ですね!

 

TradingViewではトップページの下部にあるウィジェットから
第二項目あたりのマーケット概要ウィジェットを選択します。

株やFXの市場が混在しているため設定がややこしいのが難点ですが、
TradingViewのウィジェットはグラフチャート図が埋め込めるのが大きなポイントですね!

あとは生成されたコードを埋め込めばOKです。

TradingViewでのQASH価格はBitfinex取引所のデータを引っ張ってきているため、
日本円ペアでの表示ができないのが心残りですね。

 

一度ブログに埋め込んでしまえば
価格は各サイトから自動更新で表示されるので
いつでも正しい情報を流すことができるようになっています。

コピーペーストするだけなのでWebがよくわからないという人でも楽チンですね!

 

 

LIQUIDの仮想通貨QASHのご購入は
QUOINEXからどうぞ!

 

 

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です