※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

その他アルトコイン

【みんなの評判/口コミ】Triggers(トリガー/ TRIG)の評判について調べてみた

更新日:

2017年末に大きく上昇し、人気沸騰中の仮想通貨Triggers(TRIG)。

今回はそんなTriggersの評判についてまとめてみました。

Triggersとは

TriggersとはBlock Allianceが開発している、次世代の実銃のコントロールのために開発された仮想通貨です。

日本ではあまり馴染みのない銃ですが、世界ではアメリカをはじめとする銃社会の国は数多く存在します。

そして銃社会では銃を利用した犯罪も年々増加しています。

2017年10月にアメリカのラスベガスで容疑者が無差別に銃を乱射し、58人を殺害した大量殺人事件は記憶に新しいと思います。

 

そこで、Triggersは銃が特定の人間しか扱えないようにする仕組みをブロックチェーンによって実現しようとしました。

指紋などの生体認証や電子チップを通してあらかじめ登録した人が認証しなければ発砲できない、スマートガンと呼ばれる銃があります。

特定の個人情報とスマートガンをTriggersのネットワーク技術で結ぶことによりいつ、誰が、どこで発射したのかを調べることが可能になります。

 

仮想通貨市場では、その次世代の銃社会の将来性を投資家から注目されています。

また他の仮想通貨と比較すると安価であるため、少額の資金で億り人を目指す投資家から人気があります。

 

現在、Binanceという取引所でのみ購入が可能です。

 

以前はBittrexにも上場していましたが2018年1月12日に上場廃止になっています。

Triggersの評判

前向きな評判

フィリピンでは国家警察と連携をしており、フィリピンの多数の民間セキュリティー企業からTriggersのネットワークを活用したいとのオファーが来ているとのことです。

こうした政府主導で銃規制とTriggersの活用が進めば通貨の価値も上がると見込まれ、ICO後には大きく価格を上げました。

 

 

 

また2017年9月にはTriggers全体の70%ものトークンがBurn(破棄)されました。

発行されている7割のTriggersが消滅することにより、元々保有していた投資家からすると通貨の価値が上がるためBurn前に一斉に買われました。

 

 

2017年には今最も勢いのある仮想通貨取引所の一つであるBinanceに上場し、それがきっかけとなり短期で仮想通貨長者になれるポテンシャルを持つ通貨に変貌を遂げ、価格が跳ね上がったそうです。

こうしたTriggersを運営しているBlock Allianceの積極的な姿勢も投資家から好感を持たれています。

後向きな評判

世界で銃を扱う最大の国はアメリカですがアメリカのトランプ大統領は銃の規制に関しては消極的です。

元々、アメリカは自分の身は自分で守るという考え方なので、政府が大規模な規制に乗り出さない限りスマートガンの普及は難しそうです。

Triggersはアメリカの市場を狙っているため、今後政府から規制にネガティブな発言があれば価格が暴落ということも起こり得るかと思います。

 

 

現在Triggersの発行枚数は約3,000万枚です。

リップルの発行枚数は1,000億枚であるためTriggersは上場してる通貨の中ではまだまだ発行枚数が少なく些細なニュースで価格が大幅に上下する可能性があります。

また、仕手(大量保有者がわざと価格を上下させる)や売り煽り、買い煽りの標的にされている通貨であるという悪い評判もあります。

そのため仮想通貨の初心者には向いていないかもしれません。

 

1月12日にBittrexから上場廃止となり前後に価格が急落しました。

Bittrexはアメリカの取引所であるため、今後アメリカへの進出が難しくなったとされる意見もあります。

まとめ

今回Triggersについて調べてみましたが、現在は価格が安定していなく、まだ一般投資家から注目され始めた段階のように感じました。

そのため今後の動き次第では、ビットコインやリップルのように価格が数百倍にも上昇しTriggersで億り人が誕生する日も来るかもしれません。

ただ、値動きの大きい仮想通貨の中でも特に動きが激しいので、正しい知識を持って余裕資金で運用するのが良いかと思います。

関心のある方はBinanceをチェックしてみてください。

 

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-その他アルトコイン

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.