その他アルトコイン

【買い方】マイニング経済のICO、mine(マイン/MINE)とは?

世界の規制の流れからここ最近は大きな案件を聞くことがなかったICO界隈ですが、有名YouTuberがピックアップしたことでこのご時勢に注目を集めつつあるプロジェクトがあります。今回はマイニング・エコノミーを目指すmineの概要や開催予定のICOについてざっくりと解説してみようと思います。

mine(マイン/MINE)についてざっくりとおさらい

mineプロジェクトの概要

mine(ティッカー記号:MINE)は仮想通貨デビットカードとマイニング事業を組み合わせたブロックチェーンエコノミー(経済)プロジェクトです。

mineの枠組みは

  • 年利24%のイーサリアムが毎日分配されるMINEトークン専用ウォレット
  • 巨大な自社製イーサリアムマイニングファーム(※一棟は完成済み)
  • デビットカードによる決済が可能

大きくこれら3つから成り立っており、

自社マイニングファームのカバーによる利回りの良いウォレットを広く普及させ、デビットカードによる決済が行われることで、
イーサリアムが多用される=価値が上がり、マイニングファームが拡張されて利回りを保証する、という
一言でいうとマイニングとデビットカード決済による経済圏を生み出そうとするプロジェクトなんですね。


ブロックチェーンプロジェクトは基本的にICOによる資金調達を行ってプロダクトの準備を進めるところが多いのですが、
mineではプロダクトのひとつとも呼べるマイニングファームがすでに1棟完成していたりします。

(もともとマイニングファームを計画していた事業が突如mineの構想を打ち立てたと言えなくもなさそうですが・・・)

 

YouTuberのラファエル氏がmine謹製の中国マイニングファームに突入


動画では有名YouTuberのラファエル氏が完成した1棟であるmineマイニングファームに突入する様子が映し出されています。

現在稼動しているリグは約300台ほどで、将来的には2500台まで拡張するそうです。

リグ一台あたり35,000円のRX470が4~5枚刺さっていると計算すると
その規模の凄まじさがうかがい知れますね・・・

ちなみにこのmineファーム(畑)、
国内で事業を行っているDMMやGMOよりも規模が大きいそうです。

 

なぜラファエル?という方もいらっしゃるかもしれませんが
意外にもラファエル氏は完全な仮想通貨ビギナーというわけでなく、
過去にはVALUに参加していた経歴もあり、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

ラファエル氏が自ら中国へ赴いたのか
mine運営、あるいは日本のグループが企画したものなのか定かではありませんが
おっ、と調べてみるくらいに有名YouTuberが取り上げる効果というものはそれなりに大きいのだと実感するところですね!

 

mineのICOについて

mineでは2018年5月現在、マイニングファーム建造やデビットカードの作成、
あるいはウォレット開発のためにICOによる資金調達を行っている最中です。

ボーナス付きのプレセールは2018年の3月19日に開催され既に終了していますが
メインセール、俗にいう一般ICOが2018年の5月27日より開催予定とのこと。

5月27日のMain Saleのドメインはmine-payment.bizです。

セールごとにダッシュボードのドメインが異なっており、
MainSale用のサイトではまだ詳細が決まっておりませんが
事前登録は現在受け付けており、詳細は順次発表されるみたいですね。

独自の経済圏を打ち出すには一にも二にもユーザーありきだと思うので
これからプロジェクトがどうやって盛り上がっていくのか
評判なども参考にされてセールを様子見るのも良いかもしれませんね!

 

 

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です