※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

その他アルトコイン 仮想通貨

【高騰】2017年、OmiseGO(オミセゴー/OMG)高騰の理由まとめ

更新日:

OmiseGOの高騰が目覚しいですね。Bittrex上場当日に記事は書いたものの、そのとき買っておかなかったことを今後悔しています。直近ではタイでの動きがアツい、そんなOmiseGO高騰のいきさつについて調べてみました。

OmiseGO(オミセゴー/OMG)とは?

OmiseGO(通貨単位:OMG)は
手数料を安く、迅速に決済を行うための決済プラットフォームOmiseのトークンです。

 

 

OmiseGOは国内取引所では取り扱っておらず、
現時点(2017年8月31日)での入手方法は

国内取引所やウォレットからBittrex等の海外取引所へビットコイン送金を行い
Bittrexサイトで購入する方法が一般的です。

 

 

東南アジア向けに開発されたこのプラットフォームは
名前からも推測できるように日本人の企業家(長谷川潤さん)によって構想、開発され、

そのトークンは上場前のいわゆるICO(資金調達)段階で
(価格が55万円と高額ながらも)日本の仮想通貨ファンから注目されていた期待の新人ンだったのです。

 

この美しいチャート図、
往年のアルトコイン先輩を連想されますね!
(※本当は半年~1年スパンで見るべきですが・・・)

 

いわゆる草コインのような局所的、爆発的高騰→急落ではなく、
上場当時は50円ほどだった価格からぐんぐんと伸びつつ、ときにはちょっと沈みつつ
気がつくと2ヶ月ちょっとで1,200円まで価格が上昇したのです。

 

 

20倍もの価格上昇を遂げた理由には
やはりそれなりの理由があったはずです。

 

 

今回はその高騰原因になったと思われる
おもにタイでの動きを中心を調べてみました。

 

 

それにしても
やはり海外コインはすごいですね。

 

 

Omisegoの高騰の歴史と、要因考察

執筆現在(8/31)も価格を上げているOmiseGO。

実はというとこれだ!という決定的な情報があまり見当たらず、
Airdropの期待感や小さなニュースの積み重ねが
どんどん膨らんできたように盛り上がっている印象です。

  • 2017年8月中旬~末にかけての高騰
  • 2017年8月初頭の高騰

その中でもそれらしきものを見つけてきたので
今後の購入の参考になれば此れ幸いです。

 

 

2017年8月中旬~末にかけての高騰

本日、日本および東南アジアでオンライン決済サービスを展開するOmiseは、Paysbuyの決済サービスの事業取得に関して、dtac社との最終合意に達したことをお知らせします。これにより、Paysbuyの資産、サービスはOmiseに統合されることになります。

引用:Omise公式/タイdtac系列のPaysbuyから決済ゲートウェイ、およびEウォレットビジネス事業を取得 〜事業統合により東南アジアのECマーケットの成長を加速〜

↑のように、7月の頭の時点ではすでに
タイ大手のオンライン決済サービスPaysbuyとの事業統合が合意されていたOmiseですが、

それに次いで8月15日、
タイの中央銀行と対談を行ったことが話題となったようです。

(※訳:今日、@ VitalikButerinと共にタイの中央銀行と会った。タイ経済の将来について議論した

日本でいうところの
リップルが三菱東京UFJ銀行と会談したようなニュースに近いものかもしれませんね(リップルはアメリカの企業ですが・・・)。

 

このPaysbuyは以前よりタイ中央銀行からお墨付きをもらっている決済サービスであり、
これを予定調和だと見る方もいらっしゃるようですね。

 

 

ハンバーガーも買える!

(※訳:今日我々は正式に関係を確認しました。より多くのコラボレーションのためのMcD ThaiのCEOとの非常に良い戦略的な会話でした)

タイのマクドナルドとOmiseGOのタイアップも決定されたようです。

タイだけでなく東南アジア全域に向けてサービスに取り組むようですね。
(さすがに高騰の原因になるとは思えませんが・・・)

 

身近なサービスと提携したということで、
今後わたしたちがタイへ旅行に行った時は
レンタルバイクやホテルがOmiseGOのスマートコントラクトで連動するようになる可能性もありうるかもしれませんね!

 

 

2017年8月初頭の高騰

この頃はどうも一定以上のイーサリアム保持者(0.1ETH)に
OmiseGOを配布するイベント(Airdrop)を発表したことで価格が高騰したようです。

しかしフタを開けてみると、

ニュースを聞いてAirdropに駆け込むには一足遅く、
恩恵にさずかれなかったようですね。

 

 

しかしAirdropには参加できずとも
それに関連したOmiseGOやイーサリアム高騰の利食い狙いによって、
結果的に高騰の材料になったのではないかと勝手に予測しています。

 

 

Airdropの開催は2017年9月4日予定ですが、
OmiseGOに興味のある方にとっては
注目すべきポイントのひとつでしょう。

ですが、エアドロップ直後はおそらく暴落することになると予想しています。
今までStellar(STR)やByteBall(GBYTE)は何度か「ビットコイン保有者に無料配布」ということをやっているのですが、配布直後は例外なく暴落しています。

引用:貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ/【追記有】OmiseGo(OMG)がイーサリアム保持者にエアドロップでトークンを無料配布予定

Poloniexで大盤振る舞いを行ったステラの価格が落ちたのは記憶に新しいですね。

多くの方は価格が下がるのではないか、と予測されていますが
果たしてどうなるのでしょうか。

 

 

まとめ

生まれてこの方大きな値下げも無く、
順風満帆なエリートアルトコインロード(対義語:草コイン地獄)を歩んできたOmiseGO。

 

 

東南アジアに特化した決済プラットフォームということで、
マーケットの独壇場となる可能性も十分に秘められていますね。

実際に稼動しているPeysbuyと提携を結んだり
夢物語だけでなく現実的実感を感じさせてくれる点もグッドです。

 

 

日本での認知も急速に広まりつつあり、
OmiseGOに興味を持つ方が日に日に増える(ウチもアクセスがすごい)その一方で、

Airdropが吉と出るのか凶と出るのか、
新鋭アルトコインの優等生として
その真価が問われようとしています。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-その他アルトコイン, 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.