Lisk(リスク/LSK)

【半減期まとめ】Liskの半減期一覧と、その影響を整理してみました

更新日:

11月にLiskの半減期がありましたね!

仮想通貨の半減期というのは価格に
大きく影響を及ぼしやすい材料のひとつです。

今回はそのLiskの半減期の影響
そして今後の半減期についても紹介していきます!

 

半減期とは?

そもそも仮想通貨の半減期とはなんなのでしょうか。

推測として仮想通貨の発行枚数が半分になると
考える人もいるかもしれませんがそうではありません。

もしそうだとするとその通貨を保有している人すべてが
その通貨の半分を失うという損失をうけることになりますね。

 

半減期とはそういう意味ではなく
マイニング報酬半減のことを指します。

発行枚数が徐々に増えていくタイプの仮想通貨は
マイニングをして新規発行された仮想通貨を手に入れるわけですが
その手に入る仮想通貨が減ることにより
希少価値が増すということになっています。

 

物理的なもので例えると、金や石油でしょう。

特に石油は枯渇するとなると供給が需要に追いつかなくなるので一気に希少価値が増します。

 

仮想通貨の半減期は、一定期間で供給量を下げていくことで価値を保つ
もしくは希少価値が増すようになっています。

これと似たようなものと考えてもらうといいですね。

 

Liskも半減期が来るとマイニング報酬が減るようになっており、2017年11月にその半減期が訪れました。

 

 

半減期によりLiskが高騰

半減期を過ぎるとマイニング報酬が一気に半減してしまうので
マイナーにとっては悪材料に思えるかもしれませんが
トレーダーにとっては現状は好材料として捉えられています。

半減期は厳密には日時ではなく
一定ブロックに到達したらマイニング報酬が半減されるという仕組みですが
ブロック進行速度からあらかじめ半減期の日時を予測することができ
Liskの場合は2017年11月16日付近と予測されていました。

少し差はでていて、実際に半減期を迎えたのは11月17日となり
マイニング報酬が半減しましたが
この半減期が近づくにつれ
Liskが高騰していました。

だいたい9日前後、半減期予定日の1週間前に高騰の初動があり
約20%の上昇(69000satoshi→84000satoshi)が起きました。

このまま底値が上がり
半減期当日にはこのようになりました。

半減期当日である16日には14万satoshiにまで高騰しており
かなりの資金が流入していることが感じ取れます。

半減期が終わったあとは投機マネーが抜けたことにより
約30%の暴落が発生しますが、底値が10万satoshiを超えており
確実に底値が上がることになって
確実に希少価値が増したという結果になりました。

 

実はこの時、日本円建てで始めて1000円を突破した時期でもあり
日本の取引所チャットやツイッターでも少し話題になりました。

リアルタイムで価格を見ていましたが
一瞬1400円まで上がっていてもう大騒ぎでしたね。

今はビットコイン先物のおかげで相場が大荒れであり
Liskも当然その荒波に抗えず今は1000円を切っていますが
特に問題ないでしょう。

 

半減期だったら本当に高騰するのか?

現状の仮想通貨市場では
「半減期=高騰する時期」という認識であり
今後何か悪いきっかけがない限りこの法則は続くでしょう。

 

今月(2017年12月)前半にあったETCの半減期は
異常なまでのビットコイン暴騰の影響をモロに受けた関係で
そこまで高騰しませんでしたが、これはほぼ例外でしょう。

この時期はほぼ全てのアルトコインの資金が
ビットコインに流れてしまい
ビットコイン建てで平均20~30%の大暴落をしていました。

 

ただ、いわゆる半減期ネタはまだまだ健在で
XZC(ZCoin)やOK(OKCoin)など
今月~(2018年)3月かけてにある半減期ネタは
また高騰材料として利用できるかもしれませんね。

 

今後のLiskの半減期の予定

次の半減期の予測は2018年10月31日と言われていますが
おそらくこれよりも早まることになるでしょう。

というのも、ブロック進行スピードはマイナーの数によって左右されますが、今後Liskの知名度が上がればもっと早くなるでしょう。

 

Liskの半減期の予測(カウントダウン)は以下のサイトで公開されています。

cc001 - Professional Lisk Delegate

あくまで現在のブロック進行速度から計算された日時なので、日にち単位で誤差が出ると思います。

 

まとめ

短期的に稼ぐのであれば
予め半減期の予定日を把握しておき高騰する前に仕込んでおくといいですね。

ただ、ビットコインの暴騰暴落で
アルトコインが軒並み道連れにされちゃうのでそれだけは注意しましょう。

私もそのせいで何回も焼かれましたから(笑)

 

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(国内3大取引所、アプリ利用者数No1)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-Lisk(リスク/LSK)

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.