ICO

500以上の業界リーダーがLATブロックチェーン経済フォーラムでブロックチェーンの指針を図る

【PR記事】この記事は、海外ICOであるLAT(Latoken)のPR記事です。

世界初のマルチ・アセットのトークン化プラットフォームであるLATokenは、10月31日から11月1日にかけてニューヨークで主要な業界リーダーを集めたLATブロックチェーン経済フォーラムを開催し、急激に成長する暗号化経済の指針を図ることを目的としている。

マーケットリーダーの一人として、LATokenは500以上の企業経営者、投資家、学者、規制機関と協力してブロックチェーン業界の持続可能な規則とガバナンスの枠組みを考案することを目的とする。

Hanna Halaburda(カナダ銀行上級アナリスト、『Central Bank Digital Currencies』の著者)、Miko Matsumura(ビットコイン投資会社Pantera)、Alex Mashinsky(ガバナンス・ダイナミズム、30億ドルの出資)、Mike Jones(Science Inc.、MySpace)などを含むすでに20人以上ものスピーカーの参加が確定された。

参加者は、暗号化通貨は5兆ドルの市場か、それともただの夢物語か、スマート契約が中央銀行にとって代わることができるかどうか、仮想通貨への投資は法定通貨を勝るかどうかを定義しようとグローバルなブロックチェーンの機会を探る。

前売り券はすでに標準価格の40%割引で入手可能です。取材申請も受付中です。

LATokenについて

LATokenは暗号通貨の幅広い利用を実体経済で容易にし実物資産の価格にリンクされたトークンにアクセスすることでクリプト保持者がポートフォリオを多様化できるようにする。それが、9000+人以上の寄稿者から集められた資本金1850万ドルの最大のトークン化プラットフォームである。

LATokenは株式や商品、不動産から芸術品まであらゆる資産をトークン化して取引できるオープンなLATプロトコルを展開している。LATプロトコルは、トークンと原資産との間のリンクが法的及び技術的に強制可能であることを保証し、P2P契約上の権利移転を可能にする。このプロトコルにより、2025年までに1兆2000億ドル相当の暗号資産をトークン化して取引することが可能になる。

LATプラットフォームはすでに運用可能である。Apple、Tesla、Googleのトークン化された株式、その他の一流企業、金、石油、不動産ETFなどは暗号を介してLATプラットフォーム上で取引される。これは暗号ポートフォリオを法定通貨に変えずに多様化する良い機会である。不動産や芸術品などの非流動資産の所有者は、それらをトークン化し10%から40%とわずかな流動性プレミアムで売ることができる。法定通貨建てのトレーダーは、取引コストの削減と24時間365日の可用性によりNASDAQよりLATokenを選ぶことになる。

お問い合わせは、kate@latoken.com

【PR記事】この記事は、海外ICOであるLAT(Latoken)のPR記事です。
(PR・広告について)

お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です