ソーシャルレンディング

リスク&メリット!今スグ、投資型クラウドファンディングをはじめるべき理由

仕事も
投資も
マイルドが好き

週末投資家のうわ吉です。

 

さて今回は、
巷で噂の『投資型クラウドファンディング』のお話。

寄付タイプから
年利5%〜13%くらい狙える金融商品まである
クラウドファンディング市場。

 

稼ぎどきがまさに今!の注目の資産運用を
実際に運用している者としてレポートしていきます。

結論から言うならば、
すぐに1万円からでも良いでのはじめることをオススメしたい。

投資型クラウドファンディングとは

クラウドファンディングという言葉、
テレビのワイドショーでも見かけるようになってきました。

そのクラウドファンディングは、
解釈に寄って微妙に言葉が違っててややこしいのですが、
大きくわけて2つのカテゴリがあります。

 

1)見返りを期待しない寄付型、購入型

2)見返りを期待する投資型(融資型、貸付型、ソーシャルレンディングとも)

 

前者は、
『捨て猫の里親を探すための猫カフェをつくるので、寄付してください! or グッズを購入してください』
など、社会貢献の側面が強いもの。

 

後者は、投資家がリターン得ることが目的の、金融商品の側面が強いです。

この記事で解説する
投資型クラウドファンディングは後者の資産運用のための、金融商品をさします。

では早速、
投資家が期待する見返り、メリットから見ていきましょう。

投資型クラウドファンディングのメリット

わたしが着目するメリットを、3つほどご紹介します。

年利5%〜13%あたりと、そこそこ高い収益性

同じクラウドファンディングでも寄付型とは違い、
投資型は年利5%あたりからの案件が多い。

世界のすべての株の、
平均年利が5%程度と言われているので、(諸説有り)
それ以上のリターンを期待きたいできる投資ジャンルです。

手間がかからず、楽ちん

株取引やFXなどと違い、
投資型クラウドファンディングは、中途売却、解約が原則できません。

返済期間と、年利を選んだうえで投資先を決定し、
その後は、毎月の入金を待つだけ。

↑わたしの利益確定通知メール

 

株価の変動を気にしなくて良いので
比較的楽をしたい投資家に向いています。

私もそのタイプでして、
2017年1月に25万円を投資してからは、
たまに振込通知メールを見るだけ。

他の投資や本業に時間をさけるので
助かっています。

これからのチャンスに敏感になれる

どういうことかと申しますと、
投資型クラウドファンディングなど最近の新しい金融商品は、

IT化で効率化され、
基本的にWEBやアプリで完結

効率的で無駄のない運営体制が注目されています。

スマートフォンが普及し、
世界の人がインターネットに繋がる時代。
テクノロジーがますます進化することを考えると、
これからの資産運用、金融商品も似たようなアプローチのものが多くなるでしょう。

 

そんな世の中の流れがあるため
スマホが苦手、
パソコンが苦手など言ってるとチャンスをつかめません。

その流れにのる最初の一步としても、
投資型クラウドファンディングはオススメできるのです。

 

さて、
メリットの次はデメリット、リスクも見ておきましょう。

投資型クラウドファンディングのリスク

最大のリスクは
投資した(貸した)お金が帰ってこない

『貸し倒れ』でしょう。

 

 

しかーし!

ご安心ください。

 

最初に結論から申しますと、
この貸し倒れ率は、
大手、有名どころの仲介会社であれば、

『0.5%以下』で推移しています。
この情報は各社公開しているのでWEBサイトをチェックです。

 

しかも、
貸し倒れた場合でも、
担保や保証のある案件が多いので
実質的に損失を被る確率はかなり低いと思われます。

 

その辺は、
無料で口座を開いた後に見れる
案件一覧で確認できます。

 

また、
もうひとつのリスクとしては

 

『すぐに現金化できない』点もあるでしょう。

 

FXや株は数日で現金できますので、
そこは全く違います。

投資を決定する前の、『投資期間・返済期間』の間は、
解約不可・現金化できません。

余剰資金での運用が必須です。
もちろん複数会社、複数口座にリスクを分散することも基本です。

 

ただ、
会社によっては1口1万円から投資できる案件もあるようなんで、
まずは無料口座開設して、
募集案件を見てみることをおすすめします。

 

うわ吉のオススメは、
シェア50%超え、業界最大手のmaneoさん

ソーシャルレンディング maneo

また下記に、
国内各社の比較記事を書いていますので、
お役だてください。

【保存版:比較したよ!】国内ソーシャルレンディング、おすすめベスト3とその他サービスを一覧に。2017年の分散投資・口座開設にお役立てを!

 

もちろん、
ほとんどの会社で口座の維持費も無料です。

高給取りの証券会社の手数料ビジネスと違い、
効率化されたIT金融=フィンテックのおかげですね。

ちなみに、
これから投資型ソーシャルレンディングをはじめる方は、少額スタートがおすすめで、こちらの記事も参考になると思います↓

初心者は少額からトライできる!ソーシャルレンディングがあついリアルな運用成績

まとめ

乱高下の波を楽しむタイプの投資家にはおすすめできませんが、

マイルドで手間がかからず楽したい。
でも、一定のリターンも欲しい…タイプの人にはピッタリでしょう。

ぜひ、検討してみてください。

 

 

次は

どんな案件に投資しよかなぁ…

 

では、また。

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です