仮想通貨ニュース

GMOが公開した『Pay@Table』で仮想通貨はどう変わる?

更新日:

ビットコインを中心に仮想通貨は元々、経済をより円滑に回すための新しい通貨として開発されました。なので、その存在意義は私たちは現実のお金のように、仮想通貨でものの売買をおこなうことで発揮されます。

ですが、仮想通貨の誕生から10年も経っておらず、一般的に使われているとはいい難いです。特にこの日本ではものの売買のために仮想通貨を所持するのではなく、投資目的の方が多いのが現状。

 

そんな中でも、仮想通貨に可能性を見出している企業は、積極的にビットコインなどでのものの売買を効率的におこなう技術を開発しています。

 

GMOが公開した『Pay@Table』とは?

 

2017年10月30日にGMOインターネット株式会社が、ブロックチェーンを利用した「ブロックチェーンオープンソース提供プロジェクト」の第6弾として『Pay@Table』を公開しました。

 

Pay@Tableというのは以下のようなことを可能にするプログラムです。

 

利用者(飲食店などのお客様)は、伝票に印字されたQRコードをスマートフォンなどで読み取り、表示された金額(トークン数量)の支払いを許可するだけで会計を済ます

引用:『「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト」第6弾・店員を呼ばずにテーブル会計ができる「Pay@Table」を公開』

 

これによって、わざわざ店員を呼んで支払いをおこなう必要がなくなるため、オペレーションコストを軽減させることができます。

 

Pay@Tableの仕組みは、まず店舗がPay@Tableに登録していることが前提となります。利用者側は伝票に印字されているQRコードを読み込み、仮想通貨で決済をおこないます。決済した仮想通貨はPay@Tableのブロックチェーンに入金。さらに、飲食店はいつでも支払い確認をおこなうことができるようになっています。

 

Pay@Tableでは追加支払いや返金などにも対応しているので、支払額に対するトークンの数量が間違っていたとしても、スムーズに処理が可能です。

 

加えて、支払いはブロックチェーンを経由するため、支払金額など全て記録されているので、金額の確認も非常に簡単。再計算などのオペレーションコストを軽減し、効率的な処理を可能してくれるとのことです。

 

このニュースを読み解くポイントとは?

 

このニュースを読み解くポイントは2つ。

 

・ブロックチェーンの信頼の高さ

・支払いの形が大きく変わる可能性

 

ブロックチェーンの信頼の高さ

 

今回、GMOが公開したPay@Tableといシステム。このシステムの核になるのが、ブロックチェーンの信頼の高さです。

 

これまで、飲食代を店員を呼ばずにテーブルにお金を置いて決済することはありました。しかし、それは個人店であったり、そのお店の常連だとかお店とお客様の関係性が出来あがっている場合だけ。というのも仮に支払ったお金が多かったり少なかったりしても、『次もまた来る』という前提が必要だからです。

 

しかし、この前提がない一見さんであったり、頻繁に足を運ばないお客さんではテーブルでの決済はできません。

 

ブロックチェーンという仕組みは、複数のデータを分散して記録・保持しデータの改ざんや消失などを防いでくれます。Pay@Tableは会計時にブロックチェーンを仲介させることで、レジでの会計と変わらない信頼度での決済を実現。

 

さらに、不足分などがあった場合はブロックチェーンを介して請求することができるのでお店とお客さまの関係が出来あがっていない、一見さんなどでもテーブルでの会計をおこなうことができるのです。

 

Pay@Tableはブロックチェーンの信頼の高さがあるからこそ成り立つシステムなのです。

 

支払いの形が大きく変わる可能性

 

Pay@Tableはブロックチェーンの信頼の高さがあるからこそ、可能なシステムです。これまで店員を呼ばなければできなかった会計をテーブルにわざわざ店員を呼ばずおこなうことができます。

 

まだ飲食店での利用を前提としたシステムですが、もしPay@Tableが上手くいけば、公共料金の支払いや飲食以外の店舗などにも応用される可能性があります。そうなれば、これまで店員さんを介して行われていた支払いを、全て店員さんなしで、効率的にできるようになるかもしれません。現にGMOもプレスリリースで、

 

飲食店との親和性が高いプログラムですが、その他の店舗やWebサービスなどの料金支払いにも利用できます。

引用:GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト」第6弾・店員を呼ばずにテーブル会計ができる「Pay@Table」を公開

と明言しています。

まだ、仮想通貨の普及率なども低く広がるのには時間がかかりますが、Pay@Tableはこれまでの支払いの形が大きく変える可能性のあるシステムといえるでしょう。

 

みんなの反応

 

イーサリアムベースであることが、古参トレーダーにとって明るいニュースと捉えられている印象。

ブロックチェーンという技術に注目が集まっていますが、
実際に使いやすいかどうかが最大のポイント。

現場でつかう人にとっては、技術がどうだとか関係ないですからね。

まとめ

 

GMOが公開したPay@Tableというシステムは、会計の形を大きく変える可能性を秘めた仕組みです。そして、Pay@Tableの仕組みを実現しているのはブロックチェーンの存在があるからこそ。今後、Pay@Tableがどのように普及していくのか注目しておきましょう!

 

また、
GMOグループでは仮想通貨取引所も運営しており、
仮想通貨FX勢を中心に、日に日にその人気は高まっています。

私も口座開設済。ご興味がある方は↓からどうぞ。

GMOの取引所、GMOコイン公式サイトへ

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-仮想通貨ニュース

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.