その他アルトコイン 仮想通貨

【買い方】Monero(XMR/モネロ)を安く買える取引所、買い方・購入方法を解説します。

更新日:

ビットコインを追従する人気アルトコインのひとつ、Monero(XMR/モネロ)の買い方・購入方法を解説します。

Moneroは
国内取引所でも購入が可能な、
日本でも人気のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)です。
通貨コードはXMR。

 

今回は
Moneroを国内取引所で手早く購入する方法から、

なるべく手数料をおさえてオトクに購入&かしこく運用できるワザとして
海外の取引所(Poloniex)を活用する方法もご説明します!

 

海外取引所というと、
英語の心配とか脳裏をよぎるかもしれませんが、
一度操作してみると、意外にそうでもありません。

まずは実行していただくことが大事!

小額で一通り試されると
ミスしたときのダメージも少なくて安心ですよ!

Monero(XMR/モネロ)を、おさらい


上下をゆらゆらしながら
ビットコインやその他のコインが高騰すると
しっかりとついて来てくれる
安定感のある通貨という印象です。

 

国内取引所のコインチェックでは
他の通貨がビットコインに引っ張られる中で
もくもくと価格を上げたりする動きを見せたりもします。

 

アメリカ時間(日本の夜~)に価格が動きやすいと囁かれ、
アメリカ人が好きなコインともウワサされる

 

Monero(XMR/モネロ)

時価総額のランキングを見てみると、
執筆時点の2017/06/08で、9位。

2017/9/12追記:
この段階でも9位ですね。

アメリカでの需要は相変わらず高いらしく、
安定した人気を誇っています。

 

そんな高い人気をほこる通貨ながらも、
コインチェックでは
2017年5月中旬の全体暴落前の約4日間で
単価を3,900円から7,200円にまで上げ、

暴落も落ち着いた6月3日から7日にかけて、
高額単価の通貨でありながら
価格を4,800円から6,300円まで高騰させたポテンシャルを秘めています。

 

さらに、
8月の中旬からLISKの高騰に追従するかのように
6,000円前後の価格を一気に15,000円まで上昇させました。
(2017年9月現在は12,000円前後で落ち着いてますね)

 

ビットコインや
イーサリアムのような安定感がありながらも
いくらかの遊び心が欲しい。

Moneroは
そんないいとこどりの特性をもった
アルトコインではないでしょうか。

価格も上下にほどよく動くので、
長期運用で戦略も立てやすい通貨だと思います(個人的に)。

引用:CryptoCurrency Market Capitalizations

そんなMoneroの、
開発意図とはどんなものなのでしょうか。

 

 

モネロ(Monero XMR)とはアルトコインの一種でビットコイン以上に匿名性を持っています。その中でモネロ(Monero XMR)はリング署名という技術を使用されています。

閲覧と送金用の二つのアドレスを保有しており、送金を行った際ワンタイムアドレスというアドレスを作り出します。取引の履歴は、ワンタイムアドレスが履歴となるため外部から追うことができません。ビットコインでは、いくら、どこに、いつ送ったか外部から把握することができますが、モネロ(Monero XMR)ではこのような仕組みから匿名性が高いと言われています。

引用:tech is mine

Moneroはブロックチェーンの堅牢さを保ちながらも、
高い匿名性を実現した仮想通貨として生まれました。

日本ではとくに必要に感じないかもしれませんが
アメリカ政府によってビットコインへの監視が発覚したことで、
アメリカではとくに需要が高い匿名系アルトコインです。

あるいは、
怪しいモノや事柄を取り扱うダークマーケットの決済にも便利だとか・・・

 

そんな需要から
一時期は時価総額4位にまで上り詰めていたMonero。

今回は折り紙つきの実力を持つMonero(XMR/モネロ)を
購入する方法を見ていきましょう。

Monero(XMR/モネロ)の購入手順

Moneroの購入方法としては、
二通りあります。

ひとつは、
国内の取引所で購入する方法。

もうひとつは、
海外の取引所で購入する方法です。

 

そもそも、
国内で容易に購入ができるにもかかわらず
なぜ、

いかにもめんどくさそうな
海外取引所から入手する必要があるのでしょうか。

 

 

というのも、
国内ではアルトコイン取引の手数料が高く
コインを買ったはいいものの

コインの高騰下落に応じた自由な動きができない・・・!

そんながんじがらめの罠に陥りやすいため、

 

 

売り買いを楽しむトレーダー気質に、
是非とも海外取引所をオススメしたいのです。

私自身もトレードまがいの真似が好きなので、
手数料で身動きが取れないのは
もったいないと感じるタイプだったりします。

 

 

もちろん、
長期運用目的で
購入してそのまま塩漬け→気絶したり、
手持ちが出来たときに安値で買い足すような中長期的な運用方法であれば

国内取引所でも
Moneroの恩恵を十分に受けることができるはずです。

国内取引所でMoneroを購入する方法

Moneroの購入が可能な国内の取引所は
現在のところ
coincheck(コインチェック)のみです。

coincheckで口座を開設すれば
銀行入金(入金ラグ有り)やコンビニ払い(オススメ方法)、
Moneroを簡単に購入することができます。

※クレジットカードでの購入はビットコインのみ

 

注意点として、
コインの売買ごとに支払わなければいけない手数料である
スプレッドというものが存在し、

あまり頻繁に売り買いを繰り返すと
あっという間に資産が消えていくので注意しましょう。

取引状況が激しかったりすると、
Moneroを購入して売却するだけで10%以上のお金がかすめとられてしまいます。

とにかく手軽に購入しつつ
Moneroを中長期で大事に握っておく運用方法であれば
国内取引所を活用するのが良いかと思います。

海外取引所でMoneroを入手する方法

海外取引所の利点としては
何よりも特筆すべき
スプレッドも含めた手数料の安さと、
圧倒的に取り扱い通貨の種類が豊富な点でしょう。

海外というデメリットを差し引いてでも、
十分に利用する価値があります。

 

今回利用するPoloniex(ポロニエックス)では
Moneroのような有名コインから
激安のマイナーコインまで
約60種類近く取り揃えているので

手数料の安さを武器に
話題のコインに乗っかったり
一攫千金のコインを狙ってみたりと
非常に使い勝手が良く利用できます。

 

Moneroのほかに
いろいろなコインを試してみたい方や
デイトレーダーのような
短期での運用スタイルであるなら、

多くの上級者トレーダーが
海外取引所の利用をプッシュするでしょう。

 

海外取引所でMoneroを購入するには
以下の3ステップを踏む必要があります。

  1. 国内の取引所で日本円を使い、ビットコインを購入する
  2. 入手したビットコインを、海外口座(本ページではPoloniexを使用)へ送金する
  3. Poloniexで日本から送金したビットコインを使いMoneroを購入する

海外取引所で直接Moneroを購入すれば?
そんな、疑問に思う点があるかもしれませんが、

海外の取引所では
日本円が使えないのです。

 

これが海外取引所を使うデメリットのひとつです。

 

日本で海外取引所を利用するためには、
世界仮想共通通貨とも言えるビットコインを購入する、

つまり
海外で買い物できるように
両替する必要があるのです。

 

ですが
慣れてしまえば意外にカンタン!
時間のあるときにでも
ゆっくりとチャレンジしてみましょう。

 

※もうひとつ、重要なデメリットがあります。
それは送金トラブルが発生したときの対処です。

受け取りアドレスが海外の取引所で生成されるため
送金が完了しない!といったトラブルに見舞われた際は
Poloniex側に英文でコンタクトを取ったり、
ブロックチェーンのエクスプローラーを提出する対処が必要になってくるのです

 

 

とりあえず国内の取引所でビットコインを購入

とにもかくにも、
国内取引所でビットコイン(BTC)を購入します。

日本円を
海外で使えるようにするために
両替する感覚だと思ってください。

当然ですが、
日本円が必要なときは
ビットコインで日本円を購入することもできます。

肝心の取引所ですが
国内取引所のメジャーどころといえば
以下の3社が有名ですね。

  1. コインチェック(入門者に使いやすい人気取引所&コインの種類が豊富な現在日本一の取引所)
  2. ビットフライヤー(ビットコイン取引の準最大手&テレビCMも打つほどのメジャー)
  3. Zaif(一風変わったサービスが豊富&操作性にクセがアリ)

私のオススメは、
コインチェックとビットフライヤーでしょう。
安定の人気を誇る国内取引所です。

オススメ国内取引所

コインチェックは、
海外取引用のビットコインを購入する用途のほかに
人気のコインを12種類ラインナップしているので、
直接Moneroを購入したり、

いろんなコインを
底値でちょこちょこ買い足して値動きを楽しむ
中長期の運用にもオススメです。

 

ただし、
短期運用での利用を検討している場合は、
購入、売却の度に
笑えない手数料を徴収されるので
勝利のハードルが一気に高くなります。

 

短期運用であるなら、
ちょっと手間ですが
海外取引所を利用するのが安定かと思います。

 

ビットフライヤーは、
個人間の直接取引でビットコインを購入でき、
比較的安くビットコインを購入できるのがいいところですね。

ただし、
もともとビットコイン専売所だったために
コインの種類が少なく、
ビットコインとイーサリアムのみの取り扱いとなっています。

2017/9/12追記:
現在はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に加え
イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)なども取り扱うようになりました。
(※Lightning取引対応通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュのみ)

 

手間もそんなに掛からないので
上記の二つとも
アカウント口座を作っておくのがオススメです。

 

どちらかひとつであれば、
扱いやすさに定評のあるのコインチェックでしょうか。

基本的にどの取引所も
口座開設にかかる費用や
年間維持費用は
大半の取引所で無料(今のところ有料というのを見たことがありません)なので、

上記4口座を全部作っておいても良いくらいです。

 

リスクの分散であったり
サーバーが落ちたときの避難所にしたりと

口座が複数あると
なかなか便利です。

 

アカウント口座を準備できたら、
日本円を入金してビットコインを購入しましょう。

 

最低、いくらからMoneroを購入できるのか

 

最低いくらのビットコインがあれば、
Moneroを買うことができるのでしょうか。

執筆時点のPoloniexにおける最低購入価格は下記でした。
『0.01990230 BTC』

 

単価は1BTC=300,000円換算で
約5,970円ですね。
単価が比較的高いコインなので、
あまり所持しているように感じられませんが、
きちんとそれに見合った値動きはしてくれるのでご安心ください。

 

まずは小額といえど
緊張感を味わうことができる
0.03 BTC(10,000円前後)くらいから
はじめてみてはいかがでしょう。

十分にエキサイティングできます!

購入したビットコインを、海外取引所の口座へ送金

おすすめ海外の取引所

有名な海外取引所といえば
日本人トレーダーの利用率が圧倒的に高い

POLONIEX(ポロニエックス)でしょう。

取引所チャットや2ちゃんねる、ツイッターでも
『POLO、ポロ』の愛称で、必ず目に入ってきます。

 

上級者なら誰もがすすめるはずです。
『アルトコインの短期運用なら、ポロ一択』であると。

 

ポロ関連の日本語サイトも豊富なので
送金やお金に絡む不安な点なども
調べればだいたい出てきてくれるのが助かります。

 

Poloniexで口座を作って、
ビットコインを購入した取引所から
Poloniex口座へビットコインを送金します。
※入力を間違えるとお金が電子の海に消えるので、小額送金テストを必ず実行しましょう

 

Poloniex側で無事にビットコインを受け取ることが出来たら、
次のStepへ。
※送金の受取りにだいたい30分~1時間くらい見ておきましょう。

 

取扱い通貨種類の多さで選ぶなら
Bittrex(ビットトレックス)もオススメです。

Poloniexが70種類近くの銘柄を取り扱うのに比べ、
Bittrexでは200種類近くの通過を取り揃えます。

マイナーコインを青田買いしたい短期プレイヤーから
圧倒的な指示を得ている取引所です。

OmiseGOといった著名なトークンの多くが
最初に上場する取引所として選ばれやすい印象ですね(MobileGoの取扱いはまだでしょうか・・・)。

 

海外の取引所でMoneroを購入する

Poloniexの口座にビットコインが着金すれば、
あとはMoneroを購入するのみ、です。

購入方法は、
Poloniexの右上、通貨一覧の中からMoneroをクリックします。

左下の『BUY XMR(XMRはMoneroの通貨コードです)』で価格と数量を指定します。
心配な方は
ブラウザタブに翻訳を出しておいても良いかもしれません。

 

まずは半分ほど購入して
様子見しましょう・・・

というのも、
手持ちのお金(ビットコイン)をすべて使ってしまうと、
通貨の値上がりがほぼ約束されたような状況で
コインを購入できずに
指をくわえるだけの悲しい状況に陥りやすいのです。
(※アルトコインを売って手持ちを作るのは、一部の状況を除きけっして得策とはいえません)

 

仮想通貨を始めると

乗っかり
買い増し、買い足し
ナンピンなど

 

いくらでも安値で購入できるチャンスが訪れますが、
それでも、
ここぞ!というときに動けないのは切ないものです。

ビットコインに余力を残せるよう、
なるべく意識するようにしましょう。
(国内取引所の場合は、日本円で)

 

右肩上がりの仮想通貨世界では、
値上がりはもちろん、
値下がりも貴重なチャンスとなります。
そんなチャンスを逃さないようにしたいですね!

ちなみに
ビットコインのまま蓄えていても、
ビットコイン(仮想通貨)は基本的に値上がりしているので
完全な機会損失というわけでもないのでご安心ください(一斉暴落のリスクはありますが)。

 

 

そして

時間があるときは
チャートを眺めたり
有志のサイトを覗いたりして
ポロの使い方に慣れるようにしましょう。

 

ポロのチャートはとても優秀なので
日本の取引所でも活用できますよ!

まとめ

ということで、

【購入方法】定番の人気コインMonero(XMR/モネロ)の購入方法・購入手順を解説します。【国内でも買える!】

をお届けしました。

 

海外取引所デビュー予定の方は
Moneroだけにこだわらず、

マイナーだけど
これから爆上げするかもしれないコインが
たくさん眠っていたりするので
ぜひ、ダイヤの原石(?)を発掘してみてください!

 

また、
仮想通貨で稼ぐネタは、
他にも多くの記事を書いています。
あわせてお役立てください。

『仮想通貨』カテゴリへ

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-その他アルトコイン, 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.