ICO

【用語解説】ICO(新規仮想通貨公開)をわかりやすく解説!

ビットコインとアルトコイン

ビットコインや仮想通貨の取引をしている方なら、始めたばかりのビギナーさんでも一度は聞いたことがあるキーワードではないでしょうか?

正確に言葉の意味を理解して、仮想通貨を取り巻く世界をより深く知ることで、仮想通貨投資にもきっと役立つはず!

ICOを超わかりやすく説明

ビットコインとアルトコイン

SBクリエイティブが運営するサイト『ビジネス+IT』の説明によると、ICOの定義は下記のように紹介されています。

ICOとは何か?
ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)とは、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行/販売し、資金を調達する手段/プロセスのことを指します。投資家には「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨(資産)を購入してもらい、原則として対価は支払われません。別名「クルドセール」や「プリセール」、「トークンセール」などとも呼ばれ、株式を利用した従来の方法(IPO:新規株式公開)以外の資金調達手段として注目を集めています。

引用元:ICOとは何か? ビットコインなどの「仮想通貨」使った資金調達方法の基礎を解説

ふむふむ。なるほど。

つまり!どういうことかというと、ICO(新規仮想通貨公開)とは、

何かを始めるためにお金を集めたい企業や団体が、新しい仮想通貨を発行すること

またはその仮想通貨のこと

です!!!

株式投資をしている方なら、IPO(新規株式公開)の仮想通貨版だと思っていただければ大丈夫です。

ICOは別名、未公開プレセールやクラウドセールとも言われます。つまり、ICOの情報をチェックしておけば、まだ取引所に公開される前の仮想通貨をいち早く購入できる宝石の原石のようなものです。

ICOはなぜ注目しておくべきなのか?

注目する女性のイメージ

それでは、なぜ仮想通貨取引をするうえで、ICOがチェック必須なのか、それは……

未公開の仮想通貨を購入することで、将来大幅に値上がりする可能性があるから

ですね。

安く買って高く売るのが利益を得るための基本ですが、仮想通貨を一番安く買える方法が、このICOなのです。

いまやビットコイン、リップルに次ぐ時価総額を誇るEthereum(イーサリアム)はICO(プレセール)で16倍まで跳ね上がり、Factom(ファクトム)もICO時点から大きく値を上げました。

うまくすれば、一番安いタイミングで大量に購入しておき、大きな値上がり益を得ることができるのが、ICOの楽しさです。

でも、儲かるチャンスが大きい反面、ICOにはリスクもあります。

 詐欺も!リスクもあるから参入には注意が必要!

ICOに参入しても無価値になってしまうリスクがある

ビットコインや仮想通貨、さらには投資全般にも言えることですが、ICOの場合は特に、価格高騰の可能性も価格暴落の可能性もあります。買ったは良いものの、無価値になってしまうリスクもあります。

ICOに積極的な人でも、必ず分散投資をしています。いくつかのICOに参加し、どれかが当たればOKというスタンスの人がほとんどです。

2017年10月には金融庁からICOの高いリスクについての注意喚起の文書が発表されました。

2017年はビットコインの価格が高騰し、テレビでも取り上げられたため、安易に「儲かりそう」とリスクを理解せずに参入する人を制するための注意喚起だと思われます。

きちんと理解していない人は、仮想通貨取引所での取引だけにしておいて、ICOには手を出さないほうが無難かもしれません。

ICO詐欺も発生している

詐欺のイメージ画像

「公開前のICOだから必ず価値があがる」と言葉巧みに資金を集める、ICO詐欺も横行しています。

人を介してICOに投資したり、セミナーで人集めをしてお金を集めてるケースは大体怪しいと思ってください。

さらに、有望なプロジェクトだと思ってサイトを訪れた人がフィッシング詐欺の被害を受ける事例も…。

ICOトークンセールは完全に自己責任となるので、詐欺を見分けられる目を養ってから投資するようにしてください。

ちなみに、詐欺トークンを見分けるポイントを、イケダハヤトさんのサイトから引用させていただきます。

  • ホワイトペーパーはあるか(内容は具体的で現実的か)
  • 少額から購入できるか(一口10万とかのコインは概ね詐欺です)
  • プロトタイプや、リリース済みのプロダクトあるか
  • メンバーや投資家、アドバイザーは信頼できるか

引用:http://www.ikedahayato.com/20170828/71957326.html

最近は原価割れするICOトークンも

金の卵と評されていたICOですが、この頃は上がって2倍、物によっては原価割れ(購入価格以下)するものもあるようです。

もちろん上場後にジワジワ値を上げる通貨もありますが、焦ってICOで買うことなかったという状況も…。

リスクがあることをしっかり分かったうえで、ICOに参加するようにしましょうね!

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です