※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

その他アルトコイン

【取引所】Electra(エレクトラ/ECA)が購入できる取引所

更新日:

仮想通貨プラットフォームの多くが目指す送金、決済市場。そこにまたひとつ、独自のブロックチェーンを引っさげた非中央集権型の仮想通貨が颯爽と?あらわれました。今回は名前がかっこいいプラットフォーム、Electra(エレクトラ)コインが購入できる取引所をご紹介してみようと思います。

Electraについてざっくりとおさらい

Electraプラットフォームについて

Electra(エレクトラ/通貨コード:ECA)は
独自システム・エレクトラブロックチェーンによって設計された仮想通貨です。

セキュリティーと消費電気を効率化されたNIST5というハッシュアルゴリズムを用いており
仮想通貨決済における、

  • 送金・決済の素早さ
  • 低コスト(手数料の安さ)
  • 強固なセキュリティー
  • 柔軟なスケーラビリティ対応

といった点で強みを持ちます。

 

ECAはCommunity Driven(コミュニティー駆動型)トークンと呼ばれ
Electraの経営権を持つCEOや

それによって執り行われるICO等は実施されず
非中央集権型の通貨を目指しているとのこと。

 

エレクトリックっぽいサイケな語感がブロックチェーンらしいと思いきや、
『Electra(エレクトラ)』はギリシャ神話の登場人物で、
オネアノスとテティスの間に生まれた女神の名、現在でも女性の名前として採用されるのだそうです。

 

トークンECAについて

ElectraのトークンECAはスペックです。

  • 発効日:2017年3月17日
  • 最大発行枚数:30,000,000,000 ECA(300億 ECA)
  • ※1,000,000,019 ECAがプリマイニング(事前発掘)されています
  • 最小単位:0.001
  • ブロック生成間隔:5分(1日あたり288ブロック)
  • アルゴリズム:NIST5

 

ECAウォレットが公式から入手可能です。

 

ECAが購入できる取引所

ECAは現在、日本国内の取引所では取扱いされていません。

ECAを購入するにはウォレットに準備あるいは国内取引所で購入したビットコイン(LTC)、
あるいはライトコイン(LTC)を対応取引所へ送金し、購入します。

現時点(2018年1月22日)で
ECAを取り扱う取引所は2取引所です。

Coinhouse

あまり聞きなれない名前ですが、
執筆現在(2018年1月22日)で
もっとも1日あたりのECA取扱量が多いのがCoinhouse取引所です。

 

とはいっても総量は全体の60%ほど、
もう一方のCryptoBridgeが40%でとわりと二分しているため
個人的にはCryptoBridgeの利用をオススメします。

 

ちなみにドメイン非公開ながら
アメリカ所在の取引所ではないかとウワサされています。

CoinhouseでのECA通貨ペアはBTCのみとなります。

 

CryptoBridge

最近人気の分散型取引所(DEX)、
CryptoBridgeでもECAを取り扱います。

日本語にも対応して扱いやすく、
日本人利用者も多いのがこの取引所の良いところです。

とくに普段ZAIFを利用している方であれば、MONA建ての通貨が豊富で、
人気通貨も多いこちらを利用すると良いかもしれません。

 

ECA通貨ペアはビットコイン(BTC)のほかに、
ライトコイン(LTC)も対応しております。

 

まとめ

現在ECAを取り扱う取引所は2わずか箇所のみにとどまりますが、
将来的には取扱い取引所を増やし、
Community Drivenという名にふさわしくコミュニティを発展させるとのこと。

CryptoBridgeでもMONAやBitZeny、XPといった
コミュニティー通貨が話題になって間もない今日この頃なので、
コミュニティー通貨に興味がお有りの方は要チェックのコインかもしれません。

 

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-その他アルトコイン

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.