仮想通貨ニュース

ビットコイン、分裂バブルか?(追記、第四の分裂は中止)

更新日:

仮想通貨の代表的な存在として知られるビットコインですが、

2017年に入ってから急激な上昇を続け1月には1BTC=972ドルだったものが、11月初旬には1BTC=7,000ドルを記録しました。

8月にはビットコインキャッシュ、10月末にはビットコインゴールドに分裂しましたが、

さらに11月中旬にはさらなる分裂が予定されています。

なぜビットコインは値上がりと分裂が続くのでしょうか?

 

2017/11/09追記:11月中旬の分裂は、中止(無期限延期)となったようです。この記事は、分裂中止決定以前の内容を含みますので、ご注意ください。

上記記事を読み解いてみたいと思います。

ニュースの概要

ビットコインは2017年11月19日前後に3回目の分裂をしてSegwit2×が誕生する予定です。
8月に初めて分裂しビットコインキャッシュが誕生してから、10月末にはビットコインゴールド、そして今回のSegwit2×と分裂が相次いでいます。

そもそもセグウィットとは…

ブロックに入れる取引のデータのサイズを小さくして、より多くのデータをブロックに入れられるようにします。

取引のデータには、インプット・アウトプット・電子署名が入っていますが、電子署名の部分をウィットネスという別枠に入れて扱います。

これをセグウィット(segwit)と呼びます。

セグウィット(segwit)により、今までよりも約60%データのサイズを小さくすることができ、ブロックに1MB分入っていたのが、1.75MB分の取引が入れられるようになります。

(参照元:暗号通貨ナビ

といった技術のことです。

パソコン内のデータを圧縮することで重くなった動作が改善されることとよく似ています。

ビットコインは近年需要が爆発的に増え、取引や記録する作業が遅れているため中国のマイナー(採掘者)たちが先導してこのセグウィットと呼ばれる技術を実装したビットコインキャッシュに分裂させました。
それに加えてSegwit2×は取引を記録するための台帳のサイズが1MBから2MBになり、より多くの取引を記録できるようになります。

ビットコインの性能がよくなって値段も上がるなら良いんじゃないの?なんて気もしますが、実はそうとも限らないのです。

読み解くポイントと解説

そもそもなぜビットコインが今年に入り分裂を続けているのかというと、先述のようにビットコインの取引量が増えたために既存のシステムでは不具合が出るようになったからです。

初めてビットコインがビットコインキャッシュと分裂したときには、資産価値を保護するために新しい通貨を取り扱うように進め、元々ビットコインを保有していたのと同じだけビットコインが付与されました。

その後ビットコインキャッシュは高値を記録し、ビットコインを持っていた人は大きな利益を得たのです。
海外の仮想通貨取引所では新通貨を顧客に与えなかったとして訴訟された事例もあり、取引所はビットコインの新通貨を取り扱わなければならないのが暗黙の了解となっています。

 

ですがこの流れに乗じて、わざとビットコインを分裂させて利益を得ようとするマイナーも多く存在します。

野村総合研究所の田中大輔氏は

マイナーが競争に勝ってマイニング料をもらうことができるというインセンティブがあることで、ブロックチェーン、ひいてはビットコインは維持されているわけです。マイナーがマイニングしてくれないと続いていかないシステムなのです。
いわばマイニングはビットコインの維持コストですが、それは誰かが一元的に管理しているわけではなく、オープンなシステムになっています。それゆえに、コア開発者たちや有力マイナーの間で利害関係も生まれて、自分に有利な仕組みにするにはどうしたらいいかで争いごとが起きてしまうわけです。

(参照元:毎日新聞経済プレミア

と語っています。

 

前回ビットコインゴールドの分裂を推進した香港のライトニングASICは、分裂前に大量のビットコインゴールドを保有して巨大な利益を得ました。
今回分裂を進めているのは中国本土のマイナーたちです。

2017年に入り中国・韓国が立て続けにICOを違法としました、それにより新たな資金調達法として通貨の分裂が注目されているのです。

 

もちろん本当にユーザーのための改善ならばいいのですが、Segwit2×は開発者やソースコードが不透明なためプログラム自体の脆弱性が指摘されていたり、リプレイアタックと呼ばれるハッキング対策が不十分であるといった批判の声もあり、個人投資家は注意が必要です。

 

みんなの反応

 

技術に詳しい方々は、その問題の深刻さについての言及が多いようです。

しかし、
投資家・投機家は技術なんて関係ない。儲かればOK!といったところでしょうか。

マネーの流入が止まらず、ビットコインは市場最高値を更新します。

 

 

まとめ

今は順調に値上がりを続けているビットコインですが、マイナーにより作為的に市場操作されたこの状態をバブルとみなす人はたくさんいます。
JPモルガンのCEOをはじめとしてウォール街の重鎮たちはビットコインの現状について「バブルだ」「詐欺だ」と強い論調で批判しています。

 

いかなる公的機関とも関係を持たない公平な新通貨として誕生したビットコインですが、規模が大きくなるにつれだんだんとその様相も変化しています。
特にビットコインの開発チームはSegwit2×に反対しており、2017年5月にニューヨークで行われた協定にも参加していません。

Segwit2×に分裂した後は多くの予想の通りバブルは弾けるのでしょうか、それとも高値を更新し続けていくのでしょうか?
11月以降ビットコインがどのような動きを見せるのか世界中が注目しています。

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-仮想通貨ニュース

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.