Zaif(ザイフ)

【Zaifアプリ】特徴・使い方・評判を、完全ガイド!

更新日:

いろいろと
面白い企画を積極的に
押し出している
取引所「Zaif」。

今回は、
Zaifのスマートフォンの
アプリケーション(以下、Zaifアプリ)を、
徹底的に解説します。

現状、
Zaifのアプリを網羅的に
説明してある記事は、
見当たらないので、
決定版となるでしょう。

これでもかというくらい、
画面キャプチャを使いながら、
説明しているので、
わかりやすさは保証できます。

それでは、
解説を始めましょう。

Zaifアプリの特徴

Zaifアプリの特徴は、
公式サイトで次のように
書かれていました。

  • ビットコインとトークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。
  • トークンの受信はプッシュ通知で確認することもできます。
  • Zaif アドレスは複数作成することができます。
  • HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、安心して利用することができます。
  • ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。

引用:Zaif公式サイト

仮想通貨とトークンの
送受信から取引まで、
一括して、操作ができるようです。

トークンを受信した時に
プッシュ通知してくれる機能も、
便利そうです。

さらに、
取引所である「Zaif Exchange」も
使えるということで、
期待値は大きいですね。

対応OS

Zaifアプリは、
iOSとAndroidに
対応しています

今回は、
私のスマホがiPhoneなため、
iOS版での説明になりますが、
機能的に大きな違いはないはずです。

Zaifアプリの評判

ZaifアプリのApp Storeでの評価は、
星1.5」でした。

なかなか辛口な評価ですね・・・。

それでは、
実際のところ評判は、
どうなんでしょう?

Twitterを使って、
Zaifアプリの評価を
リサーチしてみました。

すると、
やはりというべきか・・・
肯定的な意見を見つけることは
できませんでした。

みなさん、
Zaifのアプリに対して、
何らかの不満を感じているようです。

私も、
Zaifアプリをいろいろと
イジってみましたが、
使い勝手はあまりよくない
という点に、同意です。

スマホの電池が
減りやすいのは、
ちょっとマイナスですね。

今後、改善されることは
あるのでしょうか?

確かに、
Zaifのユーザーインターフェースは、
あまり直感的な操作に適しているとは、
言い難いですね。

Zaifアプリには、
バグも発生するようです。

大事な取引の時に、
バグが起きたら・・・と思うと、
少し不安になりますね。

とうとう、
ダウンロードする価値がない
とまで、言われてしまっています。

このままでは、
CoinCheckやbitFlyerの
アプリに勝つことはできないでしょう。

Zaifのアプリ開発チームは、
早急に解決案を考える必要がありますね。

基本的な使い方

ここでは、
Zaifアプリの基本的な使い方について、
解説します。

Zaifアプリの操作は、
前章で述べたように、
ちょっとわかりにくいですので、
ここでわかりやすく説明したいと思います。

価格を見る

まずは、
最も基本的な操作である
仮想通貨とトークンの価格の見方について、
解説したいと思います。

画面下にある「Zaif」アイコンを押下して、
表示される画面の「取引所はコチラ」か「取引所」(赤枠部分)を
クリックします。

続いて表示された画面で、
通貨ペアを選択して、
チャートから、価格を見ることができます。

ここで価格を見ることができる
仮想通貨・トークンは次の通りです。

■ 仮想通貨

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(ethereum)
  • ネム(NEM)
  • モナーコイン(Monacoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

■ トークン

  • ZAIF
  • CounterPartyトークン(XCP)
  • BitCrystals(BCY)
  • Storj(SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ペペキャッシュ(PEPECASH)
  • CAICAトークン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)

それぞれの仮想通貨・トークンの特徴は、
以下の記事にまとめてあります。

【取扱通貨】ZAIFで取引きできるアルトコイン・取扱い銘柄を解説します

送信

ここでは、
仮想通貨・トークンの送信の
仕方を解説します。

Zaifアプリでは、
比較的簡単に、
送信を行うことができます。

アプリ画面下にある、
「トップ」アイコンをクリックすると、
ビットコインやカウンターパーティーの
送信をすることができます。

次の画面(左側)の
「紙ヒコーキ」アイコンをクリックします。

続く画面(右側)で、
送り先と金額を入力して、
「送信」を押下します。

これで、
操作は完了です。

受け取り

ここでは、
仮想通貨・トークンの受け取りについて、
解説したいと思います。

そのためには、
アプリ画面下にある
「受取り」アイコンをクリックします。

すると、
ウォレットアドレスとQRコードが表示されます。

送信相手に、
表示された、
ウォレットアドレスか、
QRコードを読み込んでもらえば、

仮想通貨やトークンを、
他の人から受け取ることができます。

これは、
わかりやすいですね。

簡単売買

それではここから、
仮想通貨の売買について、
解説していきます。

まずは、
Zaifの簡単売買について、
解説します。

簡単売買では、
ビットコインとモナーコインを
取引所ではなく、販売所から、
売買することができます。

画面下にある「Zaif」アイコンを押下します。

すると、
売買画面に遷移するので、
数量か金額を入力して、
「売る・買う」ボタンを押下しましょう。

販売所での売買は、
スプレッドが大きいので、
あまりおすすめできません

スプレッドとは、
仮想通貨の購入価格と売却価格の差額です。

例えば、
1BTCあたりの購入価格が480,000円で、
売却価格が520,000円だとしましょう。

この場合、
スプレッドは40,000円になります。

つまり、
取引で得をするためには、
スプレッドの小さい取引所を
活用するほうが好ましい
でしょう。

次の章では、
取引所での売買について説明します。

取引所での売買

ここでは取引所の使い方を
説明したいと思います。

取引所は、
販売所に比べて、
スプレッドが小さいので、
有利なレートで、
取引することができます。

それでは、
「価格を見る」で説明した通り、
取引所の画面へと移動しましょう。

すると、
次のようなフォームが表示されます。

「現物買い」と「現物売り」が、
通常の取引になります。

ここで、
「指値」と「成行」と2種類の注文方法があることに、
着目しましょう。

指値注文は、
値段を指定して、
その価格になれば
売買を行う方法です。

例えば、
現物買いで、
1BTCの価格を500,000円、
量を1(BTC)と入力すると、
ビットコインの価格が、
500,000円になった時に、
1BTCが自動的に購入されます。

一方、
成行注文は、
値段を指定せず、
その時の価格で
売買を行う方法です。

そのため、
1BTCの価格を
入力する必要は、
ありません。

次に、
信用買いと
信用売りについて、
説明します。

信用取引は、
証拠金を担保にして、
レバレッジを効かせた
取引ができます。

レバレッジとは、
直訳すると梃子(てこ)という意味です。

梃子が小さな力で、
大きなものを持ち上げることができるように、
少ない資金で、大きな取引を行うことができます。

例えば、
資金が100,000円の時でも、
レバレッジ倍率5倍の信用取引を行えば、
500,000円の取引を行うことができます。

ただ、
扱う金額が増える分、
リターンも増えますが、
リスクも増えます。

信用取引を行う時は、
その点も考慮にいれて、
取引しましょう。

なお、
Zaifの場合、
レバレッジ倍率は、最大7.77倍です。

信用取引では、
資金を借りて、レバレッジを効かせるので、
当然、金利が発生します。

Zaifの場合は、
1日あたり0.039%です。

ちなみに、
画面下の「取引所」アイコンからも
カウンターパーティートークンを
売買することができます。

ここで購入したトークンは、
「トップ」画面で表示されます。

クレジットカードで購入

ここでは、
クレジットカード購入の
解説をします。

Zaifアプリ上で、
ビットコインとモナーコインを、
クレジットカードで購入できます。

まずは、
アプリ画面下にある
「Zaif」アイコンをクリック。

赤枠で囲まれている、
「クレジットカードで購入」を押下します。

次に、

  1. 通貨を選択
  2. 購入金額の決定
  3. 購入量を確認

した後で、
「購入手続きへ」を押下します。

次の画面で、
クレジットカード情報を入力して、
アプリ上から支払いをすることができます。

スマートフォン上から、
仮想通貨を購入することができるのは、
とても便利な機能ですね。

これで、
買い時を逃すことなく、
仮想通貨を手に入れることができます。

ただ、
クレジットカード購入は、
他の取引所でもそうですが、
手数料が多めにとられるので、
その点は、注意が必要です。

Zaif Payment

ここでは、
Zaif Paymentについて、
解説します。

Zaif Paymentに登録すると、手数料無料で、
ビットコイン・モナーコインの支払いを
することができます。

商品購入に支払った仮想通貨は、
円に換金して、振り込まれます。


引用:Zaif公式サイト

Zaif Paymentの
申し込み方法を、説明します。

まず、アプリ画面下にある
「Zaif」アイコンをクリックします。

そして、
赤枠にある「決済」を押下します。

遷移先のページを下に
スクロールさせていくと、
次のようなフォームがあります。

メールアドレスを入力して、
送信しましょう。

サービスは、
順次利用できるようになります。

登録・インストール方法と手順

取引所でZaifのアカウントを持っていても、
本人確認が終了していなければ、
アプリ内でも仮想通貨の取引を
行うことができません。

そのため、
あらかじめ取引所アカウントを作成して、
本人確認を終わらせておくようにしましょう。

まだ取引所アカウントを作成していない方は、
コチラで、登録することができます。

Zaifアプリは、iOS,Android対応ですが、
今回は、iOSの例をご紹介します。

恐らく基本的な登録方法は、
あまり変わらないはずです。

それでは、解説を始めます。

まず、App Storeに行って、
”Zaif”を検索しましょう。

すると、
Zaifのアプリケーションが見つかりますので、
入手ボタンを押下します。

Zaifアプリをインストールしたら、
それを開きます。

トップ画面が表示されました。

「新しくウォレットを作る」ボタンを押下します。

そうすると、
アカウントが作成されます。

このアカウントはZaifアプリのアカウントであって、
取引所のアカウントではない点に注意しましょう。

ここでは、
復元パスフレーズが表示されます。

復元パスフレーズは、
アプリのウォレットを
復元する時に必要になります。

注意するべき点は、
この復元パスワードがあると、
誰でも簡単にウォレット内に、
侵入することができてしまうところです。

そのため、
保管は紙にメモを残すなど、
厳重に行いましょう

 

また、画面内に書かれている通り、
「設定」ボタンから復元パスフレーズは、
確認することができますので、
万が一パスフレーズを忘れてしまっても、
問題ありません。

続いて、
パスコードを設定します。

誕生日などの推測可能なものや、
パスコードの使い回しは、
絶対に避けましょう

これでウォレットの
アカウント作成は完了です。

Zaifアプリの
ウォレットのアカウントを作成しても、
取引所のアカウントと連携させることが
できなければ、取引を行うことができませんよね。

ここからは、
ウォレットのアカウントを、
取引所のアカウントと連携する
方法について解説します。

 

取引所アカウントと連携すると、
スマホから仮想通貨の売買・送受信が
できるようになります。

まず、
トップ画面を開いて、
画面下にある「Zaif」アイコンを押下しましょう。

続いて、
表示された画面の右上にある
「三本線」のアイコンをクリックします。

展開された項目の中から、
「ログイン」を選んで、
押下しましょう。

ログインに成功すれば、
アカウントの連携は完了です。

これで、
スマートフォンから取引所Zaifの機能を、
利用することができます。

Zaifコイン積立

「Zaifコイン積立」は、
銀行口座から毎月固定額を
自動引き出しされ、

希望金額を、
積み立てることができる
サービスです。

 

毎月27日に引き落とし、
翌月10日から翌々月9日まで、
1日毎に、指定の仮想通貨を
買い付け、積立を行います。

Zaifコイン積立を
申し込むには、
アプリ画面下にある
「Zaif」アイコンをクリック。

「コイン積立」を選択します。

遷移先の画面を
下にスクロールしていくと、
「Zaifコイン積立を申し込む」と
書かれたボタンがありますので、
そこから手続きを進めることができます。

Zaifコイン積立は、
「なかなか貯金することができない」
「貯金を投資に回したい」と
考えている方には、
うってつけのサービスです。

 

ぜひ、
利用してみてください。

なお、
取り扱いのない銀行も
ありますので、
詳細はコイン積立の
ページをご覧ください。

まとめ

以上、

【Zaifアプリ】特徴・使い方・評判を、完全ガイド!

を、お届けしました。

Zaifのアプリは、正直なところ、
評判を見ればわかるように、
あまり使いやすいとは言えないですが、
機能はそれなりに充実しています。

Zaifをメインに、
仮想通貨の取引を行なっている人は、
インストール必須だと思います。

リアルタイム性の高い
仮想通貨取引にとって、
アプリの使いやすさは、
とても重要な要素であるため、
Zaifアプリの今後の改善に
期待したいところですね。

Zaifアプリを使う前に、
「そもそもZaif取引所のアカウントを
持っていないよ」という方は、
コチラから
登録することができます。

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-Zaif(ザイフ)

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.