VALU

【取引時間】VALUの、営業時間・取引時間と、その理由を調べてみた。今後の展望と余計なお世話を添えて

なぜ、24時間365日じゃないのよ…。
そんな疑問に答えるため、

VALUの取引時間・営業時間について
調べて考察してみましたのでまとめます。

 

VALUの営業時間・取引時間

VALUの営業時間は、

 

サービス営業時間を8時〜23時
サービス営業時間を9時〜18時(6/8更新)

 

6月5日の会員向けメールが情報ソース。

その後、

6月8日にさらに短縮となりました。

 


24時間開けてもらった方が、
夜中起きてる方いる分、
流動性(取引の回数)があがり
価格上昇が期待できるんですがねぇ…。

そんな思いをもってる方も多いでしょう。

 

軒並み、
ここ数日で著名人の株は下っており、
最初に投資をした私は負け組、、笑

 

逆に
価格が下った今は、
完全に買い時な気がいたします。
買い足すかな。。

なぜ、24時間365日ではないのか

開発・カスタマーサポートに、
運営の人員が足りていないためでしょう。

一気に話題になりましたので、
運営側もおそらくテンパっている。

VALUというサービスを公開しました

引用:Censorable_log

当事者も、
UX/UI(サービス画面の画面設計・使い勝手)は
至らないと言っています。

取引板の順番がおかしいなど、
つっこみどころはてんこ盛りなので、
毎日毎日が開発&改善でありましょう。

 

 

『価格:10 BTC』がなぜか、1.79と2の間に。
プログラムのソート(出力順)ミス・バグでしょう。

ホリエモン氏の板。

 

ちなみに
この前日はそもそも価格順にすら並んでいなかったw

運営さん、頑張っています。

サービス改善・開発の流れ

昼・夜限らず、
常時開発は続いていており、

公開しても問題ない!と判断した内容を、
営業時間外の夜中に、反映。
翌日朝の営業時間に、新機能&バグ調製のお目見えでしょう。

 

これが、
24時間365日開店状態だと
ユーザーに迷惑をかけない為に、慎重にならないといけないので、
開発効率が下がる。

 

ここも
営業時間を設けている理由でありましょう。

仮想通貨、国内最大手も以前はそうだった

VALUは日本円では取引できず、
ビットコインで投資するものなのはご存知かと思います。

ご存知ない方は下記記事をどうぞ。

あわせて読みたい
【完全版】VALUで投資する仮想通貨(ビットコイン)は、どこで手に入れるのか、準備・作り方を、初心者向けに徹底解説。VALU投資をしたいが、仮想通貨(ビットコイン)をお持ちでない方向けに、用意する手順をわかりやすく解説いたします。 仮想通...

 

で、

 

ビットコインを買える
国内取引所の最大手ビットフライヤー

ここも以前は、
営業時間がありました。(ビットコイン販売所のみ)

2017年2月9日の会員向けメール。

 

メガバンクが株主につくこんな会社ですら
24時間365日ではない時代があったので、
VALUがそうであってもなにもおかしくはないわけです。

まとめ

以上、

VALUの、営業時間・取引時間と、その理由を調べてみた。今後の展望と余計なお世話を添えて

をお届けしました。

 

営業時間しばりは、
今の雰囲気だと、2〜3か月続いても不思議ではありません。

取引したい方は、
なんとか昼間の営業時間内に。

 

VALUの運営チームには
開発を頑張って、
より使い勝手のよいサービスにして欲しいですね。

投資した分の損益が気になりますが、
気長に待ちましょう。

 

また、
VALUネタはその他も記事を買いてます。
お役立てください。

『VALU』カテゴリへ

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です