その他アルトコイン 仮想通貨

【購入方法】定番の人気コインFactom(FCT/ファクトム)の購入方法・購入手順を解説します。【国内でも買える!】

更新日:

ビットコインを追従する人気アルトコインのひとつ、Factom(ファクトム)の買い方を解説します。

Factom(ファクトム)は国内取引所でも購入が可能な、
日本でも人気のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)です。
通貨コードはFCT。

 

今回は
Factomの国内での購入方法はもちろん
海外の取引所でオトクに購入できる方法もご説明します!

 

海外取引所を利用するといっても、
そんなに難しいことではないので
しっかりと覚えておきましょう。

 

お手すきにサクっとどうぞ!

Factom(ファクトム)を、おさらいしてみましょう!

上位の取引高を維持する基本的におとなしいコインですが
ときどきパンチの効いた高騰も味わえるコインです。

 

他の人気アルトコインもそうですが
ビットコインに迫る人気を持ちながらも
たまに訪れる乱高下で
ドキドキできる楽しみも持ち合わせています。

 

国内の取引所で購入して眺めるのも良いのですが、

取引手数料の安い海外取引所であれば
他の通貨と併せたデイトレード(一日で買ってすべて売り切る取引方法)的な短期運用も視野に入れることができます。

 

そんな
基本安定ながらも暴れん坊のコイン。

 

Factom(ファクトム)

時価総額ランキングは、
執筆時点2017/06/08で、24位。

2017/09/13追記:
8月の中旬にかけてMoneroやLiskの高騰に追従するよう
価格を戻しつつあったのですが、価格は再び落ちてしまい、
2017/09/13の時点で時価総額は34位に順位を落としています。

あまり情報が出てこずに
やきもきとしていらっしゃるホルダーさんも多いかもしれませんね・・・

 

2017年5月中旬の全体暴落からいきなり飛びぬけたのがFactomです。

6月に入って大きく価格を上げました。

これはアメリカの国土交通省とビル&メリンダ・ゲイツ財団と共同で、
住宅ローンの市場にブロックチェーン技術を導入する計画を開始したことに由来する高騰だと言われております。

LISKのSDK配布予告もそうですが、
こういった実装(ローンチ)が現実味を帯びるようなニュースだと価格がしっかりと伸びますね。

キチンと開発してるんだ、という安心感と
いろいろな妄想による期待感で買われるのは納得のいくところです。

コインチェックでは
2日ほどで単価1400円から3800円あたりまで上昇していた記憶があります。

ビットコインではこうはいきません。

 

たまに訪れるパンチの効いた波は
アルトコインの醍醐味のひとつでもありますね!

中でもFactomは
生まれたときから
瞬発力がかなり高めだったコインです。

 

 

引用:CryptoCurrency Market Capitalizations

Factomは
どのような目的で生み出された通貨なのでしょうか。

ファクトムによって、ブロックチェーンが企業監査や、医療の記録、サプライチェーンのマネジメント、選挙システム、資産の登記、法的なアプリケーション、そして金融面でのシステムに利用出来るようになることで、どのようにしてビジネスや政府が変わっていくのでしょうか
引用:FactomJapan公式

おもに保険や医療、不動産といったビジネスシーンにおけるデータのマネジメントに
ブロックチェーンを活用するのがFactomの目的なんですね。

従来の人手による情報の監視をブロックチェーンに任せることで、
人的ミスや段階的な管理コストを押さえ、
ビジネスをスマートにかつ高速化させることがFactomの目的だそうです。

 

手短におさらいしたところで、
Factom(ファクトム)の購入方法を解説していきます。

Factom(ファクトム)の購入手順

Factomは
国内の取引所で購入する方法と
海外の取引所で購入する方法があります。

 

なぜ、
わざわざ海外で購入する方法も引き出したのかというと、

国内ではアルトコイン取引の手数料が高く
コインを買って
そのまま動けなくなるという状況に陥りやすいため、

売り買いを楽しむトレーダー気質な方には
海外取引所をオススメしたいのです。
(英語サイトでの操作なので難易度は少し高めです)

 

逆に、
一度買って長期保有かつ、カンタンに購入したければ、
コインチェック、おすすめです。

 

 

国内取引所でFactomを購入する方法

国内でFactomを取り扱う取引所は現在のところ
coincheck(コインチェック)のみです。

coincheckで口座を開設すれば
銀行入金やコンビニ払いで
Factomをカンタンに購入できちゃいます。

 

ただし
先に書いたとおり、

スプレッドというほぼ手数料がイーサリアム除くアルトコイン全般高めなので
頻繁に売り買いをすると
資産がどんどん減っていく点に注意(手数料貧乏とも呼ばれます)してください!

とにかくカンタンにFactomを手に入れることができるのが、国内取引所の利点です。

短期取引きには興味がなく、
長期保有で資産を増やしたい方は、
手数料の影響が減りますのでコインチェックでも良いかと思います。

海外取引所は送金トラブル時の対処がめんどくさいのですよ・・・

 

 

海外取引所

PoloniexやBitrrexに代表される海外取引所のいいところは、
なにより国内にはない手数料の安さと
取り扱い通貨が豊富なところです。

具体的にPoloniexでは70種類の通貨を、
Bittrexでは200種類近い通貨を取り扱います。

ICOを終えて上場したばかりの素質あるコインを発見し、
安値でばんばん買えちゃう魅力があります。

 

Factomを購入するには
以下の3ステップを踏む必要があります。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. ビットコインを、海外の取引所口座(Poloniexを使用)へ送金
  3. Poloniex取引所で販売しているFactomを購入

なぜわざわざ日本の取引所で通貨を購入して海外に送金するのか、
海外取引所で直接Factomを購入できないのか、
いくつか疑問に思った点があるかと思います。

 

海外の取引所では
アメリカドルや
取引所所在地の通貨しか使えないことが多く、
日本円で直接コインを購入することがほとんどできません。

 

 

そこで
国内取引所で
どの取引所でもおおよそ利用可能なビットコインを国内で入手し
海外取引所の口座にビットコイン送金する必要があるのです。

なにやら難しそうですが、
意外に慣れれば簡単なものですよ!

 

ひとつずつ
ゆっくりと確認していきましょう!

国内取引所で、ビットコインを購入する

国内の取引所で
海外取引所で利用するためのビットコイン(BTC)を日本円で購入します。

あくまで目的はFactomなので、
ビットコインはFactomを買うための日本円の代用通貨である、
と考えていただいても差し支えないかもしれません。

 

国内取引所で有名なところだと、
以下の取引所ですね。

  1. コインチェック(仮想通貨入門にオススメの人気取引所、人気のコインが多く(12種類)揃います)
  2. ビットフライヤー(業界の最大手で、ビットコイン取引所の走りですね)
  3. Zaif(コインを積み立てたりマイナス手数料を利用した取引を利用できる、クセのある取引所)
  4. Z.comコイン by GMO(FXでおなじみ、巨大グループGMOの取引所です)

オススメは、
コインチェックとビットフライヤーです。
国内では二大人気の取引所ですね。

おすすめの国内取引所

コインチェック

コインチェックは、
海外資本となるビットコインを購入するほか
アルトコインも豊富なので、
いろんなコインを
底値でちょこちょこ買い足して資産を眺める楽しみ方もオススメです。

 

短期運用で利用する場合、
度の過ぎた利確、損切りは手数料をふんだくられるので
手数料も踏まえた、かなり慎重な立ち回りが要求されます。

そういった立ち回りを想定されている方は
手数料の安い海外取引所を利用しましょう。

↑現在(2017年6月7日)のコインチェック取り扱い通貨です。
現在急成長のコインもどんどん追加されてくるかもしれません。

 

 

ビットフライヤー

ビットフライヤーは、
個人の直接取り引きでビットコインを購入できるので、
安くビットコイン手に入れやすいのが利点ですね。

ただし、今のところ取扱いコインは
ビットコインとイーサリアムの2種類のみです。

2017/9/13現在ではビットコイン、イーサリアムに加え、
イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)
なども取り扱います。

 

 

手間もそんなに掛からないので
両方ともアカウントを開設しておくのが良いかもしれません。

どちらかひとつであれば、
コインチェックでしょうか。

基本的にどの取引所も
口座の開設費用や維持費用は無料なところが大半なので、
私は上記4口座を全部作成済みです。
立ち回りやすい環境を作ることも大事です。

アカウント口座を作成したら、
日本円を入金してビットコインを買いましょう。

 

最低、いくらから買えるのか

Poloniexでは最低いくつのビットコインがあれば、
Factomを購入できるのか。

コインの単価なんてころころ変わるのだから
わざわざこんなことを書く必要もないかもしれませんが、

つまりはビットコイン建ての@単価が
そのコインの最低購入価格、ということになりそうです。

執筆時点の最低購入価格は下記でした。
『0.01058829 BTC』

単価は1BTC=300,000円換算で
約3,200円ですね。
※ビットコインの購入や送金手数料によって、Poloniexに着金した資産はある程度減少してますのでご注意ください

2017年9/13日では
『0.00515919 BTC』です(1BTC=450,000円)。

Factom自体の価格が高騰していた関係もありますが、
ビットコイン建てだと3ヶ月で半値で買えるようになっていました。
さすがのビットコイン、すごいですね。

 

5,000円や10,000円くらいから初めてみてはいかがでしょう。

日常生活では決して安くない金額なので
なかなか熱くなれます。

 

 

国内取引所で購入したビットコインを、海外取引所へ送金

おすすめの海外取引所

日本人の利用者も多い
海外の有名な取引所といえば

POLONIEX(ポロニエックス)でしょう。

取引所のチャットや2ちゃんねる、ツイッターでも
『POLO』『ポロ』の愛称でよく話題にでてきます。

アルトコインなら、やはりポロですね!

※今まではメールアドレスだけの匿名アカウントで一日2,000ドルまで出金が可能でしたが、
2017年8月より匿名アカウントの出金上限が約10,000円前後まで制限されることとなりました。

アカウントのランクアップには
携帯電話によるSMS認証(6?ケタのメッセージ飛んできてページに打ち込むアレ)が必要になりますのでご注意ください。

 

英語だったり、操作が独特だったりしますが
ちょこちょこ触ってると次第に慣れてくるので心配はご無用です。

ポロ関連の日本語サイトも豊富なので
困った時も
調べればすぐに出てきてくれます。

POLONIEXでアカウントを開設して、
日本の取引所から
ビットコインを送金します。
※入力を間違えるとお金が電子の海に消えるので、小額送金テストを必ず実行しましょう

ビットコインを無事POLONIEXで受け取れたら、
次のステップへ。

ビットコインはトランザクションの関係上、
送金に時間が若干かかります。
受取りにだいたい30分~1時間くらい見ておいてください。
(※遅いときは24時間以上かかることもあるようです)

 

 

慣れてきたらBittrex(ビットトレックス)もオススメです。

最近はPoloniexと形成が逆転しつつありますが、
どちらか一方しか取扱いしていない通貨も多いので、
海外コインに注目をされている方は両方登録しておくと良さそうです。

なお、こちらも2017年8月よりSMS認証が導入されました。

 

 

海外の取引所でFactomを購入する

ビットコイン送金が完了すれば、
あとはFactomを購入するだけです。

今回はPoloniexを利用してみたいと思います。

アカウント登録手順や操作方法はBittrexもほとんど変わらないので、
小額から操作に慣れていただいて、いつでも準備できるようにしておきたいところです。
(※ICOの参加にも応用ができたりしますよ!)

購入方法は、
POLONIEXの右上、全通貨の中からFactomをクリックします。

その後表示される画面で、左下の『BUY FCT(FCTはFactomの通貨コードです)』で価格と数量を指定します。
最初は翻訳をブラウザタブに出しておいても良いかもしれません。

 

まずは全額ビットコインを突っ込まずに、
半分ほど購入してみましょう。

というのも、
手持ちのお金をすべて使ってしまうと、
買い足しや底値買い、ナンピン(購入価格の平均をどんどん下げる戦法)など行いたくても
手持ちが無いことによって身動き出来なくなるためです。

 

仮想通貨を始めると
いくらでも安値で購入できるチャンスが訪れます。
そんなときに動けないのはなかなかツラいものです。

いつでも買い足せる余力(ビットコイン)を残すように意識しておきましょう。
(国内取引所では日本円で)

右肩上がりの世界では、
値下がりこそ貴重なチャンスでもあったりします。

 

ちなみに
ビットコインのままでも、
ビットコインは基本的に値上がりしているので
完全に機会損失というわけではないのでご安心ください(暴落のリスクはありますが)。

おヒマなときは
チャートもしっかり眺めましょう。
慣れてくると非常に役立ちます。

まとめ

ということで、

【購入方法】定番の人気コインFactom(ファクトム)の購入方法・購入手順を解説します。【国内でも買える!】

をお届けしました。

 

まとめで言うのもアレですが
Factomだけにこだわらず、

ポロやビットトレックスにはマイナーながら爆発力を秘めたコインがたくさん埋もれているので
チャートや情報をかき集めて、
ぜひダイヤの原石(?)を発掘してみてください。

 

また、
仮想通貨で稼ぐネタは、
他にも多くの記事を書いています。
あわせてお役立てください。

『仮想通貨』カテゴリへ

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-その他アルトコイン, 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.