その他の取引所

【みんなの評判/口コミ】YoBitの評判について調べてみました

ICOトークンや新興仮想通貨がメジャー取引所への上場を目指す登竜門として目指すYoBit。そのためか、圧倒的な種類のコインとともにあやしさい雰囲気で満ち溢れる不思議な取引所ですが、今回はそんなYoBitの日本人ユーザーの評判を調べてみました。

YoBitについておさらい

YoBitはロシアに拠点を構える仮想通貨取引所です。

 

 

ICOトークン、草コインの登竜門と呼ばれており、
実に多くの種類の仮想通貨を取り扱うのが特徴です。

 

一方でその存在はグレーゾーンと呼ばれており、
本人確認といったものは存在せず
フリーアカウントのままでも機能の制限や一日あたりの出金上限が設けられておりません。

逆を言えば、
取引所が介入を行わないかわりに自己責任の色が強くなる、ということで
小額で草コインを購入したり、ICOトークンの売却を行う取引所として活用される方が多いようです。

 

グレーな取引所とはいいましたが
仮想通貨取引所の中ではわりと大手と呼ばれている分類だったりします。

  • クリックするだけ(広告ではありません)でコインがもらえるFreeCoinsや
  • HighLowの二択勝負DICE(※勝率50%未満です、注意)
  • 仮想通貨のレンディングサービス

一方でこれら面白いサービスを行っているのも
YoBitの特徴のひとつですね。

 

YoBitの評判、口コミ

前向きな評判


COMSAのトークンCMSも上場されたりしています。

とはいえ、日本ではCMSの最大取引所であるZaifが存在するために
日本人ユーザーの買い付けが行われることは少なそうなのですが、
結果として海外ユーザーを取り込む可能性からZaifで期待上げを引き起こしましたね。

海外のCOMSAに対する情勢をうかがえる取引所として
COMSAユーザーはたまにチェックしてみるのも良いかもしれませんね!

 

前向き?な評判かは分かりませんが、
先日ハッキング被害に遭って破産した韓国の取引所YouBitと
ロシアの取引所YoBitは別物です。

私もYoBitで取り扱う草コインを所持していたので一瞬ドキッとしましたが
当のYoBitでは相変わらずすさまじい勢いでDICEが回されているようで安心しました。

 

取扱い通貨の種類なら郡を抜いているのがCryptopiaとYoBitです。

ALISもそうだったように、
ICOトークンが取引所上場を目指す第一関門として選ばれるのがCryptopiaやCoinExchange
そしてYoBitとも言われてますね。

YoBit側の通貨上場審査が甘いせいなのかもしれませんが、
そのかわりに24時間で取引がまったく成立しないほどの
超級草コインも取り扱っていたりするので注意が必要です。

 

かつての草コインマーケットの代名詞といえばPoloniexやBittrexが有名でしたが
本人確認書類の提出が必須となり、両社ともにフリーアカウントでの取引が不可能になりました。

利便性から好まれていた二社でしたが、
その替わりとして台頭を始めたのが
現在でもフリーアカウントで取引や入出金が可能な中国、ロシアの取引所です。

後ろ向きな評判

 

やはりYoBitの日本人利用者の多くはその仕様から
一線引いて取引を楽しんでいるようですね。
なかには大立ち回りをしているベテランもいらっしゃるのでしょうが、
基本的にICOトークンや草コイン専用取引所として
小額をやりくりするのが賢い利用方法だと、個人的に感じるところです。

まとめ

大量のコインを預けて取引するには少々リスクが高いということもあり、
基本的にはサブとして機能させるのが吉かと思われます。

 

一方で、
ICOトークンや草コインで立ち回っている方にとっては、
マーケットの存在は最重要項目。

YoBitの存在はCryptopiaやCoinExchangeとともに
ぜひ覚えておくべき取引所のひとつでしょう。

 

YoBitの登録方法や使い方などは、
下記記事で解説していますので、ご参考ください。

あわせて読みたい
新興仮想通貨の登竜門、YoBit取引所のアカウント開設方法を調べてきましたかつて手数料を安く、人気コインから草コインまで取り揃えるユートピアが存在しました。それらはのちの本人確認書類の提出&煩雑な手続き...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です