ソーシャルレンディング

【みんなの評判/口コミ】さくらソーシャルレンディングは、地方創生市場の波に、乗れるのか

地方にも
お金がおちるぞ
うれしいな

地味に地方創生の恩恵を受けている(後述
週末投資家、うわ吉です。

 

 

今回は、

特化型ソーシャルレンディングサービスのひとつ、

さくらソーシャルレンディング
(SAKURA SOCIAL LENDING)

 

『さくら』は
地方に花を咲かせます。。良いコピーです。

 

投資家の春は
一年中続くのか。

 

WEB上の評判をまとめるシリーズ、

『みんなの評判』として

詳しくみていきますよ!

基本スペックをおさらい

2016年12月16日にサービス開始。
比較的新しいレンディングサービスです。

成立ローンの総額は2億円ちょい。
最低投資金額は、1口2万円。
利回りは最近だと5〜7%が主流。

 

地方創生、
不動産担保を中心とした保全重視のスタンスが特徴です。

 

とくに
地方に根ざしたファンドは、
他のソーシャルレンディングにない趣向。

 

 

国の地方創生予算や
社会の注目は
高まる傾向にあります。

首都圏と地方の格差。
オリンピック以降どうなるかの懸念もあり
長く動きのある市場ではないかと
わたくし、うわ吉も考えています。

 

本業のWEB屋のお仕事で、
地方創生系をあつかう事が増えましたので。

 

ではでは、
そんな特徴的なSAKURAさん。

 

WEB界隈の評判はいかほどか。。

 

見てまいりましょう!

ツイッターでの評判

前向きな評判

代表、岩谷氏へのインタービュー記事です。

ポイントのみ抜粋しますと、

・銀行よりソーシャルレンディング側が求められてるのは、金利よりもスピード
・今後も、不動産担保か出口の見えるもののみを扱う予定
・不動産担保額の60%までしか融資しない
・ふるさと納税のように、地域に根ざした投資ができるうようにしたい
・最初は集客のために、10%代の金利もあるが、ゆくゆくは7%代に落ち着くと思う
・収益が出るまでに2〜3年はかかると思っている

全体的に、
太陽光、新規事業資金の貸付などもあるが、

基本的なスタンスとして、
『地方創生・地方の企業再生』のようなイメージのようです。

これだけでも、
他社レンディング会社との差別化になりますし、

社会貢献的・クラウドファンディング的側面をもつ
ソーシャルレンディングにはマッチする姿勢で、
大変好感がもてますね。

 

利回りの話は、
前述のインタビューにも出ました。

やはり各社、
最初は高利回りで顧客・注目集めに、
勤しむ傾向が高いようです。

 

つまり、
立ち上げ最初がリスクの割に
効率のよい案件が多いのかもしれません。

事故る可能性もありますが、
立ち上げ直後に潰れたというレンディング会社は
今のところ聞いたことはありません。

 

そして、
このロゴにも書いていますが、

『地方創生型ソーシャルレンディング』と
書いており、
明確なポジションの違いを打ち出しています。

 

今後、
ますます都市と地方の格差が広がるなか、
地方創生は
国を上げてとりくむ課題になるでしょう。

 

国費税金の投入や
ベンチャーの立ち上げなど、
活気のある市場になるだろうと、うわ吉は考えています。

 

はい、
マネオのプラットフォームですね。

調査を続けていると、
WEBサイトをみただけで、

『あ、これマネオファミリーだな…』

と判断がつくようになりました。

 

募集取扱やWEBシステム、
その他基本的運営ノウハウの部分で、
業界最大手maneoのサポートがあることは、
投資先としてプラス材料に。

 

サービスインは、
2016年12月16日。

ソーシャルレンディングサービス全体としては、
後発組みですが、

昨今立ち上げの多くのレンディング会社の傾向、
特化型の波にのるタイミングとなりました。

 

高評価でもなんでもないのですが、
わたくし、うわ吉は福岡ですので、
博多の会社ということに勝手に親近感。

 

でも、
細かく調べてはないのですが、
クラウドファンディングやソーシャルレンディング、
その関連情報サイトなどで、
福岡初のサイトを見ることが多くなったように感じます。

IT創業特区、金融に力を入れている
福岡市の政策の効果でもあるのかも知れません。

LINE、大手サーバー会社など、
ぞくぞくと福岡に進出してきていますからね。

 

少し話しがそれましたが
本題にもどしますよ

 

続きましては、

 

ネガティブなご意見

 

後向きな評判

はい、

ツイッターで調べた結果は、

0ゼロ件でした。

 

まだサービス開始して間もないので
無理もありません。

 

分配金も2,197万円、
完済案件は12件と、これからです。

 

まとめ

個人的に残念なのは、
金利が5〜7%ばかりだということ。

オープン記念配当は
11%などだったのでタイミングを逃してしまいました。。

 

とはいえ、
代表のインタビューを見る限りは、
担保不動産のきちんとした評価など、
リスクに対しての明確な意識が見えます。

 

保証・担保付き案件が多いので、
リスクを抑えたい方には、
投資先のひとつとして一考の余地がありましょう。

 

迷ったら、

地方創生

キーワードです。

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です