その他の取引所

【みんなの評判/口コミ】Binance(バイナンス)の評判、口コミについて調べてみました

ビットコインのハードフォーク通貨であるビットコインダイヤモンドの配布を行ったことで、一躍有名となったBinance(バイナンス)。そればかりでなく、独自トークンを使ったお得なサービスや人気のアルトコインを扱いながらもBittrexやPoloniexのような煩雑さの必要ない海外取引所として人気を集めつつあります。今回はそんな中国の仮想通貨取引所Binanceの評判を調べてみました。

Binanceについてざっくりとおさらい

Binance(バイナンス)は中国・上海に所在を置く仮想通貨取引所です。

 

2017年11月現在、BTC建てで90種類ほどの通貨を取り扱い、

コインチェックに並ぶ人気通貨はもちろん、
OmiseGO(OMG)やTierion(TNT)なども取り扱います。

 

現時点では
匿名のアカウントでも1日あたり2BTCまでの出金が可能なため、
本人確認が必須となったBittrexやPolonixのかわりに利用するライトユーザー層も増えてきたようです。

日本語にも対応しており(アプリは未対応)、
操作もシンプルで扱いやすいと評判ですね。

 

また、Binanceで公開(上場)されるコインはユーザーの投票によって決まるという
面白い仕組みを取り入れているのも特徴です。

またまた、通貨取引時の手数料をBinanceが発行を行うトークンで支払うことで
手数料が50%オフになるという面白い制度も取り入れています。

 

日本には無いサービスが目白押しのBinance、
そんな中国・上海取引所の評判を見てみましょう!

 

みんなの評判

前向きな評判

ビットコインのハードフォーク通貨であるビットコインダイヤモンドの配布を行った取引所として、
Binanceは日本にでも急速に名を広めることになりました。

現在、ビットコインの分裂ブームだと呼ばれていますが、
過去のハードフォーク通貨であるビットコインゴールドの(BTG)配布を行ったHitBTCと併せ、
ハードフォーク通貨の受け取り用にアカウントを準備しておくのも良いかもしれません。

 

Binanceって日本に来るんですか?の質問に、
公式より「楽しみにしててください」との回答が・・・

もし実現されてしまえば
BNBも併せた凶悪的な手数料の安さといい、
取扱い通貨の種類といい
日本のトップの仲間入りをするのは目に見えていますね・・・

とくにコインチェックは、現状のスプレッドをなんとかしないと
ユーザーが奪われること必至です。

  • 90種類近くのBTC建てペア通貨
  • ユーザー投票で公開コインが決定
  • 取引所トークンでスワップ手数料を払うと手数料が50%オフに

といった、ユーザーを楽しませる仕掛けが
日本の取引所とワケが違います。

 

嘘かまことか、
とにかく私個人的に、日本版Binanceの上陸に超期待しているところです。

 

アプリもちゃんと用意されています。

こちらはブラウザの取引所と違い日本語化はまだ行われていませんが
豊富な通貨を眺めながらの使い勝手も上々とのことです。

一部動かない、という声も見かけるので、
動作条件はキチンと確認されてくださいね!

 

後ろ向きな評判

 

やはり懸念となるのが中国の取引所だという点でしょうか・・・

本国政府の鶴の一声で大幅な仕様変更が行われる可能性もあるため、
動向は常にチェックしておく必要がありそうです。

お上の指示による中国国内取引所からの
仮想通貨出金停止命令なんて発令されたら笑えませんw

 

まとめ

ビットコインハードフォーク通貨の配布のみならず、
日本語にも対応して扱いやすく
ユーザーを楽しませる仕掛けも豊富なBinance。

 

中国政府の指導がリスキーに感じる点もあるかもしれませんが
Binanceを皮切りに、これから中国の取引所のサービスも注目される時代がやってくるかもしれませんね。

あわせて読みたい
【登録ガイド】Binance(バイナンス)のアカウント登録、口座開設方法を調べてきました。ハードフォーク分裂コインの救世主となるかビットコインのハードフォーク通貨であるビットコインダイヤモンド(BCD)の配布を行い、意外な高値を記録したことで注目されるようになった取...
お金エンターテイメント
コラム・新着記事をLINEでお届けします

仮想通貨やフィンテック案件の、独自企画や調査・実験報告などが中心のコラム・新着記事を、LINEにお届けしています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です