VALU 仮想通貨

【VALUの売り方】少しでも高く、賢く売却したい方へ。正しく売る方法を解説

更新日:

VALU投資で買った株を、売る方法・手順を解説します。

賢く、高く売るための前提

前提として、
投機目的ではないことに同意しなければいけません。
その運営方針もあってか、売買手数料はかなり高め。(後述)

 

 

とはいえ、
投資家としては資産を増やしてなんぼ。
現金化したり、別の投資へ切り替えるなど、売却を検討する局面はありますよね。

 

そんな時に、
上手に売り抜けられるよう、
売る手順とコツをおさえておきましょう。

 

手順ですが、

  1. 保有一覧から、売る株を決める
  2. 取引板で、売却金額を決める
  3. 売り注文を申し込む
  4. 書い手が付けば売却決定

ひとつずつ見ていきましょう。

1.保有一覧から、売る株を決める

VALUを売る時には、

  • 以前、自分がいくらで買ったか
  • 今回売ることで損益はどうなるのか

気になりますよね。

 

サービス開始間もないVALUは、
そういった情報がちょっと見にくい。

 

メニューの『取引履歴』で、
購入時の価格を確認できます。

下記のように表示されます。
(銘柄情報も表示されますが、カット)

1つのVALU(1VA)を、
0.86 BTCで購入した履歴。

 

この金額を意識しながら、
後ほど、売却金額を決めましょう。

2.取引板で、売却金額を決める

売却金額を決めていきましょう。

決めるポイント、判断基準は2点。

  • 取引板の状況
  • 自分が買った時の金額

 

株取引や仮想通貨取引に慣れている方は、
同じような見方なのでカンタンだと思います。

慣れていない方向けのざっくり解説です。

緑色の文字は『この金額で売りたい!』人の注文リスト。
赤は『この金額で買いたい!』人の注文リストです。

 

今すぐに売りたい場合は、

『0.5 BTC で 1VA』で買い注文待ちの人がいます。

ですので、
自分の保有するVALUを、1VAだけ 0.5 BTCで売ることができます。

 

逆に、
少しでも高く売りたいからと、
『0.6 BTC』で売ろうと考えたとします。

その場合は、
『0.6 BTC』で買いたい人は現在以内ので、
すぐに売買が成立せず、この板のリストのように待機状態になります。

 

取引板に、
『0.6 BTCで買いませんか?』という注文を出すので、
緑の『0.76 BTC』bの下に、0.6 BTCが追加されるワケです。

 

高く売ろうと思えばすぐに売れず、
安く売ろうと思えばすぐに売れる。

このバランスと、
VALU自体の今後の価格変動を予測しながら、
売却の意思決定・金額決定を行ないます。

手数料に注意

VALUは売買手数料がかなり高い方です。

買う時に1%。
売る時にも1%なので、
合計2%相当かかることになります。

10万円相当のVALUであれば、1000円。

 

これは、
他の仮想通貨取引きなどと比べると
かなり高い方で、資産が目減りしやすいリスクがあります。

頻繁な売買は損をするだけなので、
長期保有か、事情がある場合の売却のみに
とどめて置いた方が良いかもしれません。

 

VALUの手数料に関しては、
下記記事でも詳しくお伝えしています。

【手数料まとめ】VALUの、手数料を調べてまとめました。

3.売り注文を申し込む

金額を決めたら、
売り注文を申し込みましょう。

保有中の銘柄から、
『VALUを売買する』をタップ。

すると取引板が出てきますが、
そのさらに最下部へ。

注文フォームが登場します。

最初は『購入』が選択されているので、
『売却』をタップして切りかえる。

その後、
先ほど決めた金額(BTC/ビットコイン)と、
売却するVALU数量を入力。

売却するをタップします。

 

この後、
確認画面を見たのち決定すると、
申し込みが完了。

ちなみに、
間違えた場合は、
売買が成立する前であれば、キャンセルできます。

メニューの『取引履歴』から『取消』をタップするだけでOK.

4.書い手が付けば売却決定

 

申し込み内容で、
書い手がつけば売買が成立。

ビットコインとなってもどってくるので、
別の銘柄へ投資するなり、
VALUから出金するなり検討しましょう。

 

なお、
VALUはまだまだ投資家が少なく、
流動性(取引の頻度)が低い。
売買が成立しづらい特徴があります。

早く売りたい特別な事情がある場合は、
多少安くても、書い手の存在する価格でさばいた方が良い場合もあるでしょう。

注意点

必要なVAを持っていないので売却できません。

持ってるはずなのに何故うれないの!
バグ・不具合じゃないか!

落ち着いてください。

 

これは仮想通貨の取引所でも同じなのですが、

『売り注文』を出しているVALUは、
再度売り注文を出せない。

というルール・システム仕様があります。

 

 

例えば、

  1. ホリエモン氏のVALUを『1 VALU、0.7 BTC』で売り注文を出した。
  2. 買い手がつかず、上記注文が待機状態になっている
  3. 忘れたころに、ホリエモン氏VALUを売ろう!と思う
  4. 売り注文をかけるもエラーがでる。

という当たり前の流れ。

ですので、『1』の売り注文をキャンセルしないといけません。

キャンセルしても、売り注文が出せない場合は、VALUの運営に問合せた方が良いかもしれません。
まだ新しいサービス・システムなので不具合の可能性も否定できません。

 

売り注文のキャンセル方法は次に解説。

売り注文のキャンセル方法

  1. VALUへログイン
  2. メニューの『取引履歴』
  3. キャンセルしたい売り注文を『取消』

以上の手順で、
売りのキャンセルができます。

 

まとめ

以上、

【VALUの売り方】少しでも高く、賢く売却したい方へ

をお届けしました。

 

思ったより流動性が低いため、
応援するなどの気持ちがなく、
ただ稼ぎたいだけの投資家さんにとっては
売却・撤退という判断もあるかと思います。

どうしても、
ビットコインや
その他の仮想通貨の方が勢いがありますからね。

 

また、
VALUネタは他にも記事を書いています。
あわせてご活用ください。

『VALU』カテゴリへ

 

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-VALU, 仮想通貨

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.