Bitcoin(ビットコイン/BTC)

【買い方】ビットコインのcoincheck(コインチェック)での買い方・購入方法

はじめに

2017年5月
coincheckコインチェック)はビットコイン取引高でbitFlyerを抜いて日本一となり、
国内最大の取引所としての地位を確立しました。

コイン売買の手数料が高いと言われてきたcoincheckでしたが、
7/1から仮想通貨が非課税となり
コインをよりお求め安い環境になると同時に

coincheckにとっての追い風になるのではないかと思います(どの取引所も条件は一緒ですが)。

 

 

今回は
coincheckでのビットコインの買い方
解説させていただきたいと思います。

 

 

 

 

coincheckならではの強みとは?

ビットコインを取り扱う取引所は
bitFlyerをはじめ国内に多く存在しますが、

coincheckならではの強みとは何なのでしょうか?

 

 

 

 

日本一の取引高

一時的にお金を預ける取引所では
その取引高が重要なポイントになります。

 

 

売り買いが活発な市場ではスプレッド(変動する手数料)が小さくなるため
さらにコインを売り買いしやすい環境になるほか、

利用ユーザーが多ければ
取引所自体の機能も使いやすく強化される傾向が高くなります。

 

 

coincheckでは

5月に入ってアルトコインの送金銘柄を増やしたり
ユーザー貸付サービスや
盗難補償といったサービスを始めるなど、

精力的にアップデートをはじめたフシがあります。

 

 

 

 

使いやすいブラウザ画面&スマホアプリ

昔からcoincheck
その使いやすさに定評がありました

 

 

初心者におすすめするならcoincheckというのは定番で、
(手数料の高さも踏まえた)売買の基本を学べる取引所でしょう。

 

 

そのほか最大5倍レバレッジの信用取引や現物取引、
各コインの送金サービス、
チャートの使いやすさなど

直感的に分かりやすく作られていると感じることができます。

 

 

 

 

人気コインを豊富に取扱う

coincheckでは

取引所が海外から有名アルトコインを買い付けて販売するため
LISKやRipple(XRP)といった

ビットコイン以外の人気コインアルトコインと呼びます)を
すぐに買うことができるのが魅力です(そのかわり手数料は高め)。

 

 

むろん怪しいコインなどはなく、
きちんと開発意図の持った、

一定以上の時価総額(取引量の多さ)を持つ人気コインを厳選しているので
突然コインが廃止されるようなリスクも
ほぼ無いものと思って良いでしょう。

 

 

 

 

coincheckでビットコインを買ってみましょう!

それでは早速コインチェック
ビットコインを購入してみましょう。

 

ただし口座を開設するには本人確認が必要なため、
口座開設までには
およそ1週間ほどの時間がかかります

 

思い立ったら登録申請しておきましょう!

 

 

 

 

まずはアカウント登録

兎にも角にも
まずはコインチェックのアカウントを作成します。
新規登録から
メールアドレスと任意のパスワードを入力して、送信。

 

 

登録メールアドレス宛に確認のメールが届くので(こない場合は迷惑メールフォルダやフィルターを確認してみてください)
記載されたURLリンクをクリックすれば、
アカウントの作成が完了します。

 

 

あっという間ですね!

 

 

しかし
仮想通貨取引用の口座が無いため、取引を始めることができません

コインチェック口座を作成する必要があります。

 

 

なお、
アカウントログインすると
コインチェックのチャートが閲覧可能になります。
(ほかの取引所は無条件で見れるところが多いのですが・・・)

 

 

 

 

コインチェック口座開設の申請をします

仮想通貨を通じたマネーロンダリングや不正を防止するために
2017年の3月より改正資金決済法(仮想通貨法)が施行されました。

 

これによって、
コインチェックにおいても
仮想通貨口座を作成するにあたって本人確認が必須となりました。

 

具体的な方法は、

1、免許証などの身分証画像を専用ページからアップロード(提出)
2、ユーザーの入力情報と提示書類が一致(承認)すれば、登録住所へ郵便書留を発送
3、郵便書留に受け取りのサインをして本人確認が終了!

という流れになります。

 

 

本人確認書類の提出から承認までに1~2営業日
書留の到着までに3~4営業日の時間がかかります。

およそ1週間くらいですね。
(※離島の場合はさらに長くなりそうです)

 

チャートを見ながらじっとしててももどかしいので、
さきに二段階認証の設定を終わらせてしまいましょう!

 

 

 

 

待っている間に二段階認証の設定をしましょう

コインチェックでは
ログインパスワードを入力したあとに、
スマホで生成される二段階認証を設定することができます。

これは二段階認証システムと呼ばれる
強固なセキュリティーで、
コインチェックでは任意の設定になっていますが、
必ず設定するようにしてください

 

一段階に比べ
資産を盗まれる可能性が
ぐっと減ります(ゼロではありませんが)。

 

↓コチラに詳しい設定方法を記載しておりますので、さくっと設定してしまいましょう!

あわせて読みたい
【セキュリティ対策】コインチェック(coincheck)で、サクッと二段階認証を設定する方法※2018年1月追記:コインチェックで起きたNEMの不正出金事件から、アルトコインの売買が出来ない状態です。コインチェックのご利用は、取...

 

なお、
本人確認の承認が得られた時点で一部の取引機能が利用可能になります。
具体的にはクレジットカードによるビットコインの直接購入ですね。

 

書留到着までに
ビットコインをクレジットカードで買って、
売却して得た日本円でアルトコインを購入する荒業もありますが、

よっぽどコイン価格が下落状態でない限りは
手数料によって資産が大幅マイナススタートになるのでガマンしたほうが良いです・・・

 

 

書留にサインをして受け取れば
口座開設は完了!

ここでようやく
取引所のすべての機能を利用することができます

 

 

ここでもしかし、
生まれたての口座はすっからかんなので
日本円を入金する必要があります。

 

 

 

 

出来上がった口座に入金してビットコインを購入!

出来上がったコインチェック口座へ日本円を入金する方法は

銀行振込

コンビニ入金

の二種類があります。

銀行振込は着金までに数日の時間がかかるので、
お近くにローソンかファミリーマートがあれば
ここでは1時間ほどで着金するコンビニ入金をオススメします。

 

コンビニ入金でのコインチェック手数料は
50万円未満の入金であれば1000円で済みます。

 

口座に日本円が入金されましたら
あとはビットコインを購入するだけ!

 

なのですが・・・

 

 

 

 

ビットコインは今、危いかも?!

現執筆時点より1ヶ月後(2017/8/1)に
ビットコインはハードフォーク(大型アップデート)が予定されている状態にあり
市場では買い控えが進んでいる状態です。

 

しょっぱなから痛手を負ってしまっては
モチベを維持するのが大変なので、

8/1まで日本円でひとまず様子を見るのが得策かと助言させていただきます

 

 

 

それでは
これからもっとアツくなる
ビットコインライフをお楽しみください!

– 無料メルマガ –
絶賛配信中!

仮想通貨やロボアドバイザー、ソーシャルレンディングに加え、評価経済や副業&財テクなど、複雑化する現代の『お金』。そんな人生100年時代の生き残りのヒントになるよう、編集部コラムやブログ&Youtube動画新着など無料で配信中!


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です