Zaif(ザイフ)

Zaifは、外国籍でも口座開設ができるか調べてみた

投稿日:

日本に住んでいる外国籍の方は、口座開設をすることが可能なのでしょうか。今回はジャパニーズエクスチェンジを外国籍の方に楽しんでもらえるのか、Zaif取引所で外国籍の方が登録できるのか、調べてみました。

外国籍の仮想通貨ファンもZaifを利用できる?

 

日本の大手取引所であるZaifは、
仮想通貨の積立サービスや他の取引所では売買できない、
トークンなどを扱っているところで取引所で有名です。

もちろん、特別な事情が無い限りは
日本国籍の方はすぐに口座登録をすることができます。

 

 

以下の図は、Zaif登録に必要な身分証明書の一覧です。

ざざっと見てみましょう。

引用:zaif

Zaifで外国人籍の方が口座開設をするには、
在留カードを所持していれば口座開設が可能なことがわかります。

 

しかし外国人籍でもZaifに登録をすることができないケースもあります。

それは
外国PEPsにあてはまる人たちのことをいいます。

 

外国PEPsとは

2017年4月に改訂された改正資金決済法よって
『犯罪による収益の移転防止に関する法律』施行されました。

さらに10月1日にされた改正犯罪収益移転防止法15条にあてはまる人たちのことを
外国PEPsといわれています。

以下外国PEPsにあてはまる職業の人たちです。

  • 国家元首
  • 日本における内閣総理大臣その他の国務大臣及び副大臣に相当する職
  • 日本における最高裁判所の裁判官に相当する職
  • 日本における特命全権大使、特命全権公使、特派大使、政府代表又は
    全権委員に相当する職
  • 日本における統合幕僚長、統合幕僚副長、陸上幕僚長、陸上幕僚副長、会場幕僚長、
    会場幕僚副長、航空幕僚長又は航空幕僚副長に相当する職
  • 中央銀行の役員
  • 予算について国家の議決を経、又は承認を受けなければならない法人の役員

さらに該当する親族についてです。

  • 過去外国PEPsだった方
  • 以上の職に該当する親族(日本人であるか否かは問いません)
  • 上記の職業又は2.に該当する方が実質支配者となっている法人

*本人の祖父母や孫は該当しません。
*本人の元配偶者や配偶者の元配偶者も該当しません。

 

以下の図は
該当する親族について図でまとめたものです。

引用:zaif

外国PEPsについてまとめると、

本人が国家や軍隊を動かす力のある職に就いていること、
もしくは就いていた経験があること、
一親等以内がそのような職に就いていた人物がいたことがある場合、

改正犯罪収益移転防止法15条によって、
Zaifでの登録はできないことになっています。

 

一親等以内というのは、自分の親、自分の子供の配偶者、配偶者の親と子供の事をいいます。

Zaifで外国人籍の登録の仕方

1. Zaifのホームページに飛んでもらい、「無料登録はコチラ」というところをクリックします。

2.クリックすると、メールアドレスを入力する空欄が出てくるので、自身のメールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」というところにチェックをいれて登録をクリックします。

3.すぐに確認メールが送られてくるので、URLをクリック。

4.パスワードを入力し同意して登録をクリックするとアカウント作成終了です。

 

本人確認方法

1.Zaifホームページの右上に書いてある、「ログイン」という部分をクリックします。そして先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力後、
「私はロボットではありません」という左の空欄をチェックし、下のログインをクリックします。

2.ログインをすると、「本人確認が完了していません。本人確認を行うと、入出金限度額が解除され、取引ボーナスや利殖ボーナスの対象となります」
という部分をクリックします

3.クリックすると名前や生年月日、国名等を入力します。そして一番下に「外国PEPsに該当しますか?」というところがあるので、
外国PEPsに該当しないのならば、「いいえ」のところにチェックして「次へ」をクリックします。

4.出金先となる銀行を登録します。

5.次に登録者が確かに登録できているか、という確認作業に入ります。
空欄に現在使用している携帯電話番号を入力します、「次に」をクリックするとショートメールで認証コードが送られてきますので、6桁の認証コードを入力します。

6.最後に最も重要な本人確認書類のアップデートをします。

引用:zaif

 

上に書いてあるように外国籍の場合、
「在籍カード」を写真で撮り、アップロードをした後、
「本人確認の郵送の依頼を申請」をクリックして終了です。

 

その後、Zaifから葉書が送られてくるので受け取って、
書いてあるコードを入力すると晴れて本人確認が終了です。

 

この本人確認が終了することで、ビットコインなどの購入や送金ができるようになります。

 

まとめ

本人確認が終了して、
まずやらないといけないのは2段階認証です。

2段階認証をしてしないと、
せっかく買った仮想通貨もハッキング等などで無くなってしまう可能性が非常に高いので、
必ず設定を行うように心がけましょう!

 

zaif取引所の登録はこちらから。

ブログ更新通知を受け取る

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考にはなると思います。


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(自動積立が◯)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい!最安&国内大手でNEMを買うならココ。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

コインチェック(取引高日本一の取引所)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerを抜いて取引高日本一になった大手取引所。ビットコインやイーサリアム、NEMなど有名通貨はもちろん、国内大手ではここだけの、Lisk・Monero・Zcash・DASHなど、全13種の厳選通貨を売買できます。(口座開設&維持は無料)

bitFlyer(国内3大取引所のひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

-Zaif(ザイフ)

Copyright© Maneora , 2017 All Rights Reserved.