※コインチェック取引所は『2018/1/26の不正出金』事案中のため、過去記事を読まれる際はご注意ください。
被害金額は全額弁済されるようですが行政処分の可能性が残るため、同じくNEMを扱う人気取引所『Zaif』がオススメ(解説記事へ)

その他アルトコイン

【買い方】NEO(ネオ/通貨単位NEO)の買い方、購入手順を解説します

更新日:

現在話題になっている仮想通貨ですが、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインも注目されているのです。その中でも、特にNEO(ネオ)という仮想通貨が注目を浴びています。ただし、NEOは取引所が限られているので、今回はNEOを購入する手順を解説していきます。

 

NEOとは?

NEOとは、中国発の仮想通貨になります。NEOという呼び方の前は、「AntShare(アントシェア/通貨単位ANS)」という呼び方でした。

NEOが誕生したのでは2015年で、取引所の公開日は2016年10月26日です。つまり、NEOはアルトコインの中でも新しい通貨と言えるでしょう。

そんなNEOの特徴は以下の通りです。

  • パブリックブロックチェーンが採用されている
  • アプリケーションのプラットフォームである

パブリックブロックチェーンとは、ビットコインのような仕組みと思ってください。つまり、不特定多数のマイナーなどと迅速に認証作業が行われる仕組みです。

また、NEOはイーサリアムなどと同じく、アプリケーションのプラットフォームなのでNEOを基盤としてゲームなどのアプリを作れるということです。

そのような仕組みのNEOは非常に注目を集めており、事実NEOの価格は上がって※1きています。

  • 2016年11月:0.12アメリカドル
  • 2017年5月:0.5アメリカドル
  • 2017年8月:47アメリカドル
  • 2017年12月:79アメリカドル
  • 2018年1月:153アメリカドル

また、coinmarketcapというサイトで調べると、「発行枚数×通貨価格」で表せる時価総額も約90億ドル(約9,900億円)と、仮想通貨の中でも8番目の位置につけています。誕生から間もない通貨にも関わらず、上述した仕組みなどが評価されているようです。

 

NEOが買える取引所

そんな注文されているNEOを買える取引所は、BINANCE(バイナンス)という取引所になります。バイナンスとは、中国にある仮想通貨取引所のことで、数多くの仮想通貨を取り扱っています。日本国内の仮想通貨取引所は、取り扱っているアルトコインが少ないですがバイナンスは非常に多いです。

バイナンスは2017年7月に設立したので、誕生からまだ間もないです。しかし、取り扱い通貨が多い点以外も手数料が低い点で注目されているのです。

元々手数料が低いのに、さらにバイナンスが発行している通貨(BNB)を取得することで、さらに手数料が安くなります。そして、上述したような取り扱いコインの豊富さなどから、非常に多くのユーザーがいる取引所です

 

NEOの買い方・購入手順

さて、そんなバイナンスでNEOを購入する方法は、以下の流れになります。

  1. 国内取引所に口座開設
  2. 国内取引所でビットコインを購入
  3. バイナンスにアカウント登録
  4. ビットコインをバイナンスへ移す
  5. ビットコインにてNEOを取得

バイナンスは日本円では取引できないので、ビットコインなどの仮想通貨を取得します。その後に、その仮想通貨をバイナンスの口座に移すという流れです。

たとえばビットコインは国内取引所で取得できるので、ビットフライヤー、コインチェック、ザイフあたりの大手仮想通貨取引所に口座開設をしましょう。今回はビットフライヤーを例に解説します。

また、バイナンスは日本語対応していますが、メンテナンスなどが入ると日本語表記にならないこともあります。そのため、今回は英語の画面にて解説しますが、日本語表記になっても基本的な操作は変わりません。

 

国内取引所に口座開設

まずは、ビットフライヤーのホームページへいき、メールアドレスを入力して「アカウント作成」ボタンを押します。

 

 

そうすると、メールアドレス宛にキーワードが送られてくるので、こちらの画面にキーワードを入力します。

 

次に、以下の項目にチェックを入れます。

 

その後、氏名や住所などの情報の入力、証明書の送信などをすれば口座開設は完了です。口座を開設したら、ネットバンキングなどから日本円を入金します。

ここでの注意点は、「クイック入金したお金」になります。クイック入金はすぐに日本円を入金できますが、セキュリティ上の観点から、そのお金で取得した仮想通貨は、7日間動かすことはできません。

そのため、すぐにバイナンスへ移したい場合は、クイック入金以外の方法で入金しましょう。

 

国内取引所でビットコインを購入

つづいて、入金した日本円でビットコインを入金しましょう。

まずは、ビットコイン取引所をクリックします。

 

そうすると、以下のような板情報が出ますので、いくらでどのくらい購入するか検討します。以下の板情報でいうと、1ビットコイン1,366,000円なら0.013ビットコインをすぐに取得できます。

 

購入する価格と枚数が決まったら、以下の箇所に入力して「コインを買う」をクリックすれば、ビットコインが取得できます。

 

バイナンスにアカウント登録

さて、次にBinance(バイナンス)にアカウント登録をします。バイナンスへのアカウント登録には本人確認は不要なので、非常に早いです。

以下の画面に、メールやパスワードを入力すれば完了です。

 

ただし、不正にログインされないように、以下の画面にて二段階認証をしておきましょう。この画面は、バイナンスにログインすると、トップ画面のすぐ下に表示されます。

 

ビットコインをバイナンスへ移す

次に、ビットフライヤーで取得したビットコインをバイナンス口座へ移します。まず、バイナンス「Funds」の「Balances」をクリックしましょう。すぐに入金するアドレスを知りたい方は、「Desposits」を押しても良いです。

そうすると、以下の通貨画面が出てくるので、BTC(ビットコイン)を探し、「Desposit」をクリックしましょう。

次に以下の画面になるので、黒塗りの箇所にある「アドレス」をコピーします。このアドレスが、バイナンスへ入金するときに必要なアドレスになるのです。アドレスは、銀行でいう口座番号のようなものです。

 

 

 

 

 

つづいて、ビットフライヤーに戻ります。ビットフライヤーの「入出金」をクリックして、「BTCご送付」をクリックします。

 

ビットコインにてNEOを取得

つづいて、入金したビットコインでNEOを購入する方法です。入金したビットコインは、バイナンス口座へ反映されるまで少々時間がかかる場合があります。

バイナンスにビットコインの入金が反映されたのを確認したら、TOP画面に検索窓があるので、検索窓に「NEO」と入力します。そうすると、以下のようにNEOのコインが表示されます。

 

 

 

後は、ビットフライヤーでビットコインを購入したときと同じ要領です。「Buy NEO」の画面にて、「Price=
価格」「Amount=数量」を入力して、クリックすれば購入は完了となります。

 

 

まとめ

このように、NEOは基本的にバイナンスで取得するという流れです。ビットコインを購入してバイナンスに移して・・・と一見難しそうですが、実際にやってみたら非常に簡単だということが分かると思います。この流れが分かれば、大抵の通貨の購入は可能なので、一度やってみると良いでしょう。

 

 

NEOの購入は取引量が多くて手数料の安い
Binance(バイナンス)からどうぞ!

 

ブログ更新通知を受け取る(無料)

↓仮想通貨-ビットコイン投資で稼ぐ人のメールマガジン(無料版)↓

メルマガ@マネオラ

『ブログ更新通知』と、ほぼ毎日『仮想通貨投資コラム』を配信中。まだ億れてはいませんが、参考になるかもならないかも


 

↑送信後に確認メールが飛びますので、認証URLをクリックして登録完了です。

マネオラ編集の注目案件

 当ブログの運営者が注目している、仮想通貨・フィンテック投資案件をピックアップ

Zaif(NEM/MONA/COMSA等、人気銘柄+自動積立◎)

素人の売買はプロの養分。そんな心配を無くしてくれる、仮想通貨の自動買い付け・定期積立がすばらしい国内3大取引所のひとつ。日本円で最安&国内大手でNEM(XEM)・COMSA(CMS)を買うなら筆頭候補。運営会社のテックビューロは、日本でもっとも資金を調達したICO、COMSAの運営元でもある。

DMM Bitcoin

ローラのCMでおなじみのDMM参加の取引所。Bitcoinやイーサリアムのみならず、あのNEMやリップル、ライトコインなどアルトコインの、レバレッジ取引(5倍)に対応!大手資本で安心か

Bankera-バンクエラ(海外ICO/トークンセール)

【トークンセール開催中】既に配当報酬が配布されるなど、きちんと動いている感のあるICOの『Bankra-バンクエラ』。次世代銀行の出資者になって、配当イーサリアムをゲット。ICOブームは終わったと言われる中、堅調に参加者・資金を集めています。

Changelly(仮想通貨の一括両替サービス)

ビットコイン→イーサリアム、リップル→NEO、DASH→BATなど、マニアックなアルトコインも対応の一括両替サービス。コインチェックよりも格安&簡単に通貨種を変えれます。

bitFlyer(国内3大取引所、取引高No1)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安&国内大手でビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ買うなら筆頭候補。業界初TVCMを放映した日本を代表する取引所。(口座開設&維持は無料)

モッピー(ビットコイン無料入手ポイントサイト)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東証一部上場企業が運営する、ビットコインを無料で入手できるポイントサイト。コインチェック&bitFlyerと日本の二大取引所で、ビットコインをゲット。

maneo(大手ソーシャルレンディング)

仮想通貨に疲れたら、放置で楽ちん年利5〜8%を狙う、ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー。うちのブログに名前が似てますが、maneoさんは実績9年の大先輩。わたしも35万円ほど運用中。2〜3万円と少額からトライできます。

定番ハードウェアウォレット Ledger Nano S

取引所に預けるよりも安全に仮想通貨資産を管理。ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ERC20系トークンまでカバーする定番ハードウェアウォレット。詐欺業者も多いため、購入の際は、メーカー直販か正規代理店を利用しましょう。

-その他アルトコイン

Copyright© Maneora , 2018 All Rights Reserved.